123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-06-30 (Mon)
韓ちゃんが帰ってくるときじゃなく、一人のときの夜ごはん。
夜ご飯・・・と言いながら、ご飯はない。

主食であり、おかず・・・・・のみ^^

先月、お金が足りなくて友達の愛情に支えられて何とか乗り切ったので、猛反省。

昨日も今日も、これでしのぎました。

シーチキンサラダ

光り輝いておりますのは、【シーチキンサラダ】でございます^^

紫たまねぎ・きゅうり・ミョウガ・人参。そしてシーチキン。マヨネーズかけ。
お皿の大きさは直径約20㎝。
山盛りサラダです。

これをできるだけゆっくりカミカミしながらいただきます。
お腹が、ドカンと膨れます^^


次に韓ちゃんが帰ってくるのがいつか不明なので、当分、こんな食生活になりそうです。
大体、朝はパン。昼は仕事先で。うどんが多いかな~?安いから・・・^^

韓ちゃんが今度来るときには気持ちのお金いくら持ってきてくれるでしょうか・・・。
ここ2ヶ月1万円でした。
赤字です。
スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(4) |
2008-06-29 (Sun)
白状・・・韓ちゃんではありません。
私がしました。

韓ちゃんの寮を偵察に行ったこと、ちゃんと話しました。
韓ちゃんのウソを責めて、私がウソをついているのはあかんやろ!ってことで、正直に話しました。

昨日、韓ちゃんからの携帯着信履歴はナント23回。その内、非通知は2回。
メールが2通。

電話ちょうだい


俺の電話番号拒否したの?
電話できないね


韓ちゃんの携帯番号、着信拒否設定にしたままでした^^

でも、それは言ってません。
韓ちゃんも電話したときそれについては直接聞いて来なかったので、何も言訳してません^^

「何してたの?」と聞いたから、「寝てたわ」と。
仕事が忙しかったので、前日の寝不足もあり、TVを観ているうちついウトウトしていました。
その間に珍しく韓ちゃんから電話が23回も!!!

話をしていて、流れで、私が寮を覗きに行った話をしました。
「もうしないでね」韓ちゃんは多分怒っただろうけど、優しくそう言ってくれました。

こういうときは、大人だなって思う。
すごく子供の韓ちゃんと大人の韓ちゃん。
私はどっちも好きなんだな~^^
このギャップが魅力なのかもしれない^^
| 日常生活 | COM(2) |
2008-06-29 (Sun)
さてさて、家について早速ご飯の用意。
買い物には行ってない。
冷凍庫の掃除でもするか~^^

「餃子」と「マーボウなす」を作った。あと、コーンスープ卵入り。

いい感じで焼きあがっておいしそうな餃子。韓ちゃんは、マーボーなすには見向きもせず、コーンスープにも口をつけず、ひたすら餃子とご飯を食べた。そして、あっという間にごちそうさまをして、タバコに火をつけた。
あれ?さっき車の中で暴れたときにもうタバコは吸わん!といった先から吸っている。私のタバコ。勝手に吸って、まずいとほざいている。

私は一人黙々と韓ちゃんが手をつけなかったマーボーなすを食べた。もったいないじゃん><
何日分の食料だと思ってるのよwまったく~
やっと2人分のおかずを食べ終わって、大きくなったお腹をナデナデしていると、
「何か食べるもんはないの?」と言う呆れた韓ちゃん。
「お腹すいてるなら、どうしてなす食べないのよ」
「色がまずそうじゃん」
「まずいかどうかは食べてから言ってよね。おいしかったわ」
「アイスは?」・・・いたずらっ子のような顔で聞いてくる。
「はいはい、アイスね。今日はどれ食べるの?すいか?」
韓ちゃんに釣られて私もミントアイス。デブになるはずだね^^

しばらくして、
「PCで車探そうか~」
最近うちに来ると必ず車探し。
「はいはい、ちょっと待ってね。立ち上がるのに時間かかるんだから」
すると、
待ちきれない韓ちゃんは、布団のところに移動してて甘い声で私の名を呼ぶ。
「そんな遅いのは、捨てや~。もういいからさ、早くこっち着て~」
運動の時間らしい^^
この日の運動は今まで経験したことがない、私にとっては未知の世界だったけど、詳しいことはとても恥ずかしくて書けない><
たたかれたお尻が痛かった・・・。
きっと私が色が白かったら手形がいっぱいついていたかもw
車の中で私に嫌な思いさせられたお返しだったのかも^^
でも、2人して燃えた。(笑)変態か!


夜の食事も、冷凍庫の掃除。
ブラックタイガー12尾入り。まず解凍して、下処理して、小麦粉つけて、卵くぐらせパン粉をつけた。
はい、名古屋名物、えびふりゃ~です。正しくはエビフライですよ
もう一度、卵→パン粉。これで、えびが大きく見せれるのです。貧乏人の知恵です^^

韓ちゃんは、メインのおかずが1品あればいいことが分かったから、もう、他のものは作らないことにした。12尾ものえびふりゃ~は、大皿いっぱいになった。

アツアツの揚げたてをふほふほ言いながらいただきました。
ご飯も炊きたて。(昼と夜とで2度炊いちゃったよ)

「おいしいな~」
「そう?よかったわ」
「このエビが冷凍のじゃなかったらもっとおいしかっただろうけどね」
一人暮らしですから、冷凍は生活の知恵です。
冷凍のが嫌なら、新鮮ピチピチのエビもって来いや!!!

いつもより早い時間、帰ると言ったので送っていった。
車から降ろしてから、私は韓ちゃんの仕事場に行って、久しぶりにゆっくり温泉に浸かった。
そして、マッサージを依頼。
おばさんと40の男の人がいた。
そ知らぬ顔して以前勤めていた人はいないか聞いた。もう辞めたと答があった。
韓さんはいるかと聞いたら、今日は休みだと・・・。いえ、知ってますけどね^^
平日は3人で土・日は4人体制だそう。

気の強そうなおばさんと短気そうな40男だった。

40男のマッサージを受け、2度風呂に入ってから帰った。
帰りに韓ちゃんの寮の前を通ったが、韓ちゃんの自転車はなかった。
疲れたから早く寝ると言っていたのに、女のはしご?
体力がないと言いながら、ないやってんだか~。

40男のマッサージ受けながら韓ちゃんのマッサージがどれだけ気持ちよかったか思い出してた。
どうせ金払うなら、韓ちゃんにやってもらいたいよ。
ただ痛いだけのマッサージはいやだな。
やっぱり韓ちゃんのマッサージには愛があった。

長くなってしまった韓ちゃんの帰宅報告でした。
次回は休みがあわないため、どうなるかわかりません。
在留資格の更新も気になるところだが、今は韓ちゃんの答を待つことしかできない。
残りあとわずか。
せめて楽しく大事に時間を使いたい。


| 日常生活 | COM(10) |
2008-06-28 (Sat)
駅で落ち合って、買ってもらったタバコとコーヒーを受け取って、家に向かった。
最近の韓ちゃんは何も言わなくてもシートベルトを締めてくれる^^
女の話を切り出した。
韓ちゃんは、もうその話は済んだとばかりの受け答え。
そんな話をするなら車から降りると言い出した。

「私にとっては大事な話だから、きちんと納得させて。じゃあ、メールを見せるわ」
携帯を取り出し、メール画面を出して、韓ちゃんに手渡した。
もう読んだかな?と思って片手を差し出すとまだと言って、長い時間見続けていた。日本語が読めるけど、理解するには時間がかかる。
スクロールしていたけど、誰からのメールかプロパティまで確認していたかもしれない。

「こいつ誰?こいつ何?」
「私の友達。韓ちゃんの家のそばに住んでるって言ったじゃん。韓ちゃんはこの前私が自分のトコ探りに来たって思ったでしょ?車で韓ちゃんと偶然あったときのことだよ。その時、友だちのとこに行ったって言った友だち。それで、そのメールに書いてあるように女と一緒に住んでるんでしょ?」
「住んでないわ」
「じゃあ、どうして夜中まで女が部屋にいて、帰らないまま明かりが消えるわけ?毎日泊まっていくならそれは一緒に住んでるってことじゃない」
「知らん」
知らんって、いつも都合が悪くなるとそういって逃げるんだから。じゃあホントに一緒に住んでないって言うの?」
「住んでないわ」
「あっ、そう。じゃあ、前に私に確かめてもいいって言ったよね。それなら、私がいつか分からんけど、見に行くわ。自分の目で確かめるわ。それでいいのね。」

突然、シートベルトをはずした。
手はドアを開けようとしている。
もちろん走行中。

「車を停めろw]と叫ぶ。叫ぶ。叫ぶ・・・。
運良く信号には引っかからず私は暴れる韓ちゃんの右腕をがっちり抱えて、片手運転で走行。
激しく抵抗する韓ちゃん。暴れる暴れる暴れる・・・。
あ、あぶない><
危うくハンドルが取られそうになった。

