12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-31 (Tue)
連日マッサージを受け、軽くなったと思いきや、ドカ~ンと腰に来てしまった。
日・月・火・水・日と、先週はマッサージ三昧だったからあまりにほぐしすぎたらしい><
ネットの前で、だらだら座っていたのも原因かも知れない。
悲しいかなヘルニア持ちは、些細なことでバランスが崩れたらこの有様。
しばらく様子を見ることにします。

昨日は、また韓ちゃんに頭に来ることがあり、ただ今携帯を着信拒否中♪
まあ、元はと言えば私がもうしになさい(漢字は使わなかった)とメールしたことに、怒って電話をかけてきていや~な言葉を投げかけられたわけなんだけど、しばらく話したくない気分なのでね。

今日は用事を済ませたら、家に引きこもって日韓中のドラマでも見るかな。
朝から嫌な電話を受けたもんだから(韓ちゃんがらみじゃないよ)余計に気分がめいってしまった。
復活したら、また更新します。 >> ReadMore
スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(4) |
2009-03-30 (Mon)
韓ちゃんのもやってみました。
「初恋の人からの手紙」


初恋の人から韓さんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

韓、ひさしぶり。
今でもデートのたびに水筒を持っていますか?当時、おばちゃんみたいだった韓をなつかしく思います。

泣きじゃくる私に天真爛漫な韓が「女だって顔だけじゃないから新しい彼氏できるよ!」と慰めてお別れすることになったあの日から、もう20年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたら韓からの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

思い返してみると、あのころは韓はとても優しくて、大人びていたなぁと思います。私は素直になれなかったから、平気で「韓はどうせ胸さえ大きければいいんだよね!」なんて責めるようなことを言ったけど、韓は「そんなことはないよ。カラダ全体が大事だよ」って優しく諭してくれたのを覚えています。少しヒドイと思ったけれど今でも心に響いています。

確かあのとき、私にとっては5人目の彼氏かなにかで、韓にとっては初恋だったんですよね。最初のころの韓はやけに馴れ馴れしくて、初デートからいきなりキスしようとしていましたよね。「付き合えばキスしていいんじゃないの?」って(笑)。

告白のとき、韓は「おれにはおまえ以外の女はいらない」って言ってくれましたよね。私もあのころ同じ気持ちだったし、とても嬉しい気持ちなりました。その言葉、本当だったらよかったんですけどね。

私は韓と付き合えてよかったなぁと思っています。ストレスを感じたときに、まるで何事もなかったかのように自分をコントロールするのも、韓のおかげで得意になりました。どうもありがとう。

いろいろ書きましたが、私は韓のことがそれでも好きでした。これからも韓らしくいられるよう、そしてたまにはスーパー以外で洋服を買って(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 愛と恋の違いを熱く語る病気はもう治りましたか?



そして、分析です。

韓さんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【短評】
素直な性格で母性本能をくすぐるタイプ。ただし性的魅力に欠け、女性をドキドキさせない。また考え方は子供っぽい。
【あなたの恋愛事情を考察】
韓さんは基本的に、明るい子供のような人なのだと思われます。卑屈さなどを感じさせない明るい性格は好感を持たれますが、女性によっては「いい友達」止まりであり、「好きな人はまた別」と思われてしまう可能性があります。

韓さんには男性的なところがあまりなく、頑固なわりにあまりに主体性はなく、女性からするとただの意固地なお子様に見えるときがあるのでしょう。明るい性格はそのままに、女性を包むような、ナイト(騎士)への昇格が期待されています。

ここから言える、韓さんにありそうな問題点を列挙します。

◆女性と友達のような関係になり、恋愛に発展しにくい。
◆いざ付き合い喧嘩になると頑固だが、言うことが子供っぽい。余裕がなく成熟度も足りない。
◆女性から「子供じゃなくて頼れる彼氏がほしい」と思われやすい。



質問に韓ちゃんならどう答えるかな?って想像してやったから、実際の韓ちゃんの答えとは違うかもしれないけど、ほぼ当たっている気がします。
どうでしょう!?
| 日常生活 | COM(0) |
2009-03-30 (Mon)
初恋の人からhamさんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------


ham、元気?
今でも血液型で性格が決まると思い込んでいますか?本気でB型はマイペースだと言っていたhamがなつかしいです。

別れたくないおれに、hamが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と言いつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう35年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。hamに名前が似てる犬がいて、ふとなつかしくなったから、たまには思いついたままに何か書いてみようと思っただけ。ふふ。

今思うと、うちらの恋愛ってひどかったなぁと思います(汗)。あのころおれはわりと嫉妬深くて、男子とよく話すhamにいつも文句を言っていたけれど、hamは平気で「だったら女子に頼んでおくから自由に話せばいいでしょ」とおれに言い返していましたね。hamの言うことはいつも正論すぎて、黙らされたのをよく覚えています。

そういえばhamにとって、おれって初恋かな?なんだか普段からやけにツンツンしているわりに、恋愛になるとぎこちなくなっていたイメージがあります。もはやあんなウブさはないんだろうけど(笑)。

まだ付き合い始めのラブラブだったころ、hamは「もう彼氏は人生に一人いれば充分」などと言っていましたよね。嘘つけと思ったけど、嬉しかったなぁ・・・。ま、結果を見てみても、完全に嘘だったけど(笑)。

総括して言えば、おれはhamと付き合えてよかったと思っています。振り回されたけど、そのおかげで忍耐力もついたし、言いたいことを封じ込める技も身に付きました。

いろいろ書いたけど、おれはそんなhamのことが好きでした。これからもhamらしくいられるよう、あと、当時本気でやっていた深夜ラジオへの投稿も続けて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. hamがくれた霊魂が宿るとかいう石、そろそろ捨てていいですか?





いや~もうびっくりです@@
なぜ?見てきたように?なぜわかってしまうのよ~。
35年前ということは・・私は15歳…初恋の時期もなぜわかってしまうの?
深夜番組への投稿といい、石のことといい、怖いくらいです。でも、石捨てるなんてひどいわW
この手紙くれた人って実在するアノ人なんでしょうか?ってなぐらい心当たりがある手紙でした^^



そして、私がどう分析されたのかはこちらです。


hamさんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【短評】
しっかり者で、男性を守る側になることも。相手の気持ちに配慮もできて精神的にタフ。弱味を見せないところがある。
【あなたの恋愛事情を考察】
hamさんは、よく「付き合った男性がみんな弱っていく」などと感じませんか?または、長く付き合ううちに「私はあなたの母親じゃない」と言いたくなることはありませんか?逆に、hamさん自身が甘える場面というのは少ないのではないでしょうか。

基本的にはhamさんは、わりと恋愛では「強い」ほうだと思います。周りの人からは、悩み事がないかのように思われる可能性もあります。確かに精神的には比較的タフだとは思われますが、一方で、そういう役割にばかり追われると、もっと子供のように甘えたい気持ちが内側に蓄積するものです。

素直さや隙がないために、相手がhamさんをどう愛していいのか、どこをとっかかりとして幸せにしていいのか、よく分からないことでしょう。そして相手男性が弱くなっていくか、逆に針が振れて、自分に振り向かないほどの男性(彼女持ちとか)をいつのまにか選んでしまう可能性もあります。

ここから言える、hamさんにありそうな問題点を列挙します。

◆自由人でしっかり者だが、男性からしてみると近寄りがたい。
◆なぜか少し弱々しい男性に好かれる。そしてドキドキできない。
◆素直に甘えられる(ドキドキできる)男性を求めると、しんどい恋愛に変わる。




