12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-08-27 (Wed)
「未練たらたら」…これ私のことではありません。
韓ちゃんのことです。

先の記事のコメントに書いたように、韓ちゃん、中国女に私との結婚は偽装だから、当然私とは会ってもいないし一緒に住んでいるなんて言ってなくて、ある1件で、疑問を持ったブタ女に詰め寄られ、もう振られてしまうかもしれない、そうしたら、hamとも別れる…と言って落ち込む姿をわざわざさらしに来た韓ちゃんです。
ある1件というのは、ブタ女にご親切に私たちのこと報告した人がいるようで、それで、韓ちゃんが私と会ってないなどと言っているが本当かと、ま~すごい勢いで追及されたようなんです。
で、一度は謝り倒して許してもらったと言っていたけど、また、けんかが起きて・・・。

私にブタ女に報告した人間に辞めさせてくれと言ってくれと言うけど、いったいそれが誰がやったものか分からないので、私だってどうすることもできない状態で・・・。

でも、韓ちゃんにとっては自業自得で、自分ばかり安全な位置に立って、人を馬鹿にする行動ばかりとっているのだから、今回のように誰かが後ろ指を指してもいたしかたないっていう気分です。

まあ、これが原因で私たちが別れることになっても、それだけの二人の関係しか築けてなかったということですから、誰を恨むって話でもないのですが。
力が抜けております。

で、悪いことに、自分で、中国女と別れたら私と別れるなどと言っておきながら、
「あ~、バイクにしようか、軽にしようかなんて考えていたのに、それもまた夢で終わるのか…。あ~、仕事も、できたら自分で店の1つも持ちたいなどと、考えていたけど。あ~これで何もかもが飛んじゃった。俺は運がないんだな。考えても腹が立つ。どうして俺がやりたいことができないように邪魔をするのか」
などと、他の話をしているとき突然そんなことを言い出したりしていました。
独り言のように、っていうよりわざと私に聞かせるように。

自分が何も悪いことをやっていないと思っているから始末が悪いです。
それはブタ女も同じで、「偽装結婚」だから、私と韓ちゃんの結婚は気にしないようなこと言っています。それだって韓ちゃんがブタ女を騙しているからで、事実を知って、私が韓ちゃんを許したように、じゃああんたも許せるの?って言ってやりたいです。

それで、韓ちゃんに言ってやりました。
「まあ、韓ちゃんが好きなことするんだったら、みんなバラバラになればいいんだから、日本でどうやって韓ちゃんが過ごしていたのか、私が中国に行って、女に話してあげてもいいし、手紙で知らせてもいいし、好きにするわ。みんな好きにしてみんなバラバラになればいいんだからさ>」
半分本気、半分投げやり。

私がこうやってブログ書いていること知らないので、韓ちゃんは、どうやって中国女にそれを話す気かと言っていましたが、いざとなれば、このブログの存在を明かしてもいいとさえ思えてきました。

韓ちゃんに、「今までの出会いから別れまでのこと、こうやって偽装結婚する中国人がいるんだって本に書こうか」と言ったら「誰が買うの?」って。
「国際結婚となればみんな悩むんだからさ、こういう本も売れたりするかもね。いっぱい売れたら印税で・・・」
「俺が買うわ」
「全部?全部買わなきゃ中国女の目に触れるで?金いるよ~」
いくらくらい必要か計算したりして、どうも話が笑える方向に流れていきます。
まあ、これがいつもの私と韓ちゃんの会話なんですが。

今はネット小説なるものがあって、それがヒットして本になったりするそうだから、ここは一発それ狙いで~などと、笑いながら話をしていたのですが、これは、韓ちゃんが私のブログの存在を知らないからで、知ったらいったいどんな顔をするのか・・・。


…あ~、、、話を戻すと、韓ちゃんが未練たらたら、中国では仕事がないだとか、せっかくビザの更新をしたのにとかあまりにもぐだぐだ言うので、
「そうだよ、韓ちゃんにはビザがあるよ。私がチャンスをあげたよ。でも、それでも中国で生きていくことを決めるのも、日本に来て稼ぐのも全て誰の考えでもない、韓ちゃんが自分で決めること。中国女と別れることと、あなたが日本で夢をつかむことは別問題なんだから。それを自分で中国女のために日本に戻らないと言いながら、日本であ~したかったこうしたかったなどと今ぐじぐじ言うのはお門違い。自分だ決めたことを他の人のせいにするのはおかしいわ」
と言ってやりました。
私の言っていることは間違っていないと思うのですが。