子供を諭すように、落ち着いた声でゆっくり韓ちゃんに話しかけた。
「ちょっと落ち着きなさい!すぐそうやってカッとなったら駄目だよ。いい?私の話を最後まで聞いてね。それで、話の後で韓ちゃんが帰るというなら、ちゃんと駅まで送っていくから。
前にね、私が韓国ママのトコで働いたら、ママのとこで一緒に住むって話したでしょ?そこには男の人が今ママと一緒に住んでるよ。だから、仕事仲間と、たとえ男女であっても、一緒に住むことがあるってコト私わかってるよ。私だって、ママのとこで住んだら男の人とも一緒に住むってことになるじゃない。だから、韓ちゃんが同じ理由で女と一緒に住んでいるならちゃんと言ってくれれば納得もするよ。ウソつかれて隠されるから変な妄想もするんじゃない。私はね、たとえ韓ちゃんが女と一緒に住んでたとしても、経済的理由なら理解するよ。私だって同じことしようとしてるんだもん。」


激しく抵抗していた韓ちゃんの力がだんだん弱くなっていった。
私はなおも一人でしゃべり続けた。韓ちゃんは無言で聞いていた。

「韓ちゃんが女と一緒に住んでることホントならすごく嫌。これは正直すごく嫌。でもね、ちゃんとした理由があるなら納得できるんだって。私は事実が知りたいの。私にウソついて女と一緒に住んでるなら、これは、私を完全にバカにする話でしょ?私とは一緒に住めないって言って、他の女とは一緒に住めるんだもん。どれだけ悲しいことか分かってる?でも、さっき言ったように事情があるなら仕方がないじゃない?だから、正直に話してって言ってるの」

韓ちゃんがシートベルトをはめた。
ホッとして私もやっと韓ちゃんの腕から手を離す。
いつもなら、信号にすぐ引っかかるのに、このときには天の助けか、車は順調にノンストップで走っていた。

「俺は女と一緒に住んでない」
「だったら、夜中の3時4時に女がどうして韓ちゃんの部屋にいるわけ?」
「仕事終わってご飯食べるわ。うちの社長は部屋を2つ借りてるよ。アカスリのおばーさんの部屋と俺と40の人が住んでる部屋。たまたまご飯食べるとき見たかもね」
「そう?1回や2回じゃないって書いてあったよね」
「食べたら後は俺は知らん。自分の部屋に行くんだから」
「じゃあ、一緒には住んでないって言うのね」
「ああ、住んでない」

韓ちゃんは足元に散らばった買ったばかりのタバコを拾って、ゴミ箱に捨てていいか聞いた。
箱の中には数本のタバコがまだ入っている。
「捨てなくてもいいやン。もったいないから私が吸うわ」
突然無言で窓を開けて、ポイって投げ捨てた。箱に入ってるのも一緒に投げ捨てた。
バックミラーを見ると、後続の車がびっくりしたようだった。

「何してるの!どうしてそんなことするの!ここは日本だよ。車の窓から物捨てたらあかんでしょ。信じられんことせんといて」
「・・・・・・・・」
「もう・・・、どうしようもない子供と一緒やね」
ほっぺをつねるしぐさをした私。

「タバコ吸う?」 私のタバコを差し出した。
「もうタバコは吸わん。辞める」

「コーヒー飲む?」私のコーヒーを差し出した。
「いらない」

その後は、何を話しかけてもいじけた子供のように、ただ無言でうなずいたり首を横に振ったり。

それでも、だんだんと興奮が冷めてきたようだ。
違う話を始めるようになった。

「韓ちゃんさー、どうしてそんなにすぐにカ~っとするの?血圧上がるし、心臓にも悪いでしょ。もう少しね、落ち着いて話できるようにならんと命が縮むよ」
「わからんけど・・・」

家に着く頃にはまるで何事もなかったかのような2人になっていたが、ホントにあの時は韓ちゃんが車から飛び降りたらどうしようかと思ったw
ホントにやりかねん勢いだったから。
後続車もいたし、内心ヒヤヒヤもんでしたわ。

家についてからの話はまた後で。
って、もういい?勝手にやってくれ~って声が聞こえてきそうですが・・・。


| 日常生活 | COM(4) |
2008-06-26 (Thu)
友達からメールをもらってすぐ韓ちゃんに電話した。
電話に出た韓ちゃんは寝ぼけた声を出した。
「何?まだ寝てたの?」
「うん」
「もうお昼回ってるよ。何時に来るの?」
「昨日全然寝れなくて10時くらいにやっと寝たからさ」
「何時くらいに来るか言ってくれないと私ずっと待ってなきゃいけないじゃない?それとももう来ないの?」
「どっちでもいいよ」
「女と一緒にいるから何時になっても眠れないんじゃないの?」
ガチャっと電話を切って、しばし呆然としてしまった。
あ~やっちゃったかな?
まあいいや。
来ないなら、それならそれでいい。

30分後電話が来た。
「さっき、何を言ったの?」
「何って何のこと?」
「女がナントカ言ったでしょ?あれどんな意味?」
「韓ちゃん女と一緒に住んでいるらしいね」
「ぁ~何言ってるの!あ~もういいよ!」
ガチャっ。今度は韓ちゃんが電話を切った。

電話をした。
「来るの?来ないの?どこにも出かけられないじゃない。来るなら来る、来ないなら来ないってちゃんと言って」
「もういいからさ」
「あ、そう。じゃあ来ないのね。女がいるからね、わかったわ」
「どうしてそういうことばかり言うの?」
「この前、女からの電話?って私が聞いたときすごく怒ったくせに。あれは、図星だったからでしょ?。女と一緒に住んでてそれがばれて今度はどんな言訳するの?」
「だから違うって言ってるのに」
「ちゃんと教えてくれる人がいるんだからね。今度あったときにメール見せてあげるわ。韓ちゃんが女と一緒に住んでるって」
「それじゃあ言うわ。この前仕事の人と食事やったわ。女と一緒に住んでるって聞いたらHAMが嫌な思いするでしょ?ぁ~ひょっとしてそのときにHAMは見たかもね」
「大きな声で夜中にしゃべっていたら外に聞こえるのは当たり前。女と一緒に住んでるならそう言えばいいじゃない?うそばかり言わないでさ。何で私がうそ言われて怒られなきゃならないの?バカにして」
電話を切った。


電話が来た。
「すぐに出れるの?」
えっ?来るの?」
「30分後に駅で待ってるわ」
「わかった」

迎えに行く途中、友だちにメールした。
教えてくれてありがとう~
嫌な思いさせちゃったね
ほんとにごめん
今度見に行こうと思っていたらさっき韓ちゃんが白状したわ
これから迎えに行くところ
そっちにまた近いうちに行くね
引越しまでにね
手伝うことあったら何時でも言って
夜遅くしか行けないけどね~


駅まであと10分くらいのとき、韓ちゃんから電話。
「今どこ?」
「あと、10分くらい。えっ?もう駅着いたの?」
「今、駅。コンビニ行くからHAM何か欲しいものある?」
「じゃあ、コーヒー」
「いつものペットボトルでいいの?」
「うん。あっ、それと悪いんだけどタバコもいいかな?私が吸ってるやつね」
「はいは~い。じゃああとでね」

なんか、いつもと立場が逆転してないか?かなりの動揺?ばれたから私の機嫌取ってるの?
なんか、急に可笑しくなってしまった^^

ここまではまだよかったんだけど。ここから先思いも寄らぬ韓ちゃんの行動で、冷や汗タラリでした。
今回の帰宅報告は、長くなりそう・・・。
続きはまた後で。

| 日常生活 | COM(4) |
2008-06-26 (Thu)
23日の会社の飲み会が終わって、韓ちゃんに電話した。
「今終わったから、何ならこれから迎えに行こうか?」
「いや、いいよ。明日にする。今日はもう寝るわ」
「そう?で、明日は何時頃に来るの?」」
「分からん、起きたら電話するわ」
「うん、わかった。おやすみなさい」
「おっやすみ~」

・・・・・翌朝、9時頃目が覚めた。
韓ちゃんからの電話はない。
まだ寝ているのかな?お昼どうするのかな?などと思いながら、家でごろごろ。

お昼ちょっと過ぎ、友だちからメールが来た。
先日はお手伝いありがとう
実は、言おうかどうしようか迷った
でも、やっぱり真実を知っておいた方がHAMのためだと思ってあえて知らせるね
韓さんのアパートに女が住んでいるよ
夜中に部屋から女の声がしてて、出てくる様子もなく、そのまま部屋の明かりが消えた
しかも、1回や2回じゃないよ
HAMから話を聞いてから気になって何度も前を通ってみたら、案の定の結果だった
ごめん、すごくショックだろうと思う
でも、これが現実だよ
○○○に今度来た女はかなりのオバサン
でも、部屋にいたのがそのオバサンかどうかまでは分からない
それに、部屋には韓さんのほかに男もいた
声がしてたからね
唯一の救いはそれだね
腹が立つのはそれをHAMに内緒にしていること
ちゃんと聞いたんでしょ?それで、韓さんは怒って否定したんでしょ?
それとも、HAMはもう知っているの?
引っ越すまでに女がそのオバサンかどうか分かったらまた連絡するね
ショック受けているだろうけど、早まったことしたらダメだよ


アイヤ~、友達も、同じコト考えて覗きに行っていたんだね^^
でも、友だちは韓ちゃんのトコから程近いトコだから、ホントウに通りがかっただけかも~
なんて分けないです^^
だって夜中ですからね

