12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-31 (Thu)
うわ~ん><せっかく書いた記事を誤って消去してしまいましたw
もう一回気を取り戻して書きます。
…って、文章変わってるし・・・。さっきの読んだ人あってもびっくりしないでね。


今日は、もう大晦日。
みなさんに仲良くしていただいて本当に感謝しています。
ありがとうございました。
いつも長い文章でだらだらしか書けない私のブログですが、何卒来年もよろしくお願いします。


旅行の記事については、どうも年内中に書けそうにありません。
予定が狂いっぱなしです。
韓ちゃんが、なぜか今週も帰ってきたし。
韓国行く前、行ってから。あと先週と今週。
今月は4回も帰ってきました。中国に帰るから私のご機嫌伺いかしらん?
今日帰ってきたのには理由があったのですが、これに関しては来年書きたいと思います。
年明け早々、みなさんの怒りが爆発してしまうかもしれませんが・・・。

韓ちゃんは、来年年明け早々、4日に中国に帰ります。
1~3か月の中国滞在予定。1~3か月ってすごく曖昧です。帰ろうと思ったときに帰るんだそうです。
まあ、為替の成績次第だそうです。
儲かったら、それだけ早く帰るとのこと。損したら?もしかして帰って来ないわけ?な~んてことはないようですが^^
悲しい事にまた連絡が取れない日々に突入ですね。


大掃除は腰が痛いので断念しました。(いや、やってやれないことはないんだけど…汗)
でも、その分、おせちを頑張ろうかなてと思って。
お正月に、韓ちゃんが帰ってくるし。
今までは、仕事で絶対にお正月は休めなかったので今回が初めてなんです。でも、日本のおせちを食べてくれるかな?肉さえあれば文句ないと思うけど、ほとんどが野菜中心なので、ちょっと心配です。

29日の夜帰ってきて(12時間の仕事終わってから)、うちに来て食事してからず~っとPCの前に座りっぱなし。
徹夜でゲームをして(7時間ほど)、朝、仕事場に戻っていきました。
が、一旦仕事場に行ったものの、フラフラで(あたりまえです!)寮で夕方まで眠って、その後仕事に出るのか休むのかわからんと連絡が来ました。困った人です。
どっちみち、12月いっぱいで仕事を辞めるので、すでに新しいスタッフも来ているし、3人では仕事が回って来ないらしいです。


さて、おせちですが、今回はオリジナルで作ったものもあり、成功か失敗かドキドキしましたが、食べてみたら大成功でした!!!とりあえず、3品ほどUPします。


      信田巻き準備 
      
      信田巻き完成


      高野豆腐鶏ミンチ

      高野豆腐鶏ミンチ完成 

      紅白なます



何を作ったかは、写真にカーソルを合わせてもらったらわかります^^
でも、一応書いておこうかな。

上から
「信田巻き準備段階」
「信田巻き完成」
「高野豆腐の鶏ミンチ」
「高野豆腐の鶏ミンチ完成」
「紅白なます柚子カップ」です。


まだまだ奮闘継続中!頑張って作ります。ひょっとしてまた時間があったらUPしますね。

それではみなさ~ん、よいお年をお迎えください。

スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(4) |
2009-12-29 (Tue)
かれこれ今年も残すところ、3日となってしまいました。皆さんは、今頃大掃除で大忙しでしょうか?
早く書かないと年内に書き終わらない><頑張るぞ~!


さて、いよいよ韓国旅行2日目です、(ってか、やっと)

9時に私の部屋に集合のはずが、Oさんは来たものの姉夫婦が来ない。
姉がキムパプのおいしい店があるから、それを朝食にと言っていたのに。
仕方なく、姉の部屋に行った。

コンコンコン・・・。
ドアから寝ぼけた二人。
「ゴメーン、二度寝しちゃった。すぐ用意していくから」
義兄が昨日のぼったくりにあったのが悔しくてなかなか寝付けず、目覚ましは時間を間違えて7時に鳴らして、早すぎるだろ~って、また寝てしまったとのこと。
しかし化粧に時間がかかって、私の部屋に来たのは30分後。素ッピンで来たら?