たぶん、これ読んだらみんな納得って言うだろうね^^
あとで、韓ちゃんのもやってみよう。
まだこれやってない人は「初恋の人からの手紙」で検索かけてお楽しみくださいね。
(勝手にURL貼って良いか分かんないから)

| 日常生活 | COM(0) |
2009-03-27 (Fri)
車中、嬉しそうに話すのは、前日の日韓の野球の話。WBCね。

「いや~、イチローはすごい!!!」
「え~観てたの?仕事は?あ~お客さんも野球観ないかんからマッサージに来るお客はいないか」
「温泉に来るお客は多いけど、みんなテレビの前で応援するんだもんね。それに、そんなときにマッサージしに来たら、俺が怒っちゃうよ。なんでこんなときにマッサージ来るの。あとにしてって。」
「と言うことは、韓ちゃんも一緒に温泉のテレビ観てたってこと?」
「それはそうだよ。あったり前じゃん。田舎だから、あんまうるさくないからいいんだよ」
「あはは。でもいい試合だったよね。ダルちゃんが出てきたときはやばいって思ったけどさ。やっぱ、世界のイチローだよね。ホント頼りになるわ」
「俺だって、世界の韓ちゃんだよ~。それでもね、腹が立つのはイチローがあれだけ活躍したのにMVPにならんかったってこと」

こんな調子で野球の話やら相撲の話やらあれやこれや話しながら、向う先はAUの携帯ショップ。
目的は、家族割の手続きと、韓ちゃんの携帯がEメールは受信するのに送れない原因を探してもらうため。
でも、お腹もすいたと言うので先にお寿司を食べようと思ったんだけど、店で食べるのは嫌だと言い張る韓ちゃん。落ち着かないんだって。家でゆっくり食べたいんだって。

ペコペコお腹に我慢しながら携帯ショップで用を済ませ(約1時間くらいかかった)、やっと寿司屋へ。
お持ち帰りは30分待ち><
車内で待つ韓ちゃんに電話で聞いたらそれでも待つと言う。店内では食べないと言う。
注文をして、私も車に戻った。

そしたら韓ちゃんの携帯が鳴った。漏れ聞こえてくるのは韓国語を話す女の人。
そして、また一つ用事が増えた。
銀行へ行かなきゃならなくなった。

出来上がった寿司を受け取って、韓ちゃんからもらったお金で支払いを済ませて、今度は銀行へ。
銀行の駐車場が空きがなくてここでも待たされた。韓ちゃんは先に銀行へ行ってもらった。
私が銀行に入った直後、銀行の窓口側のシャッターが下りた。
ペコペコお腹を満たすまであとどれくらい?

やっと家に帰って急いで遅い昼ごはんを食べた。
食後のコーヒーを飲みながら、韓ちゃんはゲームを始めた。

ゲームは少ししただけで振り向いて言った。顔は笑っている。
「今から風呂入ろうか。昨日入らなかったし。それからえっちして・・・。あ、それともえっちが先のほうがいい?」
「いや、それはいいです。でも、とりあえずお風呂入って」
お風呂のスイッチを入れに行く。
「あとでね、俺にマッサージやって頂戴。1時間ね。そのあとで俺が30分やってあげるから」
「ちょっと待って~。どうして韓ちゃんが60分で私が30分なわけ?先に韓ちゃんが私を60分やって頂戴~。私が30分してあげるから」
「何小賢しいこと言ってるの。時間があまりないんだからさ。7時にはここを出ないとダメでしょ?」
「もう~小賢しいのは韓ちゃんじゃん。いつも私が損するね~」
さあ、風呂に入ろうかって時に、韓ちゃんの携帯が鳴った。
また韓国語の女の人。

「韓ちゃんってさ~、女の人からしか電話かかって来んね」
でも、そんな厭味も通じず、説明してくれた。
今度入ってきたアカスリさんからで、今日は歓迎の食事会らしい。
さっき食べたばかりだから夜ご飯どうするのかと思っていたけど、作らなくてもいいらしい。
結婚記念日だから、お肉は用意していたんだけどな・・・。


でもって、さあ、風呂に入り終わってえっちしようかってなった時、またまた韓ちゃんの電話が鳴った。バイブの音がやけに長く、なぜか韓ちゃんもなかなか電話に出ない。ただ携帯をじっと見つめているだけ。
?????
「電話かけてもいい?」
「どうして電話に出ないの?こっちからかけたら電話代がかかるじゃん」
「こっちがかけないとダメだからさ」
「???・・・・・・・」
「だから…中国にかけるんだからさ・・・」
「何?中国女からの電話だったの?」
「うん、だからhamに電話かけてもいいか聞くじゃん」
「ダメと言ってもかけるじゃん。さっさとかけたらいいでしょ!」
部屋を出ていこうとする韓ちゃん。
「別に、ここで話しても言葉が分からんから、出てかなくてもここでかけたらいいじゃん」
それでも違う部屋に電話をかけに行った。声は聞こえない。
でも、案外早く電話を終えて戻ってきた。
お互いが気まずい雰囲気。
私もずっと無言でいた。

別に普通に電話かけてくるわって言えば済むものをどうしてわざわざブタ女からの電話だと私に言う必要があるの?そうやって私を苦しめるのが好きなの?ふざけんじゃないわよ、まったく!
…そんな気持ちでただ無言でいたん。別に泣いてもいないし、声を出して怒って責めているんでもない。でも、韓ちゃんは自分の後ろめたさからこう言った。

「俺は、電話かけてもいいかって聞いたよ。それでかけたのにどうしてそんな顔してるの?そんな怒ったような顔して。どうして楽しい顔ができないの?こっちまで気分が悪くなるでしょ?」
「こういう状況で、どうして楽しく笑っていられると思うの?そっちのほうがおかしくない?嫌な気分だからこういう顔になるじゃん。電話をかけてもいいと言ったから、だから私がそれを怒ってないってことにはならんでしょ。別問題」
「そうなの?」


いつも思うんだけど、この考え方の違いはどこからくるんでしょう。いつまでたっても理解できません。


「さ~早くえっちしよう。時間がないよ~」
ごろりと横になってスタンバっている韓ちゃん。
「この前すごく痛かったからいやだわ」
「この前は俺もすごく痛かったよ。今日はどうかな?今日もラーメンできるように頑張るからさ。早く用意して~」
しかたなくゼリーを手にとり、韓ちゃんに塗っていると
「どうしてもう塗っちゃうの?最近サービスが悪いんじゃない?俺はアレしてもらうのがすごく楽しみで来てるのにさ。ちゃんとやって~」
「何よ。自分ばかりサービスしてって。私なんか一度もサービスもらったことがないじゃん」
「あとでマッサージしてあげるからっ。これが俺のサービスだよ」
「何言ってるの。私も韓ちゃんにマッサージするじゃん。しかも30分多くだよ。ホントにずるくない?」

で、結局無駄な抵抗は諦めていつものように運動開始。
今回はゼリーの量を多めにしたからか、痛くはなかったけど、感じることもなかった。
でも、眠ってないせいか疲れているからか、時間はラーメンが作れたかな^^
よくブタ女に電話した後で、こうやって抱けるもんだなって変に感心するよ。
さっきの電話のときに

「저기~ 아직~? 알몸이니까 추워요~~~」  
って叫んでやったらよかったかしら。
合ってる?自信がないから言えやんかったってのもある。

注;「ねえ~まだ~?裸だから寒いわ~」(携帯だと文字が出ないんですね。追加しました)





で、終わったらすぐ、マッサージベッドへ移動して。ちゃんとしたマッサージ開始。
今回、私のマッサージを受けた韓ちゃんは、途中からスヤスヤ寝息を立てて眠り始めた。
涎まで垂らしてさ。
終わって、まだ眠っていたそうにしてたけど、約束は約束!きっちり私もマッサージしてもらったわ。
やっぱり韓ちゃんのマッサージはよく効くわ。
嫌なこともあったけど、まあ許してあげましょう!って、そんなに単純ではないけど、いつまでも怒っていても怒りじわが増えるだけだもんね。

時計を見たらホントに時間がなくて、急いで駅まで車をぶっ飛ばして行った。
何とかぎりぎり間に合った。
バイバイしてからすぐに韓ちゃんから電話。
「○○分のに乗るから。今日はありがとうね」




>> ReadMore
| 日常生活 | COM(0) |
2009-03-26 (Thu)
2週間ぶりに韓ちゃんが帰ってくる予定でしたが…待てども連絡もなし。
朝一番で、先回と同じ時間に来ると言っていたのに、10時を回っても電話もメールもありません。
しびれをきらかして電話をするもむなしく留守番に接続。もう~
もう一つのほうにも試しに入れましたが、こちらは電源が切られていました。きいぃ~
まったく、これだから韓ちゃんは信用できないんです。
それだったら、はじめから寝ないで行くよ~なんて言わなきゃいいんですよ!