心配してくれてありがとう
友達っていいな~

注;○○○っていうのは韓ちゃんの職場名が入っていたのであえて、伏せました。
| 日常生活 | COM(8) |
2008-06-22 (Sun)
先ほど、『記事を保存する』をポチっとした途端、韓ちゃんから電話がありました。

「今週休んだばかりで、また来週休めるの?」
「社長は、来週人が欲しいから出てくれって言うけど、俺は休みたいんです!って言って休みもらったわ」
「でも、休んだらそれだけお給料が少なくなるでしょ?」
「俺にそんなに仕事させたいの?」
「別に、韓ちゃんが休みたかったらいいけどね」
「俺は毎日でも休みたいんだって。オンラインゲームしたい。毎日休みたい。誰か、俺を養ってくれたらいいのに」
「それでも、最近の韓ちゃんは仕事仲間と楽しそうじゃん。私は高給取りじゃないからね、私の給料で韓ちゃんを養えません」
「こうきゅうとり?こうきゅうとりって何?」
「こうきゅうとりってのは、高い給料、たくさん給料もらうってコト。私は自分の生活の面倒だけで精一杯なんだから、無理だな~」
「悲しいな~」
「悲しいね~」

「それで、明後日は大丈夫なんでしょ?」
「うん、休みだから大丈夫だけど。明日は会社の飲み会だから、帰りが遅くなるんだけど、明後日韓ちゃんは何時頃来るの?」
「わからん。また、連絡するわ」
「じゃあ、来る前に連絡入れてね」
「はいは~い」

いつもならあわてて電話を切るのに今日はしばらく切らなくてなんかこちらの様子を窺っている感じがした。
それになんだか、お酒を飲んでいるような声だった。
どうかしたのかな?
もしかして、私の軽犯罪に気がついている?




| 日常生活 | COM(6) |
2008-06-22 (Sun)
来週・再来週の休みは火曜・木曜です
でも、自由になりたいならもう来ないのかな?
ごはん作ってもらえる人がいるならもう私は用なし?


先回の自由になりたい発言の後にこうメールしました。
そしたら、今日韓ちゃんからメールが来てました。

明後日休みです
家で待ってね


着信拒否したままです。
あわてて、履歴を見ましたが、履歴はなかったです。
迷った末、着信拒否は解除しました。

とりあえず、仕事が終わったら電話くださいとメールしておきました。

明日は、私は会社あげての飲み会なんです。飲まないから、ひたすら食費を浮かせるために食べまくるつもりです^^

明後日の何時に韓ちゃんが来るのか聞いておかないと、布団の中で熟睡中のオソレあり!

それにしても、先週休みで、また来週休み?
じゃあ、今までも休んでいたのかな?
人数が増えたから?

どうでもいいこと気にしていたら疲れるだけなのに、ついこうやってあれこれ考えてしまう。

財布の中には心細いお金しか入ってない。
韓ちゃんに頼みたい気持ちもあるけど、今月は苦しいと言っていたから、26日まで何とか踏ん張らないと。救いは、飲み会が0円だということ。

今日、お客様から大変喜ばれ、気に入っていただいてチップをいただきました。
野口英世様ですw
大変助かります^^
「今まで、どれくらいのマッサージを受けたかわからないけど、あなたのようなマッサージに出会ったことがなかった。魔法を使っているの?私がしてもらいたいところをしてもらいたい力で先に先にしてくれる」
なんと嬉しい賞賛の言葉。嬉しかったです。

ん~相性もあるんですよね。マッサージって。でも、ちょっと魔法は使ったかも^^

私が韓ちゃんと出会ったときに感じたこと、今日はそのお客様が私に感じてくださったんです。
それが私には、韓ちゃんのこと初心に戻って見つめなさい!っていうメッセージのような気がしてなりません。
| 日常生活 | COM(8) |
2008-06-22 (Sun)
夢の中で今の状況をいろいろ考えてみました。
私はよく夢の中でこんなことします。みなさんもですか?

私は忘れていました。で、夢の中で思い出したんです。
以下、夢の中での考えです。

韓ちゃんのこんな色の傘を見つけて、寮がわかったとき、玄関の前には女物の傘が2本あった。忘れていたけど、ブランド物の傘があった。
女が一緒に住んでるの?そのときも不安な気持ちになった。
でも、その後、その傘はなくなってしまった。従業員が辞めたからだと思う。
だから、私が知らなかっただけで、たぶんそこの寮には前から女の人も住んでいたんだ。
その後、寮に帰ってくるのは男の人だと分かり安心していたら、今回また新しい人が入ってきて、女の人も一緒に住んでいるのかな?と思って、確かめたらやっぱりそうだった。

夢の話ですよ^^現実を分析しながら見ている夢です。

私にはマッサージ店を任されている(オーナーは別にいる)韓国人のままの知り合いがいる。
お店に遊びに行くと、大抵は泊まってくる。部屋にはママさん以外にもう中国に帰ってしまったMさんもいた。Mさんが中国に帰ったら代わりに来た男の人が今はママさんと一緒に住んでいる。
「アパート代大変でしょ?うちで働いて一緒に住もう」そうママさんは言った。
一緒に住む?それは男の従業員も一緒に?
あ~シェアね。日本には馴染みがないけど、外国では男女が同じ部屋を借りて部屋代を浮かせることはよくあること。

ここで、韓ちゃんもそうなのかな?と思った。
日本の寮は男女が一緒に住むなんて考えられない。でも、韓ちゃんの仕事のオーナーは韓国人。ましてや、タダで寮があてがわれているわけではなく、自分たちで部屋代も光熱費も支払う。
そこに住む外国人もシェアすれば部屋代が一人当たり少なくて済む。必然、一緒に暮らす。共同生活だ。

私が、韓国ママのところで一緒に暮らすなら、男の人とも一緒に暮らすことになる。もちろん部屋は別々で、多少のプライベートは保たれる。でも、恋愛感情はない。ただ、従業員と一緒に暮らすだけ。
そうか~、だから韓ちゃんは私が一緒に住んでいるのが女かどうか気にするのをいやらしいものを見るような目でみたのか・・・。
私の場合は体の関係を持つなんて絶対ナイ。韓ちゃんも一緒だよ。いや、韓ちゃんの場合はそれはありかも。
女の従業員とは楽しい母国語の会話で、仕事の疲れも癒される。ましてや、食事の世話もしてくれて、おまけに体の処理もタダでできるとすればこんなありがたい話はない。女側がOKすれば、こんな楽しくて楽なことはナイ。

夢の中の話ですよ^^

妻である私に対して、こんな話を聞かせたらとたん不機嫌になってお互いが気分悪くなることは間違いない。だから絶対話さない。
今までは、従業員が辞めて、女がいなくなったから私のところに足しげく帰って来た。だって、食事はまともに作れない男と二人暮らし。しかもその男とはなんかうまい関係ではない。息が詰まる。
うまいこと、その従業員が辞めてくれた。今度は男の人と女の人が来た。
だから、もう妻の所に帰る必要はなくなった。妻の代わりをしてくれる女の人が来てくれたから。


夢の中の話です。
でも、なんか納得してしまった状況分析の夢でした。


| 日常生活 | COM(2) |
2008-06-21 (Sat)
見事命中・・・。

なぜか胸騒ぎがして、またまたドライブに出かけてきました。

またまた、部屋から女の声が聞こえてきました。
先日は女1男3の声だったけど、今回は女1男2でした。

部屋はカーテンが少し空いてて、覗き込めば見えるようになっています。
見たい衝動を抑えられなくて、でもすごく怖くて・・・。
何度も何度も行ったり来たり・・・。
しばらく葛藤していましたが、ついに、カーテンの下から覗き込んでしまいました。
ストーカーの心理です。今はすごく自己嫌悪でいっぱいです。そして後悔でいっぱいです。

カーテンの下からというのは、なぜか寸足らずのカーテンで、道路の端からしゃがみこめば部屋が見えるんです。今まで気がつきませんでした。
今日は雨が降っていたので、蒸し暑いからレースのカーテンだけで、網戸にしていたんでしょう。

男の足と、黒いスリッパを履いた女の足が見えました。
青ざめました。
動悸が激しくなり倒れるかと思いました。
部屋からは機嫌がいいときの韓ちゃんの声が聞こえてきます。笑いながら話しています。
でも、残念ながら朝鮮語は分かりません。

広い部屋の方に布団が敷いてあって、そこに男の人が寝っころがりました。
布団の横にはティッシュの箱が置いてありました。
なぜか、ドキドキが増しました。
でもその男の人は韓ちゃんではありませんでした。青いパジャマを着ていましたから。韓ちゃんはパジャマは着ません。真冬でも寝るときには裸ですから。それに手に持っているタバコが違いました。

まだ部屋の中から食器のカチャカチャという音がしていました。
韓ちゃんと女2人だけが起きている・・・。
胸がドキドキしてやりきれない気持ちで、足音を立てないように急いでその場から離れました。
でも、離れたもののやはり気になり、また戻って、まだ起きている女と韓ちゃんの様子を窺いました。
部屋の中が明るくて部屋から外は見えないかな?と思い、ばれたらばれた時だという心境にもなって、だんだん大胆にしゃがむことなく突っ立っていました。
声だけ聞いていました。立っていると中の様子は見えません。
しゃがんだ方が見えるけど、見たくないという気持ちもあったのです。
それに寝っころがった人と目の高さが同じになるので、やはり見つかりたくない思いもありました。
声は、男の人が寝っころがるまで結構大きな声がしていましたが、もう何も聞こえてきません。