馬鹿みたいに中国女の言いなりになっている韓ちゃんを見て、中国女のご機嫌うかがっている韓ちゃんを見て、何もかもばらしてやりたい衝動に駆られています。
でも、それって、人としてどうなの?って問題はありますが。


こんな感じでまたまた事態は変化していますが、私も、仕事のお給料の件で今の会社に嫌気がさして、新たに仕事先を探しています。
だから、正直韓ちゃんの戯言にかまっている暇はないのです。
同時に悩む問題が起きても、とりあえず生活していかなければなりません。
韓ちゃんと別れても生活していけるけど、仕事しなければお金が入ってこなくて生活していけません。
だから、韓ちゃんには悪いけど、韓ちゃんと中国女のことは二人の問題だから、あとで私にどう影響しようがそれは結果を真摯に受け止めることにするしかありません。

縁があれば、韓ちゃんとこれからも・・・。
今はそんな気持ちです。

先週、土曜日に帰ってきて、また昨日の夜中に迎えに行って、いつものようにゲーム三昧で韓ちゃんは帰って行きました。今回は、ブタ女の手前運動は控えたらしい。先週は、ブタ女にばれたら怖いと言いながらもしっかりすることだけはしていったのに。どうもしっかりお灸をすえられたようです^^
スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(12) |
2008-08-26 (Tue)
何の話って?
先回の楽しかった時間のことです^^
足が何度もつってトイレに避難していたのですが、そのときにはゲームに熱中で大丈夫なの?って聞くだけだった韓ちゃんですが、さあ帰ろうかという段階になって、ちょっと寝や~と、私を布団に誘いました。
運動じゃないですよ~^^眠らないで2回は無理ですから^^

足に効くマッサージをしてくれたんです。
私、う~んう~んって唸りながら受けました。
体がす~っと楽になりました。
韓ちゃんのマッサージはどんな薬よりも効くんです。
ついでに、首が痛い韓ちゃんが台になって、練習開始。
今までは教えてって言っても、自分で勉強やりゃ~と言って教えてくれなかったのに、この時はとても親切に手取り足取り教えてくれました。
共通の話題…マッサージ。
今までしてもらいたくて何度も頼んだのに拒否されていたことが、嘘のような熱血指導ぶり。

は~…思い出しても幸せなひと時でした。
やっぱり韓ちゃんのマッサージの虜は今も変わらず。
何といっても私と韓ちゃんの原点ですから。
韓ちゃんが、と言うより韓ちゃんのマッサージに惚れ込んだのですから。

韓ちゃんが働いているトコ、ばらして、みんなにもマッサージ受けてもらいたいくらい^^
…しばらく嬉しくって浮かれていた私でしたが、
なんと、なんと・・・この幸せも長くは続かなかったんですよね><
突然、土曜日の夜中、仕事が終わった韓ちゃんから今から行くから駅に迎えにきてと電話があったのです。
二人とも明日は仕事。
何やら話があるようで、断る雰囲気じゃなかったので迎えに行きました。


また、あとで・・・。
| 日常生活 | COM(4) |
2008-08-21 (Thu)
今回も、韓ちゃんは帰ってきた。

今日行ってもいい

仕事中だったから気がつかず、休憩のときにメール見たんだけど、返事をする気もなくて(あまりの忙しさにクタクタで)、放って置いたら、夕方またメールが来た。

できれば1時くらい駅で待ってね
後で又連絡します


このメールにも連絡をしなかった。

それでも、買い物に行って、炊き込みご飯を炊いて、うどんすき作って…と一応用意はしたけど^^

0時半回ったころ、ようやく電話が入った。
「今終わったわ」
「お疲れ様~。明日は休みなの?」
「PC見に行くわ。まだ家なの?だったら今から風呂入るからさ、ちょっと後で出てね」
「はいは~い、そのほうが私もゆっくりできて助かるわ」

いつものように韓ちゃんは歩いて駅まで来た。
自転車を駐輪場に預けると100円かかるので、最近は15分くらいの道のりを歩いてくる。
たまに自転車をコンビニの駐車場に放置することもあるけど。


PC見に行くわと言ったのをからかって
「韓ちゃん今日はゲームできないね~。ただ見るだけだもんね。ゲームするにはPC触らないとできないんだからさ」
「いや、できるできる。ご飯食べたらお箸でピッとスイッチ入れればいいんだから。後は、PC触らんでも、マウスとキーボード触るだけでOKなんだからさ」
「あはは・・・だったら、素直にゲームするって言えばいいのに、なんでPC見に行くわだなんていうの?」

家に着いて2時近くようやくごはん。この前食べれなかった牛のステーキも焼いてみた。
私が食べたかったから^^
この前買ったのを冷凍しておいて、家を出る前に解凍しておいたもの。シンプルに塩コショウで。わさびを付けて二人して
「キクwww」
「キクwww」
楽しくご飯タイム終了。

韓ちゃんは早速ゲーム。
あの~PC触っていますけど?