それから、姉とOさんとで朝食の買い出し。
お隣のおいしいパン屋さんのサンドウィッチと、コンビニで牛乳と、おいしいというキムパブを買ってきたので、コーヒーを淹れて遅めの朝食。
姉がおいしいと言ったキムパブは、味は控えめで何個でもいけるくらいおいしかった。
韓国風のり巻きは、日本ののり巻きよりもかなり細くてごま油のいい香りで、胃に優しい。

食後、昨日に引き続きまた南大門市場へ。
叔母のトラぶった時計の話し合いがまだついてないらしい。
3か月ほど前にかなり高い時計を買っていったのだが、動かないらしい。
昨日もそれでかなり交渉して時間を取られていた。
私はこれについては興味なしなので行かなかったのだが、叔母は日ごろの上品さを忘れかなりの切れ具合だったらしい。

とりあえず、昨日換金した分はとっくに使ってしまっていたので、両替。
この時は1万円=130000ウォン。

メサの前で時間を決めて各自バラバラに行動することに。
どんな所か知りたい方メサの上にカーソル合わせてね。いろんな情報も楽しんでね。

私は、赤ちゃんの服選び。この旅行の目的の一つ。
2月に生まれる孫のために可愛い服買ってくるねって娘に約束したん。
前より高くなってる~。でもすごくかわいいのがあったので、婆バカ発揮でい~っぱい買った。
ぶらぶらしてたら娘たちに似合いそうな温かいコートが目に入った。
最初1つ買って、ほかのも見てたら店員がもう一つどう?2つ買ってくれたら安くするというので、同じものを買った。するとすかさずもう1つどう?3つならもっと安くすると言ってきた。
でも、あいにく黒じゃなく紫しかなかったのでこれはお断り。

韓国で買い物するなら、負けてくれという交渉は必要だが、必要以上にするのは得策じゃない。
あくまでそんなに欲しくはないけど~安ければ買おうかな~と、いったん値段交渉して高ければ、いらないと言ってその場を離れるくらいの多少の演技が必要^^
それでも向こうが食い下がってくる(ほとんどね)ので、じゃあ、これも買うからって、新たに交渉。

結局自分のものは買わずに、いったん外に出てたばこタイム。
この日はあいにくの雨で、すぐ横の灰皿設置してあるところまで傘さして移動。
たばこを吸い終わったら体に異変。
貧血で目が回りだした。2日間あんまり寝てないし、じっとしてても汗がじっとりしてきてなんだか吐き気までしてきた。地面が体のほうにせり上がってくるみたい。やばい・・・。倒れる・・・。意識が遠のく。

雨にぬれた煉瓦に手を添えてそのまま数分。なんか、反省猿のポーズで^^
何とか持ちこたえた。

もしや?と思って、心の中でお祓いをした。なんか拾っちゃったかな?
その後、体を清めるため?たばこ数本続けて吸ってやったw


メサの前で待ってると、義兄に続き姉が出てきた。叔母とOさんはまだ来ない。
しばらく待っても来ないので、携帯に電話。が、出ない。15分ほど遅刻でやってきた。
今まで時計の交渉で時間がかかったので、何も買い物ができていない二人を姉がメサに連れて行った。
仕方ないので、その辺をぶらつく。
出産入院のときのバッグを買おうと思ってぶらぶらしてたら、すごくかわいいのを発見。即購入。

買い物を済ませた叔母たちと合流。
ここで義兄が一人で別行動。
実は義兄は一人で名所旧跡を回るとため出かけて行った。でも、これはOさんには内緒。社会科の先生だった彼女は、そういうところに行きたいと前から言っていた。ついて行くと言い出すのは目に見えている。が、Oさんを連れてだなんて義兄の負担が大きすぎ~。
だから、みんなに内緒で義兄を送り出した。あ~苦労する!

私たちは食事をするため、ロッテデパートの地下へ移動。
ここで各自好きなものを注文。会計は私がみんなの預かり金からした。
私は、칼국수(カルクッス)を注文。
これは、うどん。韓国のうどんが大好きなの。
Oさんは念願の石焼ビビンバ。姉は小豆のお粥とホットック(シナモンが入ったホットケーキみたいなおやつ)叔母は…忘れた。
ホットックの残りを義兄のために買ってテーブルに置いてあったのに、食べ終えた食器とか返却して帰ってきたら、ラップがはがされている。ええええええ~~~~~。
Oさんが、「これおいしそうなのでいただいてもいいかなと思って・・・」
はぁ~ん?何勝手に人のもん開けてるのよ!!!
あきれながらも、どーぞと言うしかなかった姉。無邪気においしいおいしいと口の周りをシナモンの黒糖でベチョベチョにしながら食べているOさん。憎めないんだけど・・・。なぜか腹が立つ。