韓ちゃんの部屋に途中から明かりがつきました。このときはちょっと離れたところに立っていて、近づいたらいつの間にか明かりがついていました。
でも、見えるのは白い壁だけで人の姿はありません。どうして韓ちゃんの部屋だと分かったかというと見覚えのある服がかかっていたからです。

部屋の明かりが消えるまでぼ~っと眺めていました。
そして、心の中で数を数えました。
運動をするときには、明かりを消して、終わったら点けることが多いからです。
中国の家でも私の家でもそうです。
でも、いつまでたっても明かりがつかないので、ホッとして帰ろうと思ったのですが、しばらく足が動かなくて韓ちゃんの部屋の前で立ちすくんでいました。

お恥ずかしい話ですが、こんなストーカー的な行動をとってしまいました。
もう、一緒に住んでいるらしいことは分かったので行かないと思います。
たぶん・・・。



当分、連絡もしないつもりです。いつまで私が我慢できるか分かりませんが^^
また、着信拒否にしておこうと思います。


私は最低な女ですね。
| 日常生活 | COM(6) |
2008-06-20 (Fri)
昨日、長々と記事を書いて、ポチっと保存ボタン押した後、PCの不具合ですべてパ~になっちゃいました。
は~、最近調子がよかったから、記事をコピるの忘れてましたw
災難は忘れた頃にやってくる・・・は~。

気を取り直して、書き直しますね。


昨日、韓ちゃんに電話を入れたけど出ない。
マッサージ中かと思い、コース予想して再度電話。が、出ない。
う~ん、昨日のことで、話したくないのかな?と思って、0時回るか、1時回ってこないならあきらめるしかないかって思っていたら0時45分に電話があった。

「おつかれさま~」
「ほいほいほい、おつかれ~」
「どう?うなぎで元気になった?」
「全然、ダメ。うなぎ効かへんじゃん」
「そうなの?おかわりしなかったからじゃないの?」
「あ~あ~あ~、そうかもね~」
「今日、残りのうなぎ、韓ちゃんがおかわりしなかったから私が全部食べちゃったわ、ごめんね~」
「あはは、いいんじゃない?それで栄養が全部そっちいっちゃったかもね」
「かもね~」

「それで、何か用があって電話したの?」
「ううん、今日休みだったからさ」
「あ~そうだったな」
「最近帰りが遅いけど忙しいの?」
「いや、ヒマけどね、風呂入ってたからさ」
「最近、仕事終わってから風呂に入ること多くなったね。前は疲れてるから翌朝しか入らんって言っていたのに」
「やっぱり、夜入った方が体が楽。そうじゃない?」
「だから、そう言ったのに~、自分が入らんかったんじゃない。で、どうして私んとこに来るときにはいっつも風呂入らないで汚いままなわけ?おかしくない?」
「hamと約束して会うときは、お客さんの都合で時間がいつ終わるか分からんからさ、風呂入る時間が取れへんじゃん」
「昨日だって入ってなかったじゃん。私に会うときはいつも臭い韓ちゃんばっか。たまにはさ~・・・」

ここまでの会話、全てに^^マーク付き
まるで昨日私にぶつけたことすら何もなかったかのような会話なの


家電が鳴りだした。たぶん姉から。またか?やたらこのパターンが多いじゃない?

「何してるの?早く電話出て。切るから」
「いいよ、お姉ちゃんだから、また後でかけるから」
「いやいや、雨だよ。片手運転だよ、あっぶないじゃん」
「雨降ってるの?知らんかったわ、外出てないから。じゃあ、危ないね」
「ふぉいほ~い。おやすみ~」
「おやすみなさ~い、気をつけてね」

急いで電話に出たらやっぱり姉からだった。
あまりに出るのが遅かったから、姉は、「また韓ちゃんを迎えに行っていていないのかと思った」と言って、「韓ちゃんとの電話を中断させてゴメン」と謝った。

1時間近く話をしていた。
いつも姉には韓ちゃんの話を聞いてもらっている。ありがたいことです。
「韓ちゃんの考えていることがサッパリわからんわ。あんたもいい加減にどうするか考えないかんよ~。それにしても、文化の違いと言うか、意識の違いと言うか、韓ちゃんのこと最近はかわいそうだと思えてきたわ。日本に生まれてきてたら、もっと違う考え方で普通に暮らして来れたかもしれんね」と、姉が言った。

それにしても、いつもいつも、姉といい、母といい、どうして韓ちゃんと話しているときとか、韓ちゃんがひょこんとうちに帰ってきているときに電話がかかってくるんだろう。何か、匂うんだろうか・・・。

| 日常生活 | COM(4) |
2008-06-19 (Thu)
ず~とテレビを観ていた韓ちゃん。相変わらず、リモコンさわりまくって、チャンネル変えまくりw

私はお風呂に入った。ゆっくり入った。
多分、パソコン触ってるだろうなって思いながら。
しかし、出てきたら、韓ちゃんは同じ姿勢でテレビを観ていた。

ところがどっこい!(ふるっ!)あとでわかったんだけど、やっぱ、パソコン触ってたんだよね。韓国サイト。
誰かにメールでもしてたのかな?それとも、為替情報見てたのかな?
いつもなら、パソコン触ったけどよかった?なんて聞くくせに、今回はどうして何も言わないのさ!
怪しいじゃないですか?こそこそして~



もうそろそろ日付が変わる頃、テレビを観ながら、最近の体の不調を訴え始めた。
この辺が痛いんだよねとさわったところは、肝臓のあたり。
一瞬父のことを思い出した。
もし韓ちゃんが肝臓ガンとかだったらどうしよう。
韓ちゃんまで失ってしまったら・・・なんてね。

「朝まで飲んでたんでしょ?あまり飲めないのに急にいっぱい飲んだからだよ」
痛いのは飲む前からだとわかっていても、あえてそう言った。

今度は左胸を押さえて「すごくドキドキして脈が速くて苦しい。最近ずっとそう」
すかさず、韓ちゃんの腕に指を当ててみた。ドキドキと脈が速い。でも、不整脈はないようで一安心。
もちろん、心配はした。でも、頭では他の考えが・・・。

予防線を張ってるのかな。
運動をしない言訳かな。
こっちからは何も求めないから、しないで帰ってもいいですよ。

しばらく無言でテレビを観る二人。
「・・・・・・・・」
「・・・・・・・・」

「体の調子が悪かったら、保険料払って病院に行ってちゃんと検査したらいいよ」
「・・・・・・・・」


突然、
「さ~そろそろマッサージじゃない?」
そう言うと、さっさと布団のところに行き、ジーンズを脱ぎ捨て、寝転んでこっちを見ている。
さっきまで胸を押さえていたのに・・・。
「大丈夫なの?心臓」
「うなぎ食ったから大丈夫」
あの~、食べたばかりで、そんなに早く効果ないですけど?



結果、
さっさといって、ぶつぶつ自分自身のふがいなさを嘆いて、さっさとパンツ着替えて、ごろりと横になった。
どうやら自己嫌悪に陥っているらしい。が、それもどうだかな~。
疑いだしたらキリがないけど、ムスコさん、昨日使った?紙はついてなかったけど(笑)それらしきもの見つけた(様な気がした)。黙ってたけど。私の思い過ごしかもしれないけど。

また2人でごろりとして、タバコを吸いながら聞いてみた。
「今日もう18日だよ。あと20日で、更新できるようになるよ。どうするの?」
「しないって言ったじゃん」と、小さい声でつぶやく。
「この前、私に手続きしや~って言ったじゃん。するならそれなりの準備が要るんだからね。会社にも書類頼まないといけないし」

そしたら、お母さんの話を始めた。
3日ほど前、お母さんが韓ちゃんが学生服のようなものを着て夢に出てきたらしく、心配になり電話してきたようです。
いつもなら、そんな話私に聞かせないのだけど、珍しく話し出した。
でも、話途中で、急に「こんな時間か。帰りましょう」

気になったので車の中で続きを促した。
「子供の頃から体が弱くて、日本に来て疲れちゃったよ。長い時間働いて」
「それは、韓ちゃんがそういう仕事場ばかり探すからでしょ?前日本にいたときのように日本人の会社に勤めれば問題は解決するのに。それにね、韓ちゃんの在留資格は『日本人の配偶者等』だよ。どんな仕事も選べるよ。マッサージ以外の仕事にも就けるよ。それでも、韓ちゃんがマッサージの仕事を選んだんじゃない。今のところがいやなら、ほかを探せばいいじゃない」
「それでもね、短い時間働いて、あと一人でどうやって過ごすの。長い時間働けばその分仕事の人と話するじゃん。体は疲れるけど、まだ心にはその方がいいんだって」
私は、どうして一人で過ごすことを考えるの?どうして私と一緒に過ごすことを考えてくれないのと悲しくなったけど、あえて言葉には出さなかった。出せば、また堂々巡りになって、せっかく話そうとしている韓ちゃんの腰を折ることになると思ったから。