私は傍らで、オリンピックを見ながら、時々韓ちゃんのゲームを覗き込みながらしてたけど、仕事の疲れから眠くなってしまい、うとうとしてた。

「寝るの?だったら・・・」
ゲームを一時中断させて、運動のお誘い。今日はお風呂入ったから、蒸しタオルも必要なし^^

珍しく下着も脱がせてくれたりして・・・。
でも、この日も私を置いてきぼりで早々に自分だけ果てた韓ちゃん。
「なんか、すご~く欲求不満と言うか、モヤモヤしちゃうんですけど!」
「仕方がないじゃん。途中で止められないんだからさ。おれだって止めれるもんなら止めたいよ、損した感じがするわ」
「男ならそこで踏ん張って止めなきゃ」
「うっるせ~な~。悲しいこと言うな」

でも、顔は笑っているんだよね、二人とも。
たまにこうやっていじめてあげる。最近の私は言いたいことずいぶん口にしているな。

結局韓ちゃんはこの日も寝ないで朝までゲームし続けていました。

私は、韓ちゃんがガンガンにクーラーかけているので体が冷えて。
寝ている間に何度も足がつって、何度もうめいて何度も目が覚めた。
足がつったまま、トイレに避難。ここは暖かい場所なので、足の冷えもクールダウンして、す~っとつっているのが引いていく。
一度、大丈夫なの?って聞いてきたけど、「大丈夫じゃないよ~」にはノーアクション。
ゲーム、ゲーム、ゲーム・・・。

それでも、思わぬ展開で私は久々に嬉しい思いをすることになった。

続きはまた・・・。

| 日常生活 | COM(8) |
2008-08-17 (Sun)
さぼっていたら、もう1週間たってしまう~。記事をUPしないと!

先週の火曜日、深夜1時を回って韓ちゃんを迎えに行って、いつものように遅いごはんを食べて、いつものように韓ちゃんはゲーム、ゲーム。そしていつものように運動して・・・。
韓ちゃんは眠ることなくゲームをして、朝7時に送って行きました。

私はこの日は父の初盆でお経をいただくことになっていたので、前からそのことは韓ちゃんに伝えてあったのですが、突然来るという連絡があって・・・。
もちろん韓ちゃんは仕事は休みじゃなく(稼ぎ時なのでお休みナシです)、まさか帰ってくるなんて思ってなかったのですが、ゲームしたさに帰ってきたようです。

ご飯を炊いて、寿司を少し買って、(お米が底をつきました)適当にあるものでおかずを作りました。
小さいエビを丸ごと揚げて、鶏肉とセロリの炒め物を作りました。
二人ともセロリは大好き!ま~喜んでもらってよかったです。
最近では1品ですませています。
韓ちゃんは、気持はもうすでにゲームに行っているので食べるのがすごく早くて、私は、お前は小学生か!と、心の中で突っ込んでいました。

いつもの日常。
特に書くようなこともない穏やかな時間を過ごして、韓ちゃんは帰って行きました。
きっとしばらくはこんな日常が続くでしょう。

韓ちゃんは8月いっぱいまで働いて、9月に入ったら(まだいつかは分からないけど)中国に帰るそうです。その間は、韓ちゃんが連絡を入れるから私からは一切連絡するなということでした。
まあ、好きにしたらいいですよ。
どうせ私がかけても、ブタ女の手前電話に出ることもしないでしょうから。
前帰った時の携帯電話は、ブタ女の手元にあるようだし。
たまに、その携帯鳴らして、中国語のメッセージを聞いたりしてます。
何言ってるかわかりませんけど^^

韓ちゃんが中国に帰ったら、また過去の日記でもUPさせようかな~って思っています。

今日はお盆休み最後の日で、仕事のほうはメッチャ忙しかったです。
疲れた体をマッサージで癒して明日からの仕事に…って考える人の多いこと多いこと。
午前中に、5時までの予約で埋まりました。
1時間の休憩(30分を2回に分けて)除いて、揉みっぱなしでした。
指が痛いですw
ベッドいっぱいの巨漢の方には特別料金頂きたいくらいです。
明日を乗り切れば火曜日は休み。
やらなければいけないもう一つの仕事が残っています。
韓ちゃんから行くわって連絡がこないことを願ってます。断れない自分が分かっているので、来たら時間のやりくりをどうするか考え中です。ゲームさせておけばいいんだろうけど~。
| 日常生活 | COM(6) |
2008-08-15 (Fri)
今までリンクを張らせていただいていた2つをこのたび解除させていただきました。
一つは、長らくブログで楽しませていただいていたのですが、今回辞められるということなので。
私としてはとても残念でなりませんが、これからのご多幸を祈りつつ、解除させていただきました。