食後、いつも行く服屋のお姉さんのお店に。
ここで私は一気に私の服と母の服を15点ほど購入。
腕が長い私は日本のものでは袖丈が短すぎていつも買うのに苦労するけど、韓国ではぴったり!
この旅行の一番の目的完了~!!!
いつもいい買い物をさせてくれるアジュンマ、ありがとう。


私たち一行様、みんな揃ってすごい荷物になってる@@。
いつも行くかばん屋さんに立ち寄って、預かってもらうことになった。
もちろんここでも娘たちへお土産のカバン購入。

身軽になって東大門へ。
が、あちこち立ち寄っては買い物をするのでだんだん手荷物が増えていく~。
Oさんは、買い物をする時には自分の買い物した荷物、自分のカバンの存在も忘れて物色するので、傍から見ていて誰かに取られるんじゃないかと気が気じゃない。
自然私がその荷物を持つはめになる。ほっておけない性格があだとなる。
左肩に私のバッグ、Oさんのバッグ、買い物荷物二人分持って、階段を上がるときにはOさんの腕を右手で取ってえっちらおっちら上るので、疲れも倍増。
口ではえらいって弱音を吐かないけど、Oさんの足取りは前に進まず。
ご飯食べるときだけは元気になるので、時々、鼻の前にニンジンをぶら下げなければならない^^

5時からの予約を7時に変更したので(かばん屋さんに頼んだ)、ゆっくり買い物をして、義兄とも無事合流。

いよいよ、夜ごはん。
今回の食事については、焼肉と韓定食は絶対食べたいと私が主張してきたので、予定通り韓定食のお店を予約した。
だって、この旅行は私を癒してくれるために姉からのプレゼントだったんだもん♪~

TAXで行こうかと思ったけど、地下鉄に乗ろうってことになった。
地下鉄のほうが安いし、それに私は今まで韓国の地下鉄は未体験だったので、乗ってみたかったん。

ここで韓国人の優しさに触れることとなった。
昨日のぼったくりで韓国人のマイナスを払拭するくらいのいい男に出会ったん。

いったんここで切りますね。いつも通り長くてすみません。


| 日常生活 | COM(6) |
2009-12-28 (Mon)
腰痛もだいぶ治まってきました。
ご心配いただいてすみません、ありがとうございました。

さて、記憶が薄れないうちに続き書きますね。思いだせるかな?



帰りのTAXで、姉と私で1台。
義兄と叔母とOさんで1台で帰った。
私たちのほうが先に着いたので、コンビニでお水を買っていたら義兄から携帯に電話あり。
問題発生!!!

義兄の最初のひとことは、「無事着いたか?」でした。
「うん、着いたけど、水が無かったから今コンビニに来てるよ」
「TAXいくらだった?」
「3000ウォン。チップふくめて4000ウォン支払ったけど・・・?」
「なら、よかった」
「???もうすぐホテル行くから」


姿が見えなかったので心配しての電話だったのか?
それにしてはなんか切羽詰まってたような・・・。
ホテルのロビーで、ほかの3人と合流。

事情を聴くと、この3人が乗ったTAXの運転手とんでもない奴だったw

義兄たちの前に韓国人が待っていたらしい。
そこへTAXが来て、その韓国人が乗り込もうとしたら手で払いのけて、後ろにいる日本人である義兄たち3人に乗るように手招きしたんだって。
???と思いながらも乗り込んだ3人。
走り出してしばらくして叔母がTAXにメーターが無い事に気がついて、義兄に「おかしい、この車メーターが無い、変じゃない?」って何度も言ったそう。もちろん、運転手にもそれを訴えたらしい。
日本語で。
当然、知らんぷりされたらしい。

この気がついた時点で車をストップさせたらよかったのに。
とはいっても韓国語が誰一人わからないんだから、日本語でまくし立てても運転手は無視しただろうけどね。
私が乗ったTAXに払ったお金は3000プラス、チップ1000ウォンで計4000ウォン。
義兄たちが要求されたのが、なんと28000ウォン。

何度もTAXに乗っているのでその額がとんでもなく高額であることはわかっている叔母は、「そんなのおかしいじゃない。そんなにするわけがない」って大声を出したらしいけど・・・。
またその運転手がめっちゃ怖そうな人だったんだって。
だから、何かされる前に、とっととお金を払った方がいいとなって、払ったらしい。