「コンビニ寄ってね。喉が渇いたわ。hamは何が欲しいの?」
韓ちゃん!って言おうとして辞めた。
「コーヒー買って」

韓ちゃんは1ℓのお茶を一気に飲み干した。
いつもよりいっぱい話しているから、喉が乾いていたんだね。
私は、悲しい気持ちを引きずって一くち二くち、口つけただけ。

信号が黄色になったからあわててブレーキを踏んだ。停車線から1メートルほどはみ出した。
「中国人か!」
バックミラーを確認して、後ろに後続車がいなかったから1メートルほどバックした。無言のまま。
「おっ、日本人に戻ったな」
2人で顔を見合わせて笑った。

「さっきのお母さんの話の続きは?お母さんは帰って来いと言うの?」
「いや、言わんよ。ただ、これやってあれやってと。俺に何も言うな。めんどくせ~。俺は、自由になりたい。誰も知った人がいないトコに行きてえ~」
「・・・・・・・・」
「hamもね、俺がいてもいなくても、そんなに問題じゃないでしょ?hamに対して、今まで何も俺はしてこなかったからさ。俺がいなくても、hamの生活には変わりはないでしょ?」
「どうしてそんなひどいことが言えるの?私の気持ちは分かっているくせに、ひどいよ」
「わかってるよ。何もしてあげなくても、それでもhamは俺にすごく面倒みてくれるでしょ?すごく大事にするでしょ?俺はそれがいやなんだもん。俺は自由になりたい。おかんもhamも、一緒だよ。俺のことすごく心配するし、俺に俺がやりたい事をさせてくれない。おれもhamの気持ちが分かるから、俺も自由になりたいのになれへんじゃん・・・。それがね俺にはすごく重いんだって。オカンもいらんし、hamもいらん。すごく重たい。俺は一人になりたい。自由になりたい」

「韓ちゃんがただの知り合いなら、バカなことしてても、バカだなって思うだけで何も言わないよ。深入りもしないよ。Mさん(中国の)のように、単に知り合った中国人だけの関係なら遠くからみてるだけ。でも、私達は知り合いという関係じゃないじゃん。結婚してるよ。韓ちゃんは私にとっては大きな存在だよ。ましてや、私は韓ちゃんが好きで結婚したよ」

韓ちゃんは、さっき言った自分の言葉と矛盾していること話していると思った。さっきは、一人で過ごすのは嫌だから、長時間でも仲間と楽しくかかわっていたいから今の仕事をしていると言った。
仕事仲間は、誰も韓ちゃんがしていることを知らないからってこと?
日本人の女をテキトーに騙して、日本に来ていること、彼らは何も知らないから、いや、そういう話さえもしないから、その場その場が楽しければいいって言う考え?
知らない人の中なら、罪悪感をおぼえることもないってこと?
それとも、飲み会がそんなに楽しかったわけ?
それとも、今度の女が・・・。


いろんな考えが頭をぐるぐるした。


「私は今までの9ヶ月、韓ちゃんの女のことにも目をつむって、ただ韓ちゃんが近くにいてくれるだけでいいって自分に言い聞かせて我慢もしてここまできたよ。いつかは分かってくれるかもって、そう願いながら・・・」
最後の方は涙声になっていた。目から涙が零れ落ちた。
「そうやって、すぐに泣いて話すのはいやだな。それにそういう話は聞きたくない」
「泣いてないじゃん。泣いてないもん」」
「そう?」

い~っぱい話した。
もっと話したいと思った。
でも、駅についてしまった。
あ~もっとトロトロ走ればよかった。

自転車がない。聞くと歩いてきたらしい。
うちに帰って来たとき、ケツが痛いって言っていたのは、5時間もインターネットカフェ探して走り回っていたから、自転車を置いてきたらしい。乗りたくないほど痛かったんだね。
SDカードで画像を取りこめれるお店を探していたらしい。

「それじゃあ、家の近くの橋のところまで送ろうか?」と言ったら、
「いや、ここでいい」
それでも、それから数メートル韓ちゃんの寮と私の家に向かう、右左に分かれる道まで走らせた。
「そういうのがいやなんだって」

そうやって車を降りた韓ちゃんだけどメールが来た。

ありがとうございます


| 日常生活 | COM(4) |
2008-06-19 (Thu)
昨日はたくさんのコメントありがとうございました。
で、アクセス数もだったんですが、さとーさんが仕掛けてくれたのね~^^

仕事が終わって急いで帰宅。
韓ちゃんは迎えに来なくていいから、直接そっち行くからと言っていた。
朝、バタバタしていてご飯をしかけずに仕事にでたので、かばんを放り投げ、まずはコメを研ぐ。がしゃがしゃやって水加減OK。スイッチんグ~。
朝の食器を急いで洗い、掃除機かけて、うなぎにとりかかった。

あ~、、、すみません。今母親からお呼び出しです。
話の途中ですが、一旦ここで。
またあとで。

>> ReadMore
| 日常生活 | COM(8) |
2008-06-18 (Wed)
結局韓ちゃんは水曜日の夜私の帰りを待ってくるということになりました。
そのときの電話が怪しくて・・・一旦寝たもののそれが引っかかっていたのか、途中で目が覚めてしまい、ちょいとドライブに行ってきました^^

部屋から女の声がしてました。
でも、男の声もしていました。
夜中だというのに大きな声で話しています。近所迷惑だと思わないのでしょうか?
3時回っているというのに・・・。

明日、勤めている温泉は休みじゃないのに、みんなそんな時間まで起きてて大丈夫なんだろうか。
あははっ、私も起きているけど~^^

2人っきりというわけじゃなくても、夜の夜中に(多分帰る気配なしだったから朝まで一緒にいると思われます)女を連れ込んで(この表現は正しい?)。

明日って言うか、もう今日なんだけど、どんな顔して韓ちゃんは来るでしょう。

頭にきたから、韓ちゃんの寮の前からメールしてやった。
怪しいと思ったら女連れ込んでるのね
信じられないわ
こんな時間に
明日は証拠残さないようにパンツは着替えてから来てよ


何か聞かれたら、なんて答えましょうか^^
夢を見たとか何とか言ってごまかそうかな~。
それとも正直に寮まで行って女が来ていることを知ったわと言いましょうか。
ぶちきれそうだな。

明日会うのが憂鬱。
いっそ、今日のメールでくるのヤ~メタって言わないかな。

まさか、一緒に住んでいるってコト無いですよね?
| 日常生活 | COM(13) |
2008-06-16 (Mon)
今週の私の休みは、木・金。
韓ちゃんは金曜日に休みが取れなかったようで、なぜか水曜日。

どうするの?

その1
火曜日の仕事が終わってから帰ってきて、夜中の食事。
泊まって、翌水曜日私は鍵を韓ちゃんに預け仕事に出かける。
私は9時には出かけるがその時間韓ちゃんは起きれないから、休みの韓ちゃんはゆっくり帰れる。

その2
水曜日、韓ちゃんは休みのため、ゆっくり寮で眠れる。
私が帰宅する時間にあわせ韓ちゃんが帰ってくる。若しくは迎えにいく。
帰宅後ご飯を食べて夜中の3時頃に韓ちゃんを送っていく。
翌日は私が休みのため、夜中どんなに遅くなっても次の日に爆睡すればよい。

このどちらかにすると電話で話した。
明日連絡するそうです。

私なら、その1のあと水曜の夜私が帰ってくるのを待ち、食事をした後帰る・・・がいいな。
でも、その考えは韓ちゃんにはないと思う。

もしかしたら、木曜は新しく来た女の人が休みだから、水曜の彼女が仕事終わってから木曜仕事が始まるまで一緒にいるつもりなのかもしれない・・・などと妄想が膨らむ。
今まで私の休みに合わせてくれていたのに、そのために休みを教えてと言っていたのに、今回は水曜日を休みにした・・・これに何か意味があるのではと疑ってしまう。
疑うのには、最近の韓ちゃんの態度に問題があるから。
考えたくないけど、考えてしまう。

他のヒトに気をとられると、私に対する態度が極端に冷めたものになるから、分かりやすいんだよね韓ちゃんって。

明日になったら連絡があるようなので、韓ちゃんがどれを選択するかお楽しみ~です。



| 日常生活 | COM(4) |
2008-06-14 (Sat)
12日、韓ちゃんは、体力が落ちているから同僚とウナギを食べようという話になって、買い物に行くと言っていた。
で、翌13日(つまり昨日ね)、私メールしたの。

うなぎはおいしかった?
元気出た?