もう一つは、初期のころコメントで男心というものを教えていただいたイケメンさんのものですが、なぜか急にエラーで読めなくなってしまったので、致し方なく解除させていただきました。

今までのお付き合いありがとうございました。
コメントはいつでも受け付けますので、よろしかったらまた遊びに来てくださいね。
| 日常生活 | COM(0) |
2008-08-14 (Thu)
2ちゃんに誰かがわざわざ悪意の投稿をしてくださったようです。
おかげでその日の訪問数は多くなりました。
でも、ほかの人に相手にされておりませんでした。
日付、投稿時間を考えますと、明らかにうちにコメント残した直後に書き込んでいらっしゃるようで。

人の不幸が楽しいとおっしゃったあなた、ただ見るだけでは飽き足らず、自ら、不幸に落とす行為を実行なさるとは…まったく悲しい人としか思えませんね。
私に何かうらみがあるのでしょうか?
もしかしてあなたが書いたブロガーさんのお一人なのでしょうか?
そういえば、2ちゃんをよく見ると言っていたブロガーさんもいましたっけ。
そのお仲間の方でしょうか?

いずれにしても、お気の毒な方としか思えません。


私のことが気に入らないならのぞきに来ていただかなくてもいいですけど!
そっとしといてくださいな。


お盆でも、通常の休みしかない私。
韓ちゃんは相変わらず、ゲームをしに帰ってきます。
また記事UPします。
| 日常生活 | COM(29) |
2008-08-08 (Fri)
報告が遅くなってしまいました。

火曜日、5日に、韓ちゃんはまた家に来ました。事前にメールで行くから迎えに来てほしいと連絡がありました。
私は、先日の話が途中だったから、韓ちゃんはその話の続きをしに来るのかと思っていました。それで、のこのこ迎えに行きました。

で、車に乗った第一声が・・・・・・・・


「携帯って番号変えずに新しくするのって高いかな?」でした。
韓ちゃんの意図にピンときた私は多少不機嫌そうに答えました。
「まだ2年のローンの残金があるのにどうして携帯を変える必要があるの。」
「1年も使えば古いじゃん」
「・・・・・・・・」

「車がいいかな?バイクがいいかな?」
「・・・・・・・・」

韓ちゃんからのビザ更新がしたいんだって言う意思表示。

家に着いてからも、いつものようにゲーム・ゲーム・ゲーム。
朝、11時から仕事で、終わったのが1時で、それから寝ないで朝10時までゲームは続きました。
ゲームをする傍らで、ゲームをする韓ちゃんの隣で、時々目をつむって寝てたりしていたけど、結局ぐっと眠れず何度も目を覚まし、たわいのない話をしながら朝になりました。

この日は、運動もしないでひたすらゲーム三昧。
先週の戦いが尾を引いていること二人とも分かっているので、韓ちゃんは運動も言いださないままゲームに徹していました。

朝10時にコーヒー、それもアイスがほしいというので作っていると、その間にゲームは切られ、布団の中で韓ちゃんは目を閉じていました。
「どういうこと?コーヒー作ってと言っておきながら寝てるのは。飲まないの?」
「後で飲むわ」

その後、コーヒーを飲むことなく韓ちゃんは無防備に眠ってしまいました。

3時間半後、ガバット起きたかと思ったら
「帰るわ。帰って寝るわ」
「寝るわって今まで寝ていたじゃない。まだ眠たいだろうからゆっくり寝ていたらいいよ」
「シャワー浴びて。出かけるぞ。あ~、途中で銀行に寄って。まだ今月お金渡してなかったからあげるわ」

シャワーは浴びません。運動しようって言われるのがいやだったから。

服を着替えて二人で玄関まで行ったら郵便受けにハガキがありました。
私はとっさに入管からのハガキだと思いました。
先日、入管に更新の手続きに行ってから1週間。早ければ1週間から2週間ほどで届きますって職員の人が言っていた。