じゃあ、お風呂に入ろうかなって思って、スイッチ入れて服を脱ぎかけたら………ピンポ~ン♪
えっ?自力でここまでっ?サプライズ?って思いながら玄関に駆け寄ると………母でした><

水曜日は、韓ちゃんが帰ってくるから家には来ないでよって言ってあったのに。

近所の人を誘って、うちでコーヒーが飲みたいと。
は~ん?なにゆえ?
しかし、韓ちゃんからは連絡がないし、まあいいか~と思って、ご近所さんの分と私の分のコーヒーを淹れまして早速お茶タイムとなりました。
母の分を用意しないのは、意地悪からではありません。
コーヒー飲まない人なんです。で、お茶も飲まない人なんです。
ジュースも一応勧めましたがいらないって。
それなのに、近所の人を誘って我が家に来たがるんですからね。
いつもは一人でさっさと上がりこんでくるんですが、今日は、韓ちゃんが来るから来ないでって言ってあったんで、来てるかどうか様子をみたいのもあって、無理やりご近所さんを誘いこんだと私は踏んでいるんですがね。ま、そんなとこでしょう。

お茶会が始まったらようやく韓ちゃんから電話が入りました。
「あ~あ~ごめん、寝てたわ。今起きたから今からそっち行くからさ」ってのを、まだ半分夢の中の声でむにゃむにゃむにゃ。

はいはいはい、そんなことだろうと思ってましたわ。

数分後、電車に乗ったら何時のに乗るか連絡してほしい旨メールしたら、「今、最寄り駅に着いたから10分後の電車に乗るから。体綺麗にして待っとって~」って甘えた声で電話がかかってきました。
だとしたら、30分後くらいに家を出ればいいかって思っていたら、2杯目を飲み終え、シュークリームを食べたご近所さんが、ごちそうさまっと席を立ったので、母も渋々立ち上がりました。
母に、「もうちょっとしたら韓ちゃん来るから顔出さんでよ」と言ったら、「なんで来るんだ」って。
「そりゃあ、休みだから家に帰ってくるんだが」
「・・・・・・・・」
「じゃあ、頼むよ」
「・・・・・・・・」さっさと自分の家に入って行きました。

それから猛スピードでお風呂に入って、お迎えの駅に向かいました。
まだ電車はついてなかったのでしばらく車の中で待って、やっと2週間目のご対面。

「おなかがぺこぺこだよ~」と暢気な韓ちゃんでした。

寝ないで6時くらいまでテレビを見ながら過ごし、ちょっと目をつむったら思わず寝てしまっていたようで、目が覚めたら私から電話が入っていたのであわててとび起き電話したと言っていました。


たぶん、そんな事だろうと思ってましたわ。
だったらいつも通り寝て、朝、私が電話して起こしてあげたのに。
でも、たぶん電話の音では起きないだろうけどね。

あ~長くなっちゃった。
続きはまた今度。
明日は、母を病院に連れていくし、2時からは大工さんが来るので、続きはそのあとにでも書きます。


もう~韓ちゃんは!って思った方、ここをぽちっとな~。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ



| 日常生活 | COM(4) |
2009-03-24 (Tue)
日頃お顔のお手入れはほとんどしない私が、これだけは気に入って使用しています。
それがこちら。↓

愛用パック

食べれる材料を使用して作られたパックです。黒砂糖のパックです。
知り合いの韓国人が帰省する度におねだりして買ってもらっていました。
値段もとてもお気に入り。

最近はネットでも買えるようになり大変満足しています。
つい、10個まとめ買いしちゃったところです。

URLが分かるように写真も少し大き目で載せました。


お風呂に入るときは、塩を体に塗って汗を出すのを好んでしていた時期もありましたが、今は、黒砂糖に替えました。
塩だとちょっと力を入れたりするとあとでヒリヒリってすることもあったけど、黒砂糖は、痛くないし、ツルツルになってすごくいい手触りなんですよ。
そしたら、ついこの前黒砂糖の石鹸を見つけて、今はその黒砂糖石鹸と、さらにお気に入りの『ゴートミルクソープ』…(原産国カナダ)をその時の気分で使用しています。


こちらは、そのさらにお気に入りの山羊のミルクの石鹸です。Goatって、山羊のことね。
匂いがちょっと癖があるけど、(使用しているのは微香料。私はそんなに嫌いじゃない)とにかく洗った後に大満足の逸品です。いつまでもしっとりなんです。冬場は特に重宝します。

ゴートミルクソープ


お風呂タイムで一番の楽しみが、こういった石鹸で体を綺麗にすること。
疲れが吹っ飛びます。
以前は入浴剤にはまっていたこともありましたが、今はこういった石鹸にはまっています。


で、あと、今一番のお気に入りがこちら。私のストレス解消にもなっています。
ミラテミリ あかすり

その名も『ミラテミリ』
あかすりです。
せっけんを使用しないで20分くらいゆっくりお湯につかり体を十分に温めたら、力を入れないでこする、こする、こする・・・。もう、信じられないられないほど垢が出る出る出る~。

ポンプをシュッシュッてやるとゴムが膨らむので、丸くなった面で肌を擦るから痛くない。あまり力もいらない。それなのに、恥ずかしいほど垢が出まくり。

背中が手が届かないのが残念だけど、この本体をはめ込んで使うバンドのようなものも出ているみたい。


明日、韓ちゃんが2週間ぶりに帰ってくるので、今夜は、ゆっくりお風呂でリラックスしようと思います。
結構、韓ちゃんが帰って来ると緊張したりするんです。
来る前と帰った後の日は、イライラ解消の意味でもこのミラテミリが大活躍です。


気になった方は、一度ネットで調べてみてくださいね。


以上、私のお気に入り情報でした~。ピンポンパンポ~ン♪


気になるわ~と思った方、ここをぽちっとな~。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




| 日常生活 | COM(8) |
2009-03-23 (Mon)
今日は結婚記念日
早いね もう2年
一人でごちそう食べちゃうわ


今日は娘と婿と知多までマッサージベッドをもらいに出かけて、運転は婿がしてくれたんで韓ちゃんにメールした。
そしたら電話がかかってきた。
ちょうどコンビニで買い物済ませてトイレに行こうかと思ったところだったからあせったw

「おめでとう」
「えっ?何?おめでとうなの?」
「そりゃあそうだよ。おめでたいじゃん」
「うふふ、確かにおめでたいわね」
「今日は一人でおいしいもんなんでも食べてね。あっ仕事入ったわ。切るわ。今日は朝から忙しい」
「そう。仕事ガンガンやって稼いでね」
「あはは…頑張るわ」

メールではなく電話くれたってのがすごく嬉しかった。

夜、仕事終わってから電話があった。
Cメールでは画像が送れないのでEメールアドレスを聞いた。
おいしい画像のおすそ分け。
これからラーメンを食べると言うので、おかずにしてと言って送ったのがこちら。

うなぎ


そしたらすぐにまた電話。
「画像が大きすぎて読めやんやん」
「えっ?そうなの~。じゃあもう一回今度は小さくして送るわ。ごめんね」

そしたらまた電話。
「今メール返事したけど、コマンドエラー061ってなって送れやん。明日娘さんに聞いて」
「ちょっと調べてみるわ」
「調べてわかったら電話ちょうだい」

調べてみたら、複数に送ったわけではないのに061エラーって、そういう例がネットで検索したら出てた。

電話した。
「韓ちゃん、なんかそんな例が載ってた。相性の問題もあるかも知れやんのだけど、もう一回やってみて」
「はいは~い」

再度電話。
「できやん。なんだ~これっ!明日聞いて」
「うん、聞いてみるけど…娘がわかるかな?AUショップのほうがいいのかも」
「なんでもいいから聞いて。もう寝るわ」
「うん、ごめん。私がメールしたばっかりに寝るの遅くなって。おやすみ~」
「おやすみ~」