でも、な~んも返事ナシ。 

電話してみた。

でも、やっぱりかかってこない。

ふ~ん、他のヒトに目移りしているとこんなにも態度が違うんですか?★
ってね、ちょっと落ち込んでいたん。

でも、さっきようやく電話があって。

「うなぎ?食べてないわ。高っかくてさ~。2匹で1980円だったから、買うの辞めて安っすいうどんにしたわ」
「え~それって日本産なんじゃないの?中国産ならもっと安くあると思うんだけど」
「三河産って書いてあったわ。中国産は売り切れなのか無かった」
「そうなんだ。でも、毎日食べるもんじゃなくて栄養つけるためなんだから、たまにはそれくらい食べたらいいじゃん」

話の流れから今度うちで食べるものは鰻ということになったみたい^^

そりゃあ、私だって鰻が食べたいよ。でもね、それだけ贅沢する食費が残ってないんですよ><
市県民税だ、自動車税だ・・・いつもよりたくさんお金が要った月なんだもん。

でも、食べたいですw


| 日常生活 | COM(10) |
2008-06-12 (Thu)
前の記事でケンカ?としたように今回はなかなおり?です。

なぜ『?』なのか、ケンカなのかどうかも分からないシロモノだからです。

今日、だらだら過ごしてるうちに、チーズケーキ(もどき)を作ったので、韓ちゃんにメールしておいたのです。
電話してください

で、先ほど電話がありました。

「昨日、あの人食事しないで待ってたらしくて、今日は体力が落ちたからウナギを食べようってことになったから、24時間スーパーへ買い物に行かなきゃ。」と、
私の手作りチーズケーキには全く未練はないようで・・・。 バサっと切られてしょんぼり

「あ~いいね~。体力落ちてるときにはおいしいもん食べなきゃ。前に、スープ作ったでしょ?牛の骨で。これから暑くなって体力消耗するんだから、またそうやってスープとか作ったりしたほうがいいよ。それでも、韓ちゃんはうちに帰ってきたら栄養取れるんだからさ、なんも心配ないけどね。」

自転車でかなりの距離漕いで走らないとあかんのに、買い物係りは辛いですね。

最近、ちょっと太ってきた韓ちゃん。その人が料理を作れる人でよかったね。

仲直りしようと
「昨日はゴメンね。私も寝不足だったから不機嫌になっちゃって。」
「うんうんうん」 一応返事はしてるけど、心ここにあらずって感じ あ~ウナギに負けた私

・・・というわけで、なかなおり?をしたのかな?普通に話せました。韓ちゃんも明るい声だったw

どうやら遅刻して仕事には1時頃に出かけたらしい。それって、遅番じゃん!

さて、寮を覗きに行こうかなとも思ったけど、明日はお経をいただくため朝早起きしなきゃダメです。
韓ちゃんは女とは一緒には住まないタイプです。
一緒には住まないけど、別のところに女が住んで通う可能性はあります。
女の居場所を突き止めるためには毎日韓ちゃんが帰る0時過ぎから1時半までの間はりこまなきゃなりません。そんなことをやっていられるはずもなく、韓ちゃんの居場所を偶然に見つけたような奇跡が再度起こるのも確率的に低いですから・・・もう考えません><頭がパンクしそうだから。

一度温泉に行って偵察したいとも思いますが、温泉にも来ないで!って言い渡されています。
何とか上手い口実はないものか。

たとえば、一筋の光さんがはるばる遊びに来たから、温泉にゆっくり浸かりに・・・いや、これはダメだな、男連れはダメだな^^
さとーさん、こちらに遊びに来る予定はないですか?おいおい!
| 日常生活 | COM(6) |
2008-06-12 (Thu)
さて、続きです。
食後、またまた食い違い。
韓ちゃんに「今何人なの?」って聞いた。仕事の話してるときね。
そしたら「2人」だって言った。
「え~でもこの前二人来たって言ってたじゃん。」
「来たけどやめたわ」
「それなら、新しい人が木曜はお母さんを病院に連れて行かなきゃいけないから、今度から韓ちゃんの木曜の休みはないって言ってたじゃないの?だったら、明日は韓ちゃん一人なの?」
「2人」
「???だって、明日木曜日だよ」  正しくは今日木曜日だよ~
「あ~それは新しく来た女の人の話」
「新しく来た人って?今韓ちゃんと一緒に住んでいるのは男だって言ったじゃん」
もう頭がこんがらかってくるw
「一緒に住んでるのは40の男だって言ったじゃん。何言ってるの」
「だって今、女の人だって言ったじゃん。おかしいでしょ。計算が合わないし。今二人だって言ったじゃないの。韓ちゃんと40の男とその女の人なら3人じゃん」
「あ~勘違いしたわ。一緒に住んでいるのが何人かと思ったわ」
「やっぱり、この前の新しい人からの電話、女の人の声だったのはその人からの電話だったんだ」
突然、がああ~と、殴りかかるポーズをして怒った。
ホントに殴られるかと思ったわ。思わず頭ソファから落ちそうになったもん
いっつもこんなふうに、自分にとって面白くない話だと怒り出す。
その後、言葉を出すのを辞めてしまった。顔にも面白くないのが出ていたかもね。

その後、韓ちゃんはテレビをガチャガチャしてたけど、あまり面白い番組がなかったので帰ると言い出した。私もすごく眠くて、テレビ観ながら半分目を閉じていた。いや、眠かったのはそうだけど、さっきの話が頭の中でグルグルしてたから。
で、思わず「何のために今日きたん?ご飯食べにきたの?」って聞いてしまった。
3時ごろ帰ると言っていたのに。このときはまだ2時40分。

「ham眠そうだから、ホントに寝ちゃう前に帰るわ」
「・・・・・・」寝っころがったままの私。
「送ってくれないの?・・・じゃあ、歩いて帰るわ」
「あ、そう」とゴロンと横を向く私。
「早くしや~。明日早番だよ」
「今、歩いて帰るって言ったじゃん」プイっ!

帰るのを口に出すのは、もうちょっと雰囲気考えてからにして欲しい。さっきのケンカみたいなままサヨナラしたくないのに。だから私も意固地になってしまう。ここが私の悪い点だけど。

しぶしぶ玄関まで出て行く。韓ちゃんの顔は怒っている。靴を履いているときに思わず抱きついた。
自分でもびっくりした。今までそんなこと一度だってしたことないから。でも、韓ちゃんは顔をゆがめて「なにするの」って。
外に出たら韓ちゃんが忘れ物だと言った。そう言えば、Tシャツを持ってない。
今自分が着てるTシャツが臭いから、この前買った韓ちゃんが白いのは着ないからいらんと言ったTシャツ・・・それを持っていくと言ったから渡したものだ。
部屋に戻ってそれを取りにいくと、「今日は疲れているからできるかどうかわからんけどHしましょう」と言い出した。私はHしたくてそうしたんじゃないですよ
「いや、疲れているならいいよ。早く帰ったら?それに私じゃなくても相手はいっぱいいるみたいだから」
すると、また怒ったように「疲れているけど、できるかどうかわからんけどしようかなって気になったのに~。早く早く」と。
お風呂に入ってないから蒸しタオルで綺麗にしてから運動開始。
それでも運動するも、私は複雑な気分。

「この前お客が中国人はアイゴーアイゴーっていうけど、外国人もI GO(アイゴー)って言うよって。」
「それって、いっちゃうを直訳した英語?come、っていうんだよ。きてきてって。」
「何でそういうこと知ってるの?」
っていう話をケンカする前にしていた2人。

そしたら、韓ちゃんは運動しながら「ham、まだアイゴー言わないの?カムカム言わないの?」って、うっるさい。
私はそういうこと声に出していえない人なの!
それにしても、その女の人が来てから(そういう時期から)韓ちゃんの運動時間が長くなったようだ。
「体疲れているのに、こんなに頑張っているのにまだアイゴー言わないか。いっていい?」

量的には普通かなって思ったからちょっと安心したけど、それでも、疑惑は払拭されたわけじゃない。
蒸しタオルで綺麗にして、運動終了。
疲れた顔の2人。

駅に送っていって帰宅したのが4時半。
一日中ごろごろしていた。昼も夜も昨日の混ぜごはんで済ませた。
明日も休みでよかったw

そうそう、11時半ごろ、
早番の韓ちゃんがちゃんと起きれたか電話したら、まだ寝ていて唖然。
「大丈夫なの?」
「全然大丈夫じゃない」
ウ~ん、早番ってのはウソだったの?それとも単に起きれなくて遅刻?
| 日常生活 | COM(10) |
2008-06-12 (Thu)
何も連絡がないので、0時を回ってから迎えに向かった。
待ち合わせの場に行く前に、仕事場の前を通ったら、まだ韓ちゃんの自転車はあった。
まだ仕事なんだ~と思いながら、寮の前を通り過ぎ駅に向かった。

「今どこなの?」
「もう駅で待ってるよ」
「今、終わったばっかだからさ、今から出るから」

車に乗り込んだ韓ちゃんはお疲れモード。でも、そんなに忙しくなかったらしい。
うちの会社も今週はあまり忙しくない。みんなボーナス前で財布のひもが固いのかな?