コメントで書いたように私は更新するにあたってすごく考えました。
仕事中も考えながら仕事をしている有様でした。
会社の先輩にも話を聞いてもらいました。ステーキを食べさせてくれたり、いつも体を心配してマッサージをしてくれる先輩です。「別れなさい。それが一番いい。またいい人に出会えるよ。hamさんは幸せになれる人だよ。韓ちゃんにはもったいない」そう言って私の肩を揉んでくれました。
でも、自分でもどうするのが一番いいか答えを出せずにいました。
あれだけ酷い韓ちゃんを見てもまだ答えを出せずにいました。
心底嫌いになれずにいました。
私が韓ちゃんを好きな自分を知っているから、中国女を好きな韓ちゃんの気持ちもわかる。

そして、私は、こうなったら恨みっこなしで天に任せようと思いました。
入管からのハガキが、火曜日に届いたら手続きに行こう。
入管は1週間から2週間かかると言った。
その最初の火曜日にもしハガキが来たら、それは神様が更新しなさいと言っているのだと。
確率的には1/14。
もし火曜日に来なければ、入管に電話で事実を告げようと・・・。

そして、ハガキは来ました。
私はポストから取り出し、韓ちゃんに渡しました。
「どうするの?」
「今何時?まだ間に合う?すぐに行きましょう。銀行に寄って、寮にカバン取りに行って入管に行きましょう。あ~どうしてパスポート持ってこなかったか。まだ間に合うよね?」
まるで私が行くのを拒否するのを恐れるように、半ば強引な口調でした。
そして、その反面、情けないほど不安な顔でした。

私は、ただ「早かったね」とだけ言って車を発車させました。
韓ちゃんは知らない。私がどれだけ悩んだかなんて。
今日ハガキが来なかったら、入管に電話するつもりでいたことも何も知らない。



名古屋の入管は今年の4月に港区に新しく建てて、移転しました。
先週は、ちょうど入り口にバスが止まって入るところが分からなくて素通りしてしまい、グルグルと入り口を探してしまったけど、2回目だったからすんなり行けました。
コンビニで4000円の収入印紙を購入して、ハガキとパスポートを窓口9番に提出。番号を呼ばれたら印紙を貼って、少し待っていたら、パスポートに在留資格更新のシールが貼られて終わり。
あっけなく終わり。終了。手続き完了。

在留期間は3年。

それにしてもこの1週間、入管からは何の問い合わせの電話もなく、たぶん偽装かどうかの調査なんてしなくて、事務的に処理されただけのよう。
こんなやり方してるから、偽装がまかり通るのだわなんて、それに加担しているような私が言うことじゃないかもしれないけど、ちょっと残念だった。お役所仕事にがっかりもした。

わたしは天に任せてそれに従った。
それが良かったのか悪かったのかは、この先どうなるのか分からないのだから、考えても仕方がないことなんだろうけど、任せたからには乗ってどこまでも行こうって思ってます。

韓ちゃんはそのまま帰りたかったかもしれないけど、「こういう日にはお肉でも食べて、たとえばステーキとか、お祝いしなきゃならないんじゃないの?それとも眠いから帰る?」という私に、「家にもどりゃあ」って言ったん。

家に帰ってから、韓ちゃんは再びゲーム開始。私は買い物。銀行から下ろして手渡されたお金は2万円。そのうち1万円は携帯代。残りの1万円でガソリンを入れ材料を買ったら残りはほんのわずかになった。

食事の後、韓ちゃんに求められるまま運動したわ。韓ちゃんの気持ちもわかったから^^
私にとっては大事な静粛な儀式として。
韓ちゃんにとっては、おざなりな儀式として^^

私が韓ちゃんのこと嫌でたまらなくなるまで、付き合ってあげるわ。
でも、たまに中国女に電話をしてしまうかも。

それについては韓ちゃんは、「俺が何を言ってもhamはしたいならするのだろうから好きにしや~」って言った。

そうだね、私はこうして切り札持っているんだって思ったら、何もいつも韓ちゃんの言いなりにならなくてもいいって思えてきた。でも、たぶん自分から切り札使わないと思うけどね。

でも、本当に電話をしたら、たぶん自分の言ったことなど忘れて、また私を攻め立てると思う。
私は忘れないためにこうして文字にして残すだけ。
文字にして残さなくても忘れたりはしないけどね^^

正直、愛情の他に憎しみの感情も加わった。
愛情と憎しみは隣り合わせなんだって実感している。


皆さん、ご心配おかけしました。
いただいたコメントには、思わず涙するものもありましたが、更新手続きが済んでからそれを読んだので、よかったとしか言えません。

これからもまだまだ苦しいこといっぱいあるでしょう。また、日記に綴っていきたいと思います。
いい加減にせ~よって思われた方もいるでしょう。
特に、以前仲良くしていただいていた、今はすっかり疎遠になった方々のバ~カっていう言葉が聞こえてきそうですが、自分で決めたこと、楽しんで3年間やっていきたいです。
その後のことはその時に考えるとして。