引き続き調べてみた。
次の日にもう一回送ったら不思議と今度はすんなり送れたという例を見つけた。

メールした。

また明日送ってみて
日にちを替えたら送れた例がネットに出てました
返事はいいよ
寝てたらごめんね


なんか、気がついたらとっくに結婚記念日は終わっていた。あらら・・・。

送った画像の感想は・・・「画像が小さすぎて見えやん」だそうで、どうもおかずにはならなかったみたい^^

でもメールや電話が何往復もあった貴重な一日だった。
韓ちゃんからの電話が7回。私からは2回。
やっぱり、多少は記念日ということもあったかも~。



ここをぽちっとな~。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ




| 日常生活 | COM(4) |
2009-03-21 (Sat)
昨日のことです。
韓ちゃんは私があ~う~の携帯にしたから通話料が高くなるから自分もあ~う~に替えると言って、今までのは今まで通りSOFTBANNK同士の通話用にして新しくあ~う~の携帯を買ったわけ。

…なのに、買った意味がない!
電話は最初の日だけ。メールも最初の日だけ。

かけないなら、高いもくそもないじゃない?新しく買う必要は全くナシ!

で、考えたらだんだん腹が立ってきたのでメールをした。

お疲れ様~
ところで何のために携帯AUにしたのかね
捨てや~


なんでだと?思います?

さあ?わからないから聞いたじゃん

自分で考えなさい きっと答えが出るはずです

私がAUにしたから電話代が高いから替えるって聞いた覚えはあるよ
でもね・・・
電話して


電話かかって来ず。
そんなに電話できないほど疲れてるなら来週来なくていいよ
お金は振り込んでくれたらいいし

と言うメールを送ろうと思っていた矢先、電話がかかってきた。

「新しい携帯買ったばかりなのに捨てや~って、それちょっとひどくない?」
「韓ちゃんは私との電話代が高くなるから替えるって言ったのに、電話はないメールはない、買った意味がないじゃん。電話なんて必要がないじゃん。だから捨てや~なんだよ」
「あ~あ~あ~そういう意味か。だったらもっとわかりやすく、馬鹿野郎とかふざけるなとか言ったらよかったのに~」
「あ、そう。じゃあ、ばっかやろ~!この~ふざけんじゃね~ぞ」
「ははは。ばっかやろ~っていうなばっかやろう」


それからずいぶん久しぶりにたわいのない話して笑いあって最後に、
「それでやっぱり来週は来るの?疲れてるなら来なくていいからお金だけ振り込んで」と言ったら、
「何言ってるの!行くって言ってるのに」と言う返事。
「だって、また寝ないで来て、疲れるだけじゃん。で、夜バスがなくなったらまた歩いて寮まで行かなきゃならないんだよ。雨が降ってたら大変だしさ。濡れて風邪ひいてもあかんしさ」
そしたら何か聞き間違えたかトンチンカンな返答。
「おっ、ham、かっこいいな~」
「へっ?」
「えっ?」じゃなく「へっ?」って思わず言っちゃった・・・それくらいびっくりしたん
「・・・・・・・・」
「・・・・・・・・」
「あれっ?なんか変なこと言った?また何か間違えちゃった?」
「間違えたんじゃないかな?何をどんなふうに受け取ったん?」
「いや、わからんけど、たぶん間違えたのかも・・・」

最近、韓ちゃんの日本語がどうも下手になってきている。韓国人の仕事仲間(正しくは朝鮮族の)と母国語での会話ばかりだから、日本語を話す機会はお客様とのみで、理解力が半分くらいになっている。私と話そうとしないんだからそういうことになるんだよ。まったく~。

で、改めて聞いた。
「で、どうする?来る?来ない?」
「その日何か予定でもあるの?」
「ううん、別に。韓ちゃんが来ると言うから空けてあるよ」
「もしね、その日にお客さんから予約が入ったとかなら行くのまた今度にしてもいいけど、そうじゃなかったら行くからさ」
「わかったよ。今んとこ大丈夫だからさ。それに韓ちゃんがお寿司奢ってくれるって言ってたからね。来てくれたらそれは楽しみだし。まさか、忘れてないよね」
「あはは…いいよ。忘れてないよ」
「そう?じゃあ、来て。お寿司、いや、韓ちゃん待ってるから」
「はいはいは~い。じゃあおやすみなさい」


私が携帯代えたことで電話代が高くなるから韓ちゃんも携帯を替えたことについては、
「俺がそんなこと言ったの?」ですって。
あきれた。
ことが済んでしまえば何でも知らない、言った覚えがないで済まそうとする。
韓ちゃんにしてみたら自分が契約者で携帯を持つことさえできたらよかっただけ。

携帯を替えるために必死になってあれやこれや言ったことは記憶にないことらしい。

これって、私と結婚することになった経緯と一緒なんですけど・・・。
あれだけ熱く「結婚して」
「早く旦那と別れて」
「俺だけの女になって」…etc。。。
結婚して日本に来たら「そんなこと言った覚えがない」
「最初から偽装のつもりだった」
「作り話ばかりでhamは怖い」…となったのと同じ。

フ~。



あははっと笑った方。ここをぽちっとな~。
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 年下との恋愛へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

>> ReadMore
| 日常生活 | COM(4) |
2009-03-19 (Thu)
おいしいコーヒー屋さんでアイスコーヒーを堪能しているところに韓ちゃんから電話が入りました。
前日まで韓ちゃんの携帯を着信拒否していたんだけど、この日は韓ちゃんが休みで、あ~う~の携帯にかえる手続きに行くという話になっていたので、手続き上何か連絡が入るかもと思って拒否解除しました。

「今携帯買いに来たんですけど、生年月日教えてください」
「生年月日?韓ちゃんが契約者で、どうして私の生年月日が必要なの?」
「家族の手続きするのにhamの生年月日がいるんだって」
「あらっ?奥さんの生年月日も知らないの?」
「うるっせ~な~。早く言や~」
「○○○○年4月(しがつ)あ、ヨンね、○○日」
「あ~?ヨンは何?これ多いじゃん」
「しがつが聞きにくいかと思ってヨンって言い直しただけ」
「^^そっか~。4月○○日ね」
家族割と言えば、私はすでに10人分登録済み。
子供と家族割組んだら、子供が既に組んでいる中に入ったので、私には関係のない娘婿の両親とかまで入っている。元ダンナまで入っている。そりゃそうだ、娘からしたら父親だもんね。
韓ちゃんがあ~う~に替えたら元ダンナを家族から外そうって娘とは話していた。それか、いつも携帯の電源が入ってない私の母を外すか。
で、そういった細かいことを韓ちゃんに伝えても分からないだろうから、「家族割のことで話したいことがあるからお店の人に代わって」と言ったのに。「俺がちゃんとお店の人に聞いたんだからできるんだからさ」って、電話を代わってくれなかった。
あ~う~の携帯電話は番号貰うのに1時間以上かかるようで、「ぶらぶら時間を潰して来る、番号貰ったら又連絡するから」と言って電話は切られた。


夕方、電話が入った。知らない番号から。
もしかしたら…と思ったら、やっぱり韓ちゃんだった。
「これが俺の番号だよ。今マイクのテスト中」
「もしもし?もしもし?あれっ?・・・・・・・もしも~し・・・・・・・・・・・・・・・よく聞こえますよ~」
韓ちゃん大笑い。
「もしも~し。もしも~し。よく聞こえているなら電話切りま~す」
「家族割できたの?」
「いや、普通ならあれでできたんだけど、hamもう10人の家族でいっぱいだったからできやんかったやん」
「でしょ?だからそれが言いたくて係りの人に替ってって言ったのにさ」
「あ~そうやったんや。でも、とりあえず半額のほうに入れて家族割はあとでやってって言われたからさ。来週俺がそっち行ったらやればいいんだからさ」
「うん、わかったよ。ってか、来週来るの?」
「行くわ。今日、hamにお金振り込むの忘れちゃったから来週持っていくわ」
「え~振り込んでないの?ちょっと困るじゃん」
「ごめんごめん、忘れとったわ」


来週も来なくていいってメールしたのに、それもこっちの予定も聞かず来ると言う。
電話を代わってほしくても代わらなくてもいいと言う。
お金を振り込むと言いながら忘れたと言う。

まったく韓ちゃんって言う人は・・・・・・・・。

さすがと言うかなんというか、全部自分中心で回っているんですね。

今度来たときは寿司をごちそうすると言っていたから(もちろん回るやつ)、ま~いっか~。
あっ、そのことも忘れていたらどうしましょう^^




| 日常生活 | COM(2) |
2009-03-18 (Wed)
ひゃっほ~!
やっとトイレ完成。
便器も移動させて今日から新しいトイレが使えるようになりました

私が真っ先に使おうと思っていたのに…たまたま時遊びに来ていたSさんに一番乗りで使われてしまったw
軽くショック!ってか、どうでもいいんだけどね、そんなこと。でも、軽くショック!