「韓ちゃんから連絡ないから、食べるかどうか分からないからお刺身買ったけど、食べる?」
「何買ったの?」
「韓ちゃんが好きなまぐろ。それと韓ちゃんが嫌いなかつお」
「なんでもいい」

車を運転しないからちっとも道が分からないって言う話から、目に付く車の値段がどれくらいか聞く韓ちゃん。
「運転しなくても、覚える人はちゃんと通った道は覚えるよ。韓ちゃんは覚える気がないから。」
「それでも、運転したたら覚えるじゃん。俺もね、車があったら覚えるわ。ァ~車欲しい~。あ、あれはいくらくらいなの?」
チラッと視野に入った車を見るも、どの機種でなんて細かいことは一切わからない。
「150くらいじゃない?」と、超テキトーな返事をする私。

「車買ったっていつ乗るの?仕事場までは自転車で十分だし、帰りは遅いし、休みはないし」
「車買って大阪いこっか!」
このとき、私は大阪に転職をしようと言ってるんだと思って聞いていた。私はその時一緒なの?いや、その前にそれは更新するってことなの?ってのが、一瞬浮かんだ考え。
でも、こうやって書いていて、それは私の間違いで、ただドライブいこっかって話だけだったような気がしてきた。こうした勘違いが今までいっぱいあったようだわ。

家について、早速食事。このときすでに1時半。
嫌いだといっていたかつおは、上に乗せた野菜のおかげで気に入ったよう。
韓ちゃん用に買ったマグロは、2切れ残っている。

ごちそうさまをしてから、「ホントは全部食べたかったけど、hamのために残したわ」と言ったからびっくりした。
そう言えば、途中で「タバコがないからコンビに寄って」と言われ、「何か欲しいもんある?」って聞いてくれたな。それで、コーヒーのペットボトルを買ってもらった^^
急にどうしたんだろう。今までそんなこと聞いてくれたことなかったよ。自分の欲しいもんだけさっさと買って済ませていた韓ちゃんが、妙に気遣いをしてくれる。
これは素直に喜んでいいのだろうか・・・。それとも・・・。
この前から引っかかっている私に対する韓ちゃんの今までと違った態度で、ある疑惑が脳裏をよぎる。

「ありがとね。でも、全部食べちゃってもよかったんだよ」
それでも、笑顔でそういった。
| 日常生活 | COM(0) |
2008-06-11 (Wed)
昨日、休みがなくなったと電話してきた韓ちゃん。
聞くところによると、オーナーが新しくお店をオープンさせるため、人手がなくなるらしく休みが取れないらしい。寂しいけど、ここで嫌だといっても仕方がないので、
「そうなの?だったら、私予定入れてもいい?」
「あ~、いいよ」

明日・明後日は休みの私。
でも、明後日は、お経をいただくことになっているので、韓ちゃんには「3時か4時くらいには帰れるから来るならそれからにしてね」と、前もって話しておいたん。
そしたら、行けないという電話だったから、今日は、明日は体を休めようと思いながら仕事をしていたんだけど、2時半にメールが来てた。

今晩親戚来ないの?
来ないんたら1時くらい駅で待ってね
メールください


親戚は来ないよ
1時ね
ごはんは?
簡単なものならできますが・・・ごちそうはありません


仕事終わったら連絡しますわ

あの~・・・ご飯はどうするの?って聞いているのに、仕事終わってからでは間にあわんだろうが!!!


返事を待っていると食事にありつけそうもないので、一応仕事の帰りにお買い物・・・をする予定だったが財布の中に金がないことに気づき、仕事場の近くの友達2名に金を貸していることを思い出し、恐る恐る電話してみた。
そしたら2人とも快く返してくれた。〆て9000円也~。
で、買い物に行き、一人では絶対買わないお刺身を奮発しましたw
ついでに、韓ちゃんが嫌いなかつおも買ったわ。

かつおにたまねぎ・葱・ミョウガ・にんにくすりおろし・しょうがすりおろしを乗せて、ポン酢でいただく予定です。
先ほど、これは完成。・・・ってか、ただ材料切って乗っけるだけw
今は、ご飯を炊いてます。
そして急に混ぜご飯が食べたくなったので、ある材料で具を炊いております^^
人参・レンコン・たけのこ・こんにゃく・鶏肉をぐつぐつぐつ。
たっぷりの鰹節でダシを取り、砂糖・しょうゆ・お酒でぐつぐつぐつ。
別鍋で、ふきをぐつぐつぐつして、筋を取り、切りそろえました。こちらは食べる直前に鍋に放り込んで一煮立ち、させればOK。
しまったw
ちくわがないわw

今から買ってきます。近くに0時までやってるスーパーがあるのでこういうときに便利です^^

韓ちゃんの訪問については、また明日にでも。



| 日常生活 | COM(4) |
2008-06-06 (Fri)
0時35分にようやく韓ちゃんから電話があった。
「今どこなの?」
「今、途中だよ。あと10分くらい」
「ォ~~それなら俺も出るわ」

うまいこと、駅の到着が2人同時で、どちらも待つことなく会えました。

「ご飯は?」
「まだ」
「メールで聞いたのに返事ナシだったから作っていいのか悪いのかわからなくて・・・」
「それで、食べるもんあるの?」
「大したもんじゃないけどね、一応韓ちゃんが食べなくても明日私が食べればいいようなもんはある」
「何があるの?」
「魚焼いたし、水餃子ならすぐできるよ。具はまだ皮に包んでないけどね。だって食べなかったら皮がくっついちゃうから聞いてから包もうと思って。あとは、ナスのしょうが醤油でたべるやつ」」

家についてまずお鍋を火にかけて、水餃子(あらかじめ具は用意した)を包んだ。
その間、韓ちゃんはテレビのチャンネルを壊れるでしょ!ってくらい変えまくってテレビウォッチング。
韓ちゃんは帰ってくるとテレビの前から離れようとしません。まるでお子チャマのよう^^

ごはん、水餃子、ナス、鰆の焼き物を並べて、いただきますをしたのが1時半。
どれだけ早い朝食だw イエイ

普通なら、ご飯食べて運動してさっさと帰るところ、ゆっくりテレビを観ている韓ちゃん。
今日は泊まっていくのかと思いきや、早番だから帰るって。
動物番組を2人ですごいな~とか、自然は厳しいとか、美しいとか言いながら、終わるまで見て、それから運動して帰っていった。これが3時半。
もちろん送って行ったよ。
このガソリン代値上げの折、この送り迎えがけっこう痛手よ

今月、韓ちゃんが置いていってくれたのは2万円。うち携帯電話代が8000円くらい。
「な~に?また給料が少なかったの?」
「少なすぎてお金借りに来なきゃダメかも」
「うちに来てもないからね」
私も今月は少なかったんです。近場が多かったから、交通費も少ないし、勤務時間が少なくて、忙しかった割には先月よりも大幅にダウン。
これでは、支払いだけでギリギリです。いくら貰っているかと言うと、いつもコメントくださる、さとーさんと同じくらい^^(分からない人は、さとーさんのブログ見たらわかるよ~)
大変厳しいと言わざるをえません。
で、少しは韓ちゃんのお金を当てにしていたのですが、(いっぱいもらおうとは思わないけど。。。)今月も韓ちゃんの気持ちは少なくって・・・。
『渡すお金は生活費じゃない、俺の気持ち』と言っていたから、気持ちがそれだけなんでしょうね。

いくらもらっているのか聞いたら20万ちょっとだと言ってました。これは家賃代とか水道光熱費とか差し引かれた額です。これが本当なら今月は少なかったみたい。
でもね、私はそれよりもっと少なくて、家賃は2倍。あと税金やローンやナンヤカンヤで韓ちゃんより出て行く金が大きいんですわ。生活大変ですよ。
20万ちょっとって言っていたから、私への2万を差し引いてもまだ20万はあるじゃない?
そこから食費代とか引いても、家にも仕送りしてないって言うし、金がないなんてどうして言うのかしら?為替代を10万くらいよけているのかな?

今月は自動車税も、市県民税も国保も・・・支払いがいっぱい。
ァ~通帳が勝手に赤字になってたら嫌だわ。通帳残高がなくなると勝手に銀行が貸してくれるシステムなの。貸してくれるはいいけど、利子つけて返済しなきゃならんからあとが大変。


それでも、1円のお金もくれないんじゃなくて1万円置いていって(携帯代以外で)くれたから、「ありがとう」です^^昨日は私が電話でいつ?なんて催促したから、今日みたいに寝る時間を削って会いに来てくれたようだし、ありがとうね。

でもね、何度も頻繁に食事つきで帰ってきてくれると大赤字なんですよ。もちろん帰ってきてくれるのは嬉しいですが・・・。まさか、自分の食費代を浮かせようと帰ってくるのか?おまけにタダで食後の運動はできるし・・・。来るたびに食費代をたとえ1000円でも置いていってくれると助かるのですが。運動代は別にどうでもいいけどね。

在留期間更新についてはあまり触れたくなかったけど、一応話題に上がった。
やっぱりしないというものの、書類に釘付けで隅から隅まで読んでいた。
興味がないならそういうことも必要じゃないのにね。

帰りの車の中で「更新したかったら勝手に自分でしや~」
あの~、韓ちゃんがしなきゃダメなんですけど~。
まだ心が揺れているようなので、結論はもう少し先延ばしといった感じでしょうか。
首の皮がつながっている状態です^^

今日も休みなのでゆっくり寝ます。これで仕事なら、確実にフラフラ。
韓ちゃんは早番で10時半には出勤。大丈夫かな~?起きられるかな?
こういう不摂生が悪循環で眠れなくさせていると、私は思います。





そう言えば、最近『ポチっ』とが忘れられているようで、全くランキングがのびてません。
まあ、どうでもいいといえばどうでもいいんですけどね。目的はたくさんの人に読んで欲しいというものだから。最近はずいぶん遊びに来てくださる方も増えてきたので、感謝です。