とりあえず、おバカなワタクシ、韓ちゃんと更新手続き完了しましたw

Yさん、Jさん、Rさん、お元気でまだ裏で仲良ししていますか?今は時々盛り上がった日々のこと思い出しています。あなたたちを忘れるようにはなかなか韓ちゃんを忘れられそうもありません。
…って、関係のない話は別として、


もう一度書きます。
とりあえず、おバカなワタクシ、韓ちゃんと更新手続き完了しましたw



| 日常生活 | COM(35) |
2008-08-08 (Fri)
皆さん、ご心配おかけしました。

とりあえず、韓ちゃんの言い分から。コメントで少し書きましたが。

そもそも日本に来たのは私が誘ったからというのが韓ちゃんの言い分。
これについては、韓ちゃんの誤解が大きいのだが、決してそれを認めず、私が利用してもよいと言ったと言い張っていた。何度話してもこの点は譲らず。そう言わないと自分が最初から私をだましたと認めることになるので、だと思う。
このことについては過去の記事で書いているので省略しますが、自分は、偽装だと思うからこそ私と結婚したんだと、だから、中国に好きな女がいてその女に金を作るのも、私が韓ちゃんを好きであれこれしてすることについても(されることについて)何の罪の意識もない、罪悪感は感じない。

以下、韓ちゃんが話したこと思い出して書いてみる。順不同。分かり辛いかもしれないけど。

夫としての役割は俺には求めないで。
生活費も渡す気もないし。
中国の女についても何も干渉しないで。
中国の女に電話をして、今のhamとの生活…1週間に1度逢って性生活もあって楽しく暮らしているということを中国女の耳にいれたくない。
もしそれがばれたら俺は中国女に別れを切り出される。
hamが自分を好きなように、俺は中国女が好きだ、別れたくない。


うぅぅ~書いてて情けないぞ!

hamさえ今の生活を続けると言えば、楽しい時間が持てる。俺はこれからも今の生活を続けたい。日本で金を稼ぎたい。中国女の生活もそれで助けてあげたい。
中国女には今後電話をしてhamが自分が妻だという主張もしないでほしい。
中国女は、hamとは書類上の偽装結婚だという俺の話を聞いて信じている。だから、何も知らない中国女に本当のことを話さないほうがいい。知らぬが仏と言うだろう。
hamの場合はたまたまばれちゃっただけで、最初から中国女の存在は言うつもりもなかった。
中国女の存在が分かってからもhamは俺のことを許して今まで生活を送ってきた。だからこれからもそうしてほしい。
もし中国女にまた電話をしてhamと俺の関係をばらすなら、それで中国女と別れてしまったらhamとも別れる。それでもいいのか。自分と別れたいのか。俺のことが好きじゃないのか。
hamは中国女に感謝したほうがいい。
俺が日本に来て浮気しないのは、中国女に悪いと思うからこそ。決してhamのためじゃない。
もし中国女がいなかったら俺は日本の女と遊びまくっている。
俺がほかの女と遊ばないのはhamにとっては嬉しいこと。だから、hamは中国女に感謝したほうがいい。

ここまで読んで腹が立つった人、ごめんなさい。

これらの一つ一つに反論したけど、どこまで話を理解したのか分からない。

コメントにも書いたけど、中国女にすべて本当のことを話してほしいと訴えました。

すべて話した上で、中国女が韓ちゃんを許し、別れない選択をするのなら、それが中国女の韓ちゃんに対する本物の愛情じゃないの?もし別れると言って韓ちゃんを切るのなら、そこまで愛してないってことじゃない?私が電話をして、それで中国女と韓ちゃんが別れると言うのなら毎日でもどんどん電話をしてあげるわ。私は別れてほしいんだから。

もしそんなことして、中国女が事実を知ってしまったら俺たちは100%別れる。俺が捨てられる。俺が中国女と別れたら俺はhamを許さない。だからhamとも別れる。それでもいいのか?

どうして話もしないうちからそうやって100%別れるなんてわかるの?私が中国女の存在を受け入れたように中国女が本当に韓ちゃんを好きなら受け入れることだってあるじゃない?それにそれは脅しなの?

受け入れるなんて絶対にない。これは別れが100%だよ。だから、hamに頼んでいるんだから。どうしてわからないの?