トイレが広くなったのでアパートで使用していたマット敷いたらなんか変なの。
で、あわててマットを買いに走ったんだけど、大きいサイズがあまりなくて、とりあえず在庫があった2枚のうちグリーンのを買ってきました。

母親の家にあった床材を安く上げるために使ったんだけど、周りは明るい色なのに、その床材は濃い茶。浮いてる浮いてる。だからせめてマットの長いので隠そうと思ってね。

買いに行ってもいいのがなかったので、家に帰ってからネットで探しまくって3点ほどに絞ったんだけど、まだ迷い中。ロングマットって高いんですね><

明日、もうちょっと足をのばして探してみてなかったらネットで買おうと思います。

トイレットペーパーホルダーは、ちょっと頑張って2連の上に小物が置ける木の棚のものを買いました。
今までのものを使用すればタダだったけど、つい最近叔母が携帯をトイレに落とした話を聞いて、携帯が置けるように考えて奮発しました。7000円弱。あと、おそろいの色の木のタオル掛けも買って、こちらが1800円ほど。そしてマット。1万円が飛んで行きました。あ~おそろしや。

トイレのドアは、手すりタイプの取っ手にしたんだけど、これがなかなかいい感じ。すごく開けやすいし、暗がりでもすぐにここだ!ってわかって正解でした。
ドアを開けたら電気がパッとついて、出たら勝手に消える人感知の電球にしたのですが、こちらも切り忘れがなくいい感じ。

まだ請求が来てないのでいくらかかったのかは分からないけど…これ、ホントにドキドキする…私としてはメッチャ金かけたな。清水の舞台から飛び降りて、ただ今瀕死の状態です。
トイレの横に洗面台も買って備え付けたし。しかもこれ、お湯が出るようにミニボイラー付けたし。
いつ請求書が回ってくるのか分からないけど、回ってきたらショックでしばらく立ち直れないかも~。


トイレの写真載せようかと思ったけど、まあ、やめておきます。
しばらくは、近所のおばさんたちのトイレ見学会と称しての我が家でのコーヒータイムが続くものと思われます。今日は2名ほど見にきました。
玄関入ってあまりにも様子が違った我が家に皆さんびっくりです。
ここは、ご近所さんみんな仲がいいので、おかずやご飯の差し入れ、野菜の差し入れが頻繁にあって、とてもとても助かっています。昨日も今日もいただきものに感謝感謝です~。

水道屋さんにお疲れさまの意味で、いつもは家でコーヒーを出すんだけど、フレッシュきらしてしまったのでおいしいコーヒー屋さんに飲みに行きました。私としては久々の外でのコーヒー。

トイレ完成が嬉しくて、財布の紐がついゆるんでしまった1日でした。
あっ、コーヒー飲んでいるときに韓ちゃんから電話がありました。
これについてはまた別で記事書きますね。
| 日常生活 | COM(0) |
2009-03-15 (Sun)
今までアパートだったからなかなか花を飾ることも難しかったけど、今度は多少水がこぼれようが、なんてったて自分の家だから、平気平気!

なので、多くはないけど少しグリーンものを置いています。

テレビ台は、黒いものだったけど、娘婿にペンキを塗ってもらって見違えるように綺麗になった。
テレビ台としてではなく花を置くために使用。
捨てちゃおうかなって思ったけど、ペンキを塗ってもらったらいい感じになったので満足な一品に。
ガラスがはまっています。
それがこれ↓

CA3C00040001.jpg


で、グリーンちゃんたち。

花

あとこんなんもある。

金のなる木花盛り     グリーン     ラベンダー


本当は花たちでいっぱいにしたいんだけど、なんせ奥行きが広い窓のない我が家、日が当たらない><
天気がいい日には外に出して日光浴させるんだけど、これが結構重労働。


それでも、なんか楽しい生活です。
面倒くさガリなんだけど、自分の好きなことには労力を惜しまない私。

今回は、少し私の家の情報でしたw

写真は新しい携帯で撮ったの。この携帯、カメラ機能がいいんです。
でも、撮る人のセンスがないからこんな写真ですみません。
     
| 日常生活 | COM(2) |
2009-03-15 (Sun)
たくさんの拍手、ありがとうございました。
続けてよし!ということなので、懲りずに書きます。


韓ちゃんが寝ている間に出来上がったおでんは、韓ちゃん曰く、見た目は汚いけど、味はバッチリ!
(あ、死語かもw)
韓ちゃんの睡眠時間約4時間。
程よく、新たに追加した大根・じゃがいもにも味が染みていい感じに仕上がった。

odenn

牛スジの油がいっぱい浮いてるけど、実際食べてみるとそれほど脂っこくはないです。


満足して食事完了。



その後、コーヒーを飲みながら韓ちゃんがマッサージについての批評を始めた。
が、話し始めたところで電話が何本もかかってきた。で、しばし中断。

すごく嫌だったのは、さっきまで寝てすっきりした声を出していたのに、急に今起きたばっかりという声で電話に出たこと。
中国に電話した時もよくこんな声出して、今電話したくない光線を出していた。
あれも演技だったのかと・・・。

電波が悪いということもあるし、私に聞かれたくないのもあったのか、場所を移動。
携帯から漏れ聞こえる声は女の人。韓国語(朝鮮語)で会話。
立て続けに3本。そのすべてが女の人からの電話。

「中国の彼女から?」
「ちがう」
何を言うのって顔でじろり。

ようやく電話が終わって、マッサージの批評に戻った。
前よりダメだって。
力が入ってないって。
でも、言い訳するなら、韓ちゃんは強くされるのが好きじゃないから少し弱めでしたん。
押す方向が前より曖昧だって。
うん、これはちょっと心当たりがある。力を弱めるほうにばかり気を取られていた。反省!