それでも、いちおうね。遊びに来てくださった方々、ついでに『ポチ』っと、よろしく~ぽちじるし




| 日常生活 | COM(12) |
2008-06-05 (Thu)
今日は来ないと言っていたのに、先ほどメールが来て・・・。

今晩行くわ
1時くらい駅で待ってね
OKなら連絡ください


ちょうど買い物でスーパーの中だったので気づかず、レジでかばんの中でランプが光っているのを発見。また、くだらないメールかと思ったら韓ちゃんからのだった。
(最近、ビデオやさんのくじかなんかで、登録したらくだらんメールがわんさかで困っています)

駅って言うのは韓ちゃんの最寄の駅だろうか、うちの最寄だろうかなどと考えたけど、多分韓ちゃんの最寄だろうな。今、電話してみたけど出ない。マッサージの最中かも。

今日の買い物で、何か作るなら何にしよう。
魚ある。鰆の焼き物できる。
水餃子ができる。ひき肉買ったし、皮もある。
スパゲティできる。なくなったから買った。
ナスがある。炒め物も、味噌汁も、煮物もできる。

何を作ろう。それとも何も食べないのか。また作っても食べなきゃゴミ箱行きだわ。
今日の買い物で軽く1週間は過ごせる予定なの。

ァ~でも、その前に掃除だ。風呂だ。

でも、今日は前もって余裕の時間を与えてもらったからよかったわ~。

では、韓ちゃん帰宅の様子はまたあとで。
どうか、喧嘩ナシで穏やかな時間が過ごせますように・・・・・。ハート
| 日常生活 | COM(0) |
2008-06-03 (Tue)
仕事中に韓ちゃんから5回も電話が入っていました。
忘れてたw
忘れてたw
着信拒否設定にしたままだったw

もうすぐ休憩終わりのときに気がついたからそのままにして仕事に戻った。

で、仕事終わったらまた2回電話があった。履歴が残っていた。

電話したら、後ろの音が仕事中じゃない模様。
「あれっ?どうしたの?仕事じゃないの?」
「休んだわ。金曜日が休みだったけど今日に替えてもらった。」
「えっ?どうしたの?」
「眠れないから。」
「だったら今度の金曜日に来るって言うのはナシになったの?来週は私が用事があるから再来週しか会えないじゃん。」
「来週の木曜日があるじゃん、何言ってるの。」
「今週休んで来週も休めるの?」
「分からん、もう寝るわ。眠たいんだからさ。」
ぶっきらぼうに電話が切られた。
折り返し電話した。
「じゃあ、携帯代はいつもらったらいいの?」
「今度行くときにあげるわ。」
とにかく寝るからと不機嫌そうにまた電話を切られた。

なんか力が抜けて、家に帰ってご飯を作る元気もなくファミリーレストランに入って、注文した。
うちに帰ってきて眠ればいいのに~と、ちょっと拗ねたメールをした。
ドリンクを取りに行っている間に韓ちゃんからのメールが来ていたが気づかず。
携帯のバイブが電話だと告げた。
韓ちゃんだった。
「何時にこっちに来れるの?」
韓ちゃんは駅に行くから迎えに来てってメールしたのに、私が返事を返さないから電話してきたよう。
「ェ~、だって~今食事しようとお店に入って注文しちゃったし~・・・」
「早くしゃべりゃ~充電切れそうだから」
「今からご飯食べてだと、早くて1時間と少しかかるよ。」
私が外でご飯食べることが面白くないようで、「じゃあ、もういい。」と、怒ったような声で、再び電話を切られた。

私は、ゆっくりご飯を食べて、ドリンクもスープも飲んで、これらを読書しながら久々の外食を楽しんだ。もうこうなったら意地でも楽しんじゃえ!・・・でも、なんか不味く感じちゃったよ。

朝からたっぷり時間があったじゃない。それなのに寝れないなんて、怒りを私にぶつけたって私が代わりに眠ってあげることはできないよ。それとも何度架けても私の携帯がお話中だったから?気になって眠れなかったの?ごめんなさい。お話中だったわけではなく、ただ拒否していたから。な~んて余計に言えないですよ。

電話して欲しいときには架かってこなくて、どうしてこうタイミングが悪いんでしょ。

もう今夜は私も早く寝ます。眠れるかな?面白くない本・・・は我が家にはないし、う~ん困った^^
| 日常生活 | COM(10) |
2008-06-01 (Sun)
これまで私から会いたいと言っても会おうとはしてくれなかった韓ちゃんが、会ってくれました。
「チーズケーキはあるの?」
「ないよ。食べたいならコンビニで買うから」
「いや、いらない」
それでも、途中でコンビニに寄って買いました。

私は体の調子が悪いことを伏せて会いました。
今どうしたいか考えて、どうしても韓ちゃんの顔が見たかったから、車の中で少し話そうと思っていたら、韓ちゃんは当たり前のように家に行くと言って車を動かすように促しました。

途中、韓ちゃんの携帯が鳴ったらしく(韓ちゃんの携帯は音なしです。バイブにしてあるようですが傍にいても全く分かりません)、黙ってて!って、合図を送りました。私はあわてて車のTVの音を消しました。

韓国語でした。私の耳には漏れ聞こえてくる声が女の人に聞こえました。
年上なのか、丁寧に、受け答えをしていました。
それでも、なぜか必要以上に大きな声で、早く電話を切りたそうにしていて、友達からではなさそうでした。
電話が終わって、思い切って聞いてみました。
「誰から?」
「今度新しく来た部屋が一緒の人」
「一緒の部屋の人って女の人なの?今の電話女の人の声だったじゃない」
「何言ってるの。男だわ」
いやらしいものを見るような目で私を見ました。
「でも、女の声だった」
「あ~、どうしてそういう話しかしないの。もう降りるわ」
ちょうど信号待ちしていたので、車のドアを開けようとしました。で、私はあわてて降りる韓ちゃんの腕を引っ張り、謝りました。
「今度、うちの近く来て帰るとこしっかり見や~。男だから」
私がそうしないこと知っててそんなことを言いました。ホントにそういうことしたら思いっきり不機嫌になるくせに。

お肉を買ってきたからとかナントカ意味不明なことを言っていました。多分、肉を買ってきたからビール飲みながら食べるつもりだったということを言いたかったようですが、途中で言うのを辞めてしまいました。ウソつくのが面倒くさくなったんじゃないでしょうか^^
会話の中で「待っててください」って言ってました。これから私の家に行って帰るのは4時ごろになるというのに、まさか、肉を食べるのを待ってろじゃないですよね。

家について、買ってきたチーズケーキを食べて、スイカを食べて、そして当然のように運動をしました。私は運動がしたくて韓ちゃんに会いたかったわけじゃないのに・・・。
運動の途中、「hamはHが好きだな~。俺より好きかもね」と言われました。
私がHを誘ったわけではありません。さっさと当然とばかりにパンツを脱ぎ捨てるのは韓ちゃんのほうです。
「別に私はしなくてもいいよ。私はただ韓ちゃんに会いたいだけ」
「そうなの?」
「そうだよ。私が好きなんはHじゃなくて韓ちゃん」

この前もちょっと長く頑張った韓ちゃんでしたが、今日もちょっと頑張ってくれました。
「俺のがちょっと強くなるように気でも送ったの?」
いや、そんなことはしてないけど、多分韓ちゃんが疲れているせいだと思います^^

この前ケンカのようになったから、仲直りがしたかった2人です。
私は、静かに距離を置いて考えようと思っていましたが、今会わなきゃダメだって言う考えから抜け出れず、思い切って韓ちゃんに最寄の駅で待ってますってメールしたんですぅ。
前日来るといった韓ちゃんを断ったから、韓ちゃんも気にしていたようで、今日の私の誘いに乗ってくれました。

それでも、帰りに「これからは、今日のように駅で俺のこと待ったりしないでね。嫌だから」と言われました。
やっぱりねって思いました。
「いつも韓ちゃんが私にすることじゃん。駅に迎えに来てとかこっちの都合関係ナシで言うじゃん。この前は突然帰って来たじゃん。私だって韓ちゃんに会いたいときあるよ。初めてでしょ?今日みたいなこと」
「それでも、俺はいやだからさ。もう待たないでね」

自分がすることはよくて、同じことを私がしたらこういう反応です。
まあ、今更始まったことではないのでわかっていますけどね。

今回は弱った私の気が求めた行為でしたが、今後は多分そういうことあまりないでしょうから、それで怒らせることはないと思います。たぶん・・・。
「韓ちゃんに会いたくなったら私はどうしたらいいの?会いたいって言ったらダメなの?」
これには無言の韓ちゃんでした。

いつもなら、私が会いたいと言ってもO,Kを出すような人じゃないけど、韓ちゃんなりに感じていることがあったんでしょうね。ケンカの仲直りとかじゃなく、私が温泉の駐車場にいたときの話も私がハッキリしたいって思ってること分かってて、その話を終わらせたかったんでしょう。
「わかったから」って、言ってくれました。
中国女のことは、韓ちゃんなりに私が言わんとしていること察しているようで、怖い話はいやだと釘を刺されました。だから言えず終いでした。
私が何も言わないのに「今度来た人がそういうことが分かるらしい。それでも、あの部屋にはいないらしい。」と言ってました。


仕事休んでこんなことしててダメですね。
それでも、具合が悪い元凶を正すため・・・なんて、ただの言訳ですよね。
一日中寝ていたので、眠気がきません。
もう一日休んで来週からに備えます。

| 日常生活 | COM(16) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。