韓ちゃんって頭いいと思っていたけど、ホントに馬鹿だね。
考えてみて。
私が電話して中国女が怒って韓ちゃんと別れて、韓ちゃんが怒って私と別れる。もし別れたら、私は今迄のことすべて中国女に話するわ、言葉が分からないから、知り合いの朝鮮族の人に通訳頼んで、手紙を書いてもいいし、電話でもいいし、中国に言って直接話してもいいし。
私と別れて、まだ中国女とやり直せると思っているのならそれは甘い考えだわね。どっちにしろ用なしで捨てたりしたら、その時は韓ちゃんは中国女と別れなきゃならないってこと。
中国女が私の存在を受け入れないで別れが100%なら、確実にそうなるわ。
どっちに転んでも、あなたは私と結婚した以上は、今後私を捨てて中国女と結婚したいと思っていても、できないってこと理解できる?私たちが別れるときは韓ちゃんは中国女と別れるときなんだもん。


わかってないな。
もし俺が中国女と別れて、それでもhamとは別れないとしても、中国女じゃなくてほかの女作るわ。ガンガン遊ぶわ。その度に、またhamは苦しまなきゃならなくなるのに、それなら今許して何も知らないふりをすればいいのに、それでもいいのか?中国女はhamにとっても悪い存在じゃないって、どうしてわからないの。

それに、どうして、今日はそんなに強気なの?そんなに俺を困らせたいの?中国女からも言われてhamからも言われて、おまけにオカンからも言われて。

お母さんが何をいうの?

頼むから早く死んでくれって。お前のような人間は早く死ねって。自分が生んだんだから自分が生きてるうちにお前が死んでくれたほうがいいって。


こうやって、寝ないで話し続けていても、話は途中で結論が出ないまま。
韓ちゃんは帰って行きました。


| 日常生活 | COM(2) |
2008-08-03 (Sun)
昨日の昼、中国の韓ちゃんの家に電話してみた。
中国の家にはブタ女は住んでいないと韓ちゃんが言うから、かけてみて誰かが出るのかどうか急に思い立ってダイヤルをまわした。それとも、すでに電話を誰かに売って他の人が使っているのか・・・。
呼び出し音はするけど誰も出ない。答えが出ないまま、別にそれもたいしたことじゃないと電話したことすらもう忘れていた。

夜中、1時に韓ちゃんから電話。
「寝てたの?」
「起きてるよ」
「だったら駅まで迎えにきて」
「明日仕事でしょ?休みじゃないでしょ?」
「明日は遅く行けばいいから、迎えにきて」
ゲームがまたしたくてたまらなくなったのかと思って、迎えに行った。
鍵を渡して私はさっさと寝て仕事に出かければいいと思って。

家に着いて、すぐにゲームを始めた韓ちゃんをしばらく眺めて、「寝るわ」と一人で布団に入った。
「寝るの?しないの?」運動のこと
「どっちでもいいよ」
「そう?」
しばらく韓ちゃんはゲームをしてて、私は眠ろうとしていたんだけど「するわ」って言って、結局運動の時間となってしまった。
それから仕事のことも考えて眠ろうとしたんだけど・・・。
「寝るの?」ってまた聞いてきた。
私は、これはコーヒーがほしいってことかなって思って聞いたら、飲むというのでコーヒー淹れて韓ちゃんの隣でゲーム見ながら飲んでいた。

ゲームしながら韓ちゃんがさりげなく聞いてきた。
「中国に電話したの?彼女のとこ」
昼間かけた電話のことはすぐには思い出せず、思い出してからも私がかけたのはブタ女のところじゃないはず。だって、マンションに女は住んでないって言っていたから、って思った。それに、たまたまその日は中国のMさんとやっと連絡が取れてメッセで1時間半ほど話したので、そのことかなって思って、
「かけてないよ。あ~中国にはかけたよ。Mさんに」って答えたん。

話をはしょると、つまりこういうことらしい。
ブタ女から、私から電話があることで、韓ちゃんがブタ女に話している偽装結婚だという説明を信じているブタ女が疑問を感じ始めた。で、韓ちゃんを問い詰めて、もし日本で偽装結婚じゃなかったら別れ話の勢いで追及されたらしい。
これは、あくまで私の想像。韓ちゃんの話をつなぎ合わせるとどうもそういうことみたい。

「お願いだからもうしないで。もし今度hamが電話したら俺たちは別れちゃうよ」
これにカチンときた私は反撃に出た。
今まで言いたくても言えず、言葉を飲み込んでいた分、話すことは山のようにあった。
私はこれについては「うん、わかった。もうかけない」って、どうしても言えなかった。