説明しながら今度は私に寝るように指示して、マッサージをしてくれた。
「痛いんだけど・・・」
「痛くない。ちょっと真剣に聞いてください」
「はい」

韓ちゃんがしたことを今度は韓ちゃんにする…を繰り返し、今までしたことがなかった技を伝授してもらった。一人になってから、研修に行くところもないので非常に助かりました。
ありがとね、韓先生。

その後、帰る時間を気にしながらゲームをしていたのだが、コンビニで買ってきた缶コーヒーを飲んで、嬉しそうにオマケの携帯ストラップを取り出した。名探偵コナンの哀ちゃんだった。
「あっ、そうだ。hamにいいもんあげよっか?」
韓ちゃんの携帯には、今まで見たことがないストラップがついていた。

「いいでしょ~?愛だよ愛。俺の愛欲しくない?」
「欲しいよ。でも、これ韓ちゃん使ってたもんじゃん。どうしたの?これ」
「もらったわ」
「くれた人に悪いじゃん。せっかく韓ちゃんに愛をプレゼントしたのに」
「韓国行って土産でこれを何個も持ってきてみんなに配ったもんだからさ。俺は欲しかったらまたもらえばいいんだし。それにこのオマケのがつけたいんだからさ」
「ふふふ。じゃあ、韓ちゃんからの愛のストラップちょうだいね。何ならこのハートのところに韓ってサイン書く?」
「いや~俺はサインするほど有名人じゃないからさ。貸して。つけてあげるわ」
私の携帯に手早く取り付けてくれた。ついでに自分の携帯にはオマケの哀ちゃんを取り付けた。

はい、完了。韓ちゃんの愛を手に入れた^^
それがこれ↓

ストラップ

いつもこんな風に機嫌がいいとこっちも嬉しくなるんだけど・・・。
まあ、幸せな時間はそう長く続かない。
このあと、携帯をあ~う~に代えたいという韓ちゃんとケンカ勃発。
今度は自分が契約者になると主張。
私も譲らない。韓ちゃんも譲らない。
前から契約者を私から変更するなら中国に帰りなさいって言ってある。
この話は途中でお互いが口をつぐんだので中途半端なまま終わった。

その後、韓ちゃんは携帯ショップに見に行くだけ行こうと何度も何度も言ったけど、見に行ったら買い直したくなること分かっていたので私は行くのを承諾しなかった。
そしたらご機嫌とりなのかどうか、2回目のえっちの誘い。
「いやだよ。また痛くなるじゃん。それにえっちしたから私が携帯代えるなんて思ってするなら今から言っておくわ。それは無いですから」
「携帯のことは関係なしだわ。したいからするんだから」

はい、恥ずかしながら2回戦突入。
でも、痛いのは相変わらず><

でもって、終わってから即、笑って「携帯ショップ行く?」
間髪入れず「行きません」

そこまで(最近の)私は甘くないよ!
だいたいそんなテクニックじゃ…無理^^
| 日常生活 | COM(10) |
2009-03-12 (Thu)
え~と、続きです。
読みたくない記事に遭遇された方はスルーしてください。
18歳以下の方も適切な表現とかされていないのですっとばしてください。

「マッサージしてえっちしてそれだったらぐっと寝たらよく寝られるんじゃない?」と、韓ちゃんは言ってのけた。

「いえいえ、マッサージだけさせていただきます」
「しないの?」
「はい、しなくてもいいです。これからずっとしなくてもいいです」
「じゃあ、このこはどうするの?」
「そういうこと私に言われても知らんが!とかしか答えられません。とにかく私はしない、したくないんだから他の人とど~ぞ」
「お~言ったな、今他の人としてもいいって言ったな。わかったわ」
「じゃあ、そういうことで、マッサージ始めさせていただきま~す。今日は何分コースですか?」
「とりあえず30分で」
「はい、かしこまりました」

まじめにマッサージ。
最初は何か言いたそうだったが、聞いてもあとでと言って教えてくれない。
こういうときは韓ちゃんもまじめな先生に変身しているってこと。
きっとあとから注意されるんだなって思いながら、マッサージしにくい体の韓ちゃんに挑んだ。

マッサージ終了。
汗じっとり。
緊張した~。



そしたら・・・・・・・・、
韓先生、おもむろにパンツを脱ぎ棄てて・・・

「今度はこっちもお願いしま~す」
「だから~それはしないってさっき言ったじゃないの」
「いいから早くしや~」と私の頭を押さえつけた。


諦めて早々に適当に前戯を終わらせて、でも、受け入れ態勢も整っていない私が潤うはずもなく、ましてやするのは半年ぶり。
え~ん><・・・・・・・・・・・・女じゃなくなっていた。

「痛い痛い痛いwww」
「痛い痛い痛いwww]

お互い顔を見合せて笑った。ロマンチックの欠片もない。

ローションを塗ってなんとかなった。

でも、ショックが大きかった。
いくら半年してなくても、愛する韓ちゃんとすることなのにって。
やっぱり冷めたの?私。

あ~こんなことに気がつきたくなかったよ。
マッサージだけにしとけばよかった。
どこまで優柔不断なんだろう。
でもあとでそんなん言ったって遅いよね。

そんなことはお構いなしで、さっさと服を着て姿勢正しくそのまま眠りについた韓ちゃんを尻目に、私はため息一つついてからおでんにとりかかった。
牛スジをおでんに変身。これは韓ちゃんのリクエストで。


まだ続きいってもいいかな?
反応なかったらここらで打ち止めしときます。

左の「応援ぽっち」をここに貼りたいんだけど、やり方が分からない。コピって貼ればいいんだっけ?
それって1回1回貼るの?
誰か教えてください。

| 日常生活 | COM(8) |
2009-03-11 (Wed)
朝7時50分、携帯の音で起こされた。
まさかとは思ったけど…韓ちゃんからだった。
「今、こっちの駅着いて電車乗るから」
「えっ?そうなの?早いね~。じゃあ迎えに行くから」

あわてて起きようとしたら今度はピンポ~ン♪
母だった。
「今日は不燃ごみの日だから出しゃ~よ」
「そうなの?わかった。出すわ」
出すと言ったはいいけど、まだ不燃ごみ用のビニル袋買ってなかった><
あわててパジャマを着替えて、袋をもらいに行った。
で、母の分と自分の分をゴミ置き場まで持って行き、迎えに行く時間ぎりぎりだったので、またまたあわてて車を発車させた。

もうすぐ駅に着く頃に「ちょっと遅れる」というメールをし、返事がなかったので電話した。
韓ちゃんは駅前のコンビニにいると言う。
2分後、韓ちゃんを乗せて自宅まで約30分のドライブ。

「韓ちゃん昨日8時くらいに家を出てって言ったけど、それより早いじゃん。もしかして寝てないの?」
「寝てね~わ。寝たら朝起きれやんと思って寝なかったわ」
「別にそんなんあわてて来やんでも昼頃でもよかったのに。じゃあ、家に着いたらすぐ寝たらいいわ。眠いでしょ?」
「あ~眠たい」
韓ちゃんは少しふっくらした印象。栄養摂ってないのに?それとも浮腫んでいるの?

仕事の話をしながら家に向かう途中、コンビニに寄ってコーヒーとパンとタバコを買った。
韓ちゃんはおまけに釣られてGEORGIAの缶コーヒーを買った。
「これ、いいでしょ~。何が入ってるかな?」

おいおい子供かい!ゴミにならなきゃいいけど・・・。

レジでの会計の時、韓ちゃんは静かにフェイドアウト・・・。

ちぇっ!そう来たか・・・。


家について部屋に上がるなり、「お~いいじゃん、いいじゃん♪」
思ったより片づけてあったことが良かったみたいだし、台所も棚をつったりして私は私なりに頑張ったことちゃんと認めてくれた^^
「頑張ったな。後はトイレ完成したら、椅子とかテーブルとか、ベッドとか置いてちゃんとしてお客さん迎える準備だな」
「うん」
「これ、前なかったけど買ったの?」
「あ~、それは買ったよ。押し入れに入れようと思ったけど、高さが合わなくて扉が開けられなくてこっちに置いたわ」
中古の洋服ダンスのこと。
「いくらしたの?」
「それはいくらだったかな~。たぶん1500円くらい」
「安かったな~」

「おっ!こっちも買ったかい」
「うん、それいいでしょ。同じ白でそろえたよ」
こちらは引き出し式の整理ダンス。

このタンスは、PCとかTVとか置いてある部屋にある。
ちょっと狭くなったけど、前のアパートの時とほぼ同じレイアウトで落ち着く部屋になっている。
先日マッサージのメンバーが遊びに来たときにこの部屋に入るなり、「あ~落ち着くな~。やっぱこの部屋じゃなきゃダメだな」って言ってった^^

早速韓ちゃんはPCに向かい、ゲームを始めた。
私はコーヒーの準備をして、朝ごはんの用意。
「何してるの?」
「朝ごはんまだだから」
「いや、俺はいらんから」
「「韓ちゃんはいらんでも私が食べるやん」
「あ~あ~、なら、いいけどね。あっ、コーヒーは飲むよ」
で、私だけ急いで作ったおかずでご飯を食べた。
折角豆ご飯炊いたのに・・・。