言えない理由を静かに言葉を選びながら冷静に韓ちゃんに伝えた。
でも、韓ちゃんは韓ちゃんの言い分を言い、結局話は答えを出す前に終わりとなった。


その言い分については、もう会社に行かなきゃダメなので、またあとで書きます。
とうとう一睡もできなかった。
それでは、行ってきます。

| 日常生活 | COM(14) |
2008-08-01 (Fri)
送別会はナシになったそうです。
ど~も、その言い方が突き放すようだったので、聞いてみました。

「ねえ、そのおばさんが辞めるのって、ひょっとして誰かとケンカしたん?韓ちゃんとだったりして」

「もともとの辞める理由は俺とは関係ないけど、今日、はっきり言ってやったわ」

「それって、韓ちゃんとケンカしたってこと?」

「ううん、けんかじゃないよ」

「何を言ったの?」

「仕事中に、受付にいながら化粧はする、携帯電話かけまくってる、お客さん無視して本を読んでる、暇なときでも、お客さんの呼び込みもしない、ただぼ~っとしてるだけ、お客に対する態度が悪い…こういうこと、うちの会社が入っている温泉側からも前から何度も注意受けているのに、全然直す気がないんだもんね。それで、口ではもうやめるって2週間前に社長にも言ってたから、みんなの足を引っ張るなら辞めてもらったほうがいいって思ってたけど、8月の予定表に、まだ自分の名前書き込んでるから、俺、キレちゃったもんね」

うんうん…って相槌入れながら、口を挟まずに聞いていた。

「やめる辞めるって口ばっかりで、辞めるんなら早く辞めや~。辞めないんだったら、その勤務態度を何とかしや~…そう言ってやったんだもん」

「仕事中に、しかもお客さんが通る受付でそれはだめだよね。仕事が減ったのはおばさんのせいもあるかもね」

「それはそうだよ。あの人が来てからすごく仕事が減ったもんね」

「そうなの?マッサージのほうはどうだったの?上手じゃなかった?」

「下手くそ!クレームもいっぱいあって、お客も減ったわ。それでも、仕事は俺たちと一緒なだけしたいんだもん。私は国に二人の子供がいるから仕送りしなきゃダメだからって。だれでも、日本に金稼ぎに来てるんだから、みんな金がほしい人ばかりじゃん。おばさんだけじゃない、俺だってそうだよ。金稼ぎたかったら、温泉側からクレームが来てる仕事態度を直さなきゃダメじゃん。それもしないで、ほかの人に迷惑かけて話が通らんじゃん」

「うんうん、それはそうだね」

「自分のことしか考えてないっていうかさ、アカスリさんとも仲が悪くて、部屋に3人住んでいるのに、あの人だけ別で食事するらしい。もともとは、アカスリさんとうまくできないからやめるって話だったのに、言うばっかでちっとも辞めないからさ。俺が言ってやったわ」

おばさんはすごく怒って、その場で社長に電話を入れたらしいです。
アカスリさんと仲が悪いってことに関しては、韓ちゃんが若いアカスリさんの話だけ聞いてって事も考えられるけど、仕事態度云々の話聞く限りでは、おばさんの態度に問題アリです。

韓ちゃんには内緒だけど、私、おばさんにマッサージやってもらったことがあるの。
韓ちゃんを寮に送って行って、その足で温泉に行ってやってもらったの。
だから、韓ちゃんに聞くまでもなく、おばさんのマッサージが下手なことも知っていたん。
ついでに、同室の男の人にもやってもらったんだけど、まあこの人もたいしたことなかった。
韓ちゃんみたいに上手じゃなかった。
これじゃあ、客が遠のくわな~ってのが正直な感想。
でも、これは韓ちゃんには内緒の話。
私がその温泉に行くこと自体すごく嫌がっているんだからね。
でも、もともと、その温泉には私は通っていたんだから、行って何が悪いの?って、でも、韓ちゃんがいる時にはさすがに行く勇気がなくて内緒でこそこそ行ってたん。

韓ちゃんの言い方はおばさんにとってはグサっとくる言い方だったかもしれないですが、確かに言ってることはごもっとも!です。
自分の私に対する態度はちっとも理にかなったことではないですが、この件に関しては、ホントだね~って頷いてしまう。

こういうはっきりした考え方の韓ちゃんもまた私が好きな一面なのです。
私に対しても、それだけの常識ある考え方してくれたらもっといいのにね。

おばさんは、韓ちゃんが休みだった昨日は出勤で、今日から辞めたそうです。
やめてくれてよかったわと言ってました。
社長さんからも韓ちゃんは何もお咎めナシだったようです。
| 日常生活 | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。