ストーブの上の鍋が気になるようで「これは何?」
「あ~それは牛スジ煮込んだの。食べる?」
「うん、少しちょうだい」
韓ちゃんはたいてい見た目で判断してこういう茶色系のものはあまり食べないんだけど、牛スジと聞いて食欲をそそられたらしい。
「見た目は汚いけど、意外といいんだな~。もう少しスジが硬いほうが俺は好きだけどね」
「ちょっと煮込みすぎちゃったかもね。でも、トロトロでしょ?一日中ストーブの上で煮込んでいたからさ」
「大根を入れたらもっと良かったのに」
「入ってるよ。煮込みすぎて気がつかんかった?」
こんにゃくやタマゴやごぼうは気がついても大根気がつかなかったの?小さく切りすぎたからな…

その後少し腹がふくれて、韓ちゃんは買ったパンも食べずに黙々とPCに向かっていた。
1か月ぶりのゲームだもんね。

でも、さすがに眠くなったようで、マッサージの催促。
練習台になってやると言うけど、なんかずるい。
「私が練習台になってあげるわ」
「何言ってるの。俺は今日休みだからやらんよ」
「あら、私も今日休みだよ。やらん」
そんなことはお構いなしで、ごろんと横になった韓ちゃん。
「早くしや~」



続きます。ひとやすみ。
…たぶん想像通りの展開、かも!?

| 日常生活 | COM(2) |
2009-03-03 (Tue)
ドラマを見ました。
YOUTUBEでしか見られなかったので、今日「A・B・O・AB」全部見終わりました。
私はO型なので、O型の女の特徴のみ明記します。

<その1> のんき体質
<その2> よく言えば大らか、悪く言えば大雑把
<その3> 夢見る夢子ちゃん
<その4> 明るく希望に満ち溢れている
<その5> よく言えば楽天的、悪く言えば鈍感
<その6> とことんいい加減、とことんのんき。だけどなぜか憎めない
<その7> 実はバイタリティに溢れている
<その8> 目的さえ見つけたら一心不乱。我を忘れて突っ走る
<その9> よく言えば大らか、悪く言えば大胆不敵!


あるあるある~。
心当たりありすぎ!!!


今回はTUDOUで観たので、中国語の字幕つき。
別に勉強する気も(今は)ないけど、ところどころわかるとちょっと楽しいですね。


今日も韓ちゃんと携帯で話しました。
最近は毎日メールか電話かどちらかで連絡を取りあっています。
韓ちゃんの本日のおかずは、またもや卵フライ(目玉焼きのことらしい)だそうで、そんな食生活じゃ体が持たないのにと心配です。

今日は朝8時15分から6時すぎまで大工さんがトイレ作りにきてくれてました。
ストーブの上でカレーを煮ていたのが、ちょうどいい感じで出来上がりました。
それでは、これから夕ごはん、いっただっきま~す。



訪問数がぐんと上がっていますが、またもや誰かさんがいらぬ投稿をしてくれたようで・・・。
写真載せたから?バカな女の顔見に来たん?
まあ、楽しんでいただけたら良かったです^^

| 日常生活 | COM(18) |
2009-03-03 (Tue)
韓ちゃんからのメールに気づかなかった。
あ~う~に代えてからまだ携帯に触る暇があんまりなくて、着信音量とかが小さいままだった。

メールに気づいてあわてて返信。

お疲れ様~
メールの音が小さかったから気づくのが遅くなるね
寒いから暖かくして寝てね
もうタダじゃないから電話しづらいね
声聞きたいけど


そしたら速攻電話がきた。
電話がつながるなり
「ばっかやろ~」って。


でも、すごく楽しそうな「ばっかやろ~」
「hamは上手だな。電話がほしいんなら電話してってメール打ちゃ~。そんなわざとらしい遠回りなメールして」
韓ちゃんは始終楽しそうに、口から泡飛ばしてるんじゃないの?って感じで笑いながらまくしたてた。。

「別にそんな意味で書いたんじゃないよ。他社の携帯だと高いんだからさ(ちなみに30秒10,5円だったかな)、なかなか電話しずらいでしょ?韓ちゃん深読みしすぎだってば~」
「いやいや。ホンマ上手」

そのあとも、食事を作っているとかでガチャガチャ音させながらハイテンションで喋りまくり。

ん?なんか怪しい。
「韓ちゃん今日は何か元気だね~。誰に食事作ってもらっているの?」
「だれも作ってくれる人なんかいないんだからさ~。自分でするしかないじゃん」
「そんなん私には見えやんのだからさ~、誰が隣にいたってわからへんのやもん」
「がははっ。あのね、あなたの旦那さんはまだこの辺じゃ顔が売れてないんだからさ~。誰も寄って来んじゃん。モテナイんだからさ」
おやおや…「あなたの旦那さん」ときましたか。しかし、ここはあえて突っ込まず。
「そんなことはないでしょ」多少のリップサービスで。

牛丼(インスタントの)を鍋に開けて温めているところで、温まり終了とともに電話のほうも終了となりました。

前日、あ~う~のアドレスを教えて、韓ちゃんから返信あるも、ちょうど外で近所のおばさんたちと井戸端会議中だったから着信に気づかなかった私。

ごめんねのメールをしたら
むかつくフハハって、すぐ返信があった。

韓ちゃんも慣れない所で結構心細い思いしてるんだなって思った。


韓ちゃんの嫌な記事ばかり続いたから、久し振りに二人で大笑いした楽しかった時間のことも書いてみました。
いつもこんな韓ちゃんだったらいいのにな~♪
久しぶりの天国だったよ。



>> ReadMore
| 日常生活 | COM(6) |
2009-03-02 (Mon)
さてさて、韓ちゃんはバレンタインの2月14日、仕事場見つかったので(今回は三重県)朝出かけることになりました。
前日、あわてて買いに走ったバレンタインのチョコを渡そうと思っていたのに、朝起きたらすっかり忘れていて、出かける直前思い出した。

「これ。今日は何の日かわかる?2月14日だよ。バレンタインのチョコ食べて。」
「持ってくわ」とさっさとスーツに詰めようとする韓ちゃん。
「え~今食べてよ。一つだけでもいいからさ」
「めんどくせ~」
「食べてくれやんのなら持っていかんでもいいよ。置いといて」
私としたら今度帰ってきたときに食べてくれたらいいくらいの返答だった。
そしたら・・・・・
「いらんわ」
「あ、そう。いらんのやったら私の気持ちもいらんってことやね」
「あ~、いらん」
「あ、そう。よ~くわかったわ。じゃあもう行って」
「な、何言ってるの。送って行くんじゃないの?」
「知らんが。私の気持ちもいらん人送っていく必要どこにあるの。歩いていったら?」
私は床に座り込んで、ひざを抱えたままずっと下を向いて韓ちゃんのこと無視した。
去年のバレンタインは、二人でどのチョコ食べるかって笑いながら食べたっけナなどと思いだしながらだんだん悲しくなってきた。
そりゃあ、時間がないのは分かってるよ。でも、「いらん」って何よ。
前日の悲しい話も尾を引いている。
大人げない態度だとは思う。それはよくわかっている。でも、「いらん」って何よ。

ふ~っと一つため息をついて、
「これ開けてもいい?」
「・・・・・・・・」
「開けるよ」ビリビリビリ…無造作に包装紙を破く音が聞こえる。
「・・・・・・・・」
「食べてもいい?」
「・・・・・・・・」
すごくわざとらしく、(どれくらいかっていうと小学生の学芸会くらい)
「うわ~、おいしそうだな。どれにしようかな?これだ」真ん中の一つを選んで食べた。
「おいしいな~。ありがとうね」
そして、ちらっと私のほうを見て、
「これは俺のだからね、hamは食べないでね。今度帰ってきたときに俺が食べるんだからさ」
私は言い終わらないうちにさっと手をのばして一つを口に放り込んだ。

この時私が何を思ったかわかる?
自分の大人げなさの反省もそこそこに、韓ちゃんに対しての不信感というか、今まで楽しい時間で幸せだと感じてきたことも、今韓ちゃんがしたように全て演技だったんじゃないか・・・と。


結局、送っていくことにしたんだけど、気持ちはさっぱりというか、行ってしまって寂しいとかの感情はなかった。
今度帰ってくるときのために最寄りの駅から乗り換えの駅の説明。乗り換え駅までの道順を淡々と話して、一旦、降りる駅まで車をまわし、そこから乗り換え駅までを走ってみせた。(徒歩2分くらのとこだけど)
「改札出たら左に行くんだよ。で、道なりに歩くと乗り換えの駅に着くからね」
「来るときは、こっちの階段から下りないとだめだよ。反対側だとすごく遠回りになっちゃうからね」
「うん。分からんかったら駅員に聞くからいいわ。じゃあ行くわ」
「はい。行ってらっしゃい。がんばってね」
韓ちゃんがスーツを引いてエスカレータで上まで行くのを車の中から見送った。
切符の販売機の前でうろうろしている。降りて行こうかと思ったけど…やめた。

電車が出るまでそこにいようと思った。

携帯が鳴った。
韓ちゃんから。

「いつまでそこにいるの?早く行きゃあ。あと2分くらいで電車来るからね。間に合ってよかった。送ってきてくれてありがとね。hamはまだ片付けしなきゃ!でしょ?」
「うん、もう行くよ」

電車がホームに入ってきた。私は車をスタートさせた。



アパートの掃除をしていたら韓ちゃんから電話があった。
駅に着いて社長に電話したらバス教えてくれたけど、このバスが本数があまりなくて、30分も待ったよ。ついたのが遅くなっちゃって。今日は仕事の説明だけ。明日からがんばらないと。ごめんな、連絡が遅くなって。それでhamは今何してるの?」
「今、アパートの掃除だよ。明日引き渡しなんだからきちんと掃除して荷物全部出さないとダメでしょ」
「それはそうだな。今から仕事頼んだ人たちに断りの電話しないとダメだからさ~電話切るわ。掃除頑張ってね」
「は~い。じゃあ、韓ちゃんも明日からがんばってね」
「はいは~い」


その夜、メールをした。
お疲れ様~電話できる?」
そしたらすぐに電話がかかってきた。
仕事は翌日からで、結構勤務時間が長いようだ。

16日、韓ちゃんからメールが来た。
時間長いみんなツヨモミ甘くないわ
大変そうだね
指がまだ戻ってないからよけい強モミに思うかもね 早く寝て

おやすみ
おやすみなさい


今回は恥をさらけ出して私のわがままっぷりを書きました。
これじゃあ、嫌われて当然ですね。韓ちゃんはよく我慢したと思います。
でも、イライラがなかなか消えてなくならなかったのです。
あれもやらなきゃこれもやらなきゃって、ストレスの矛先が韓ちゃんに向かってしまったのかもしれないし、自分の気持ちも冷めてきているのかもしれません。











| 日常生活 | COM(6) |
2009-03-01 (Sun)
さて、続きです。

この日も、いっぱい歩いて疲れた韓ちゃんは風呂にも入らず9時過ぎにベッドに入った。
雨に濡れて寒気がすると言って。
分かっているんだよ。またブタ女に操を立てて私となるべく接触しないようにしているってこと。
私もその気にならないから大丈夫なのに^^
5カ月しなかったからその気になれないよ。女捨てちゃった^^
それでも、帰国翌日、自ら求めてきたのはどういう意味だったのかな?
処理係になってくれるかどうか確かめたかったのかな?
私のこと友達としてしか思ってないならこれから先ずっとしなくてもいいと私は思っているから平気。


韓ちゃんはベッドで、私は隣の部屋で布団を敷いて、それぞれ寝っ転がりながらず~っと結局夜中まで話していた。
会話が途切れて、もう寝ようかなっていうときに、私の携帯が鳴った。
そこの部屋は電波が悪いので、会話じゃなく、メールに切り替えて、電波が入る玄関近くに移動。
メールをしていた。
以下、友達へのメール。

連絡が遅くなってごめんね
今日引っ越しが終わりました
韓ちゃんも嫌だと言っていたけど頑張ってくれました
まあ母親にしっかり言われましたからね
中国で女と部屋を借りて住んでいたそうです
私が実家に電話したときに韓ちゃんがいたのはたまたまだったそうで、そういうこと平気な顔でさらっと言います
私のために買った部屋は借金取りが来るのを心配して近寄れないそうで、別のところに部屋を借りて暮らしていたそうです。
そんな贅沢なこと。そのお金はどこから?
考えてみたらそういったお金はすべて日本で稼いだものです。
私の夫として日本に来て稼いだお金で、中国の女を喜ばせている。
為替で、一気に110万円負けて金がなくなったからまた日本に稼ぎに来たなんて、どういう神経で言うのか、どこまで私を傷つけたら気が済むのか、私には到底理解できません。
なら、帰れって話ですよね。
それが言える自分ならどんなにいいか…また眠れない日が続きそうだわ
詳しいことはまた今度ね




このメールを打ち終わって部屋に戻った時に、韓ちゃんが長いため息をつきながら思い切ったように言った。

「もしもし?何やってるの?
俺は明日ここを離れて仕事行くよ。
やっと仕事が見つかったのにhamは嬉しくないの?
俺を気持ちよく送りだそうって思わんの?
こんな遅くに誰から電話か知らんけど、それって気分悪くないの?
どうせならね、お互い気分良くなるようにしましょう



カッチ~~~ン!!!さすがの私も黙ってなんかいられない


「電話は友達からだよ。
遅くに悪いと思うから電話じゃなくメールにしたよ。
それで、それが、韓ちゃんが気分が悪くなることなの?
だいたい私のこと、書類上の妻ってだけで、偽装結婚の相手だと言うなら、私が何しようが私の勝手じゃないの?
自分は何?日本で私と結婚していながら他の女と部屋まで借りて一緒に暮らして。
私がすることは韓ちゃんを気分悪くすることで、韓ちゃんがすることに私が気分悪くならないとでも思ってるの?
ふざけないでよね。
何が楽しくよ。
誰が楽しくさせてないの?
私?違うでしょ?韓ちゃんでしょ?もういいよ!
ホント、馬鹿にするのもいい加減にしてよね」


声は大きくはなかったけど、ゆっくり言葉を吐き出した。

何といっても長屋だから壁1枚向こうはお隣。二人の会話なんてお隣さんにその気があったら筒抜け!

それからの韓ちゃんはどうしたかっていうと、いろんな話題を振って、楽しくしようとしていたみたい・・・
なんだけど、大体、一緒の部屋にいるんじゃなく、顔も見えない所で、声だけでそれって無理じゃない?
まあ、私も適当に話しながら実はピコピコピコピコ・・・メールしてたんだけどね。
だって、気持ちはムカムカしっぱなしだったからね。

そしたら、突然こんなことを言い出した。しかもしみじみとした口調で。
「hamとは友達でいたかった。結婚しちゃったからダメなんだよな。俺はね、友達としてならhamが好きだよ。大好きだよ。」

妻という立場でこの「大好きだよ」が聞きたかった。ましてや感情こめて「大好き」なんて言うんだもん。
余計に切なくなってきちゃった。

「だったら、友達になればいいじゃない?
中国戻って、友達として付き合えばいいんじゃない?
日本人の配偶者として私の夫として日本にいるんじゃなくて、自分の力で仕事で日本に来られるようになって、その時に会ったら友達としてこの家にも何泊でもさせてあげるわ。
ご飯も食べさせてあげるわ。
Mさんにそうしてあげたようにね」

Mさんは中国人の男友達です。

「そうだな。hamならきっとそうするだろうな。だからいい友達なんだって。そろそろ寝るわ。おやすみなさい。」
「うん、寝ましょう。おやすみなさい」


2日目の夜はこうして終わりました。
時間は4時を回っていました。







| 日常生活 | COM(8) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。