で、私たちの姿が見えないので心配になって電話をしてきたというわけ。

どうしてメーターが無いと気がついた時点でさっさと降りなかったの?
いや、そもそも、どうして乗るときにメーターの存在を確かめなかったの?
お金を払うときに、一人でも降りてホテルのフロントに助けを求めなかったの?
いやいや、TAX乗る時点で姉と私が別れるべきだった。
反省はするものの、後の祭り。

韓国のTAXは2種類のTAXがあるんだけど、黒い車体が模範TAXで、一般TAXは白い。
模範TAXは高いけど、日本語も英語も通じるの。
模範と言うからには、詐欺など考えなくてもよい。
白の一般TAXは日本語がわからない人がほとんど。中にはカタコト話せる人もいるけどね。
でも、安い。
韓国名物の少々手荒い走りが楽しめる^^(スリル満点)

わかっちゃいるけど、今まで模範TAXになんて乗ったことがなかった。
それでも、今まで危ない目に遭ったことも、騙されたこともなかったけどね。
ちょっと遠回りされたことはあったけど~。それでもそれもほんの少しの金額の上乗せでしかない。

やっぱり嫌なことが起こるかも~の不安的中!

見事に詐欺に遭いましたとさ!
叔母たちにとっては、よい土産話になったんでは?(オイオイ)

私がいたら

「까불지 마www」

と、喚いたかも~。
「ふざけるなw」です。


でも、金を払わなくて車をどこかに走らせられてどこかでポイってされてもも困るから、たかだか2200円ほどで危険な目に遭うこともないので、結果、無事だったのでよかったです。

今は結構取り締まりも厳しくなってそういう詐欺を働くTAXも少なくなってきてると聞いていただけに、今回こういうことがあってとても残念。
TAXに乗るときはちゃんとメーターがついているかどうか確認してから乗りましょう!!!

韓国人の客を拒否して日本人を乗せた時点で、明らかに日本人をターゲットにした悪質TAXであることは間違いない。
でも、名前も車のナンバーも覚えてないんではどこにも訴えられないんだよね。
叔母ったらホテルの従業員に日本語で怒りをまくし立てていたけど、怒る相手が違うよ~><


…とまあ、こんな事件があったんですが、大したことでもないのに引っ張ってしまってごめんね。

義兄は、その夜あまりの悔しさで眠れず。翌日寝坊しました^^


苛立ちも収まらないまま、とりあえず私の部屋で全員集合。
まったりコーヒータイム。

私は、今日の預かり金の収支を計算。立て替えの分を支払いした。一応会計報告をした。
あ~めんどくさ~。

そろそろお開きという段階で、姉と目配せして、出かけることにした…のだが、目ざとくOさんが
「どこへ行くんですか?私も行きます」と。

出かけたら、必ず階段があるんだよ。
他人に荷物を持たせて、わざと?って思うくらいハァハァ言って両手で手すり抱えながら歩くOさんを連れて行こうだなんて思わないよw
そもそもOさんがいたから、思うようにあちらこちらに行けなかったから、遅い時間からでも出かけようってのに、なぜついてくると?ちょっとは空気読んでよね!!!

「まさか、hamさん、自分だけマッサージに行くつもりじゃないですよね?マッサージなら私も行きたい」
「いや、行かないから。ちょっとぶらついてくるだけ」
ホントは、汗蒸幕(サウナみたいなやつ)火、マッサージに行きたいって思ってたんだけど・・・。
結局、このOさんの発言で行けず終い。
この旅行の大きな心残り~

姉と二人で「Oさんは疲れただろうからゆっくりお風呂に入って寝てください。私たちちょっと行ってくるだけですから」と説得。叔母は、疲れたから行かないって言ってくれたし^^

姉夫婦と私の3人で夜の散歩。とりあえず近場で、ミリオレ明洞店辺りを待ち合わせ場所と時間を決めて単独行動!!!

他人の荷物を持たなくてもいいし、ついてきてるか、どこにいるか、心配せずに歩ける。
あ~一人っていいな~って思った^^
今度韓国には一人でか、姉たちとだけにしたいっっっ。


帰ってから風呂に入って寝た。
こうして韓国の一日目終了~~~。


| 日常生活 | COM(4) |
2009-12-25 (Fri)
May the miracle of Christmas fill your heart
with warmth and love.




腰のほうはずいぶんよくなってきましたが、店長より、今日まで休んで土日に頑張ってと言われました。
来月の生活費ががすごく心配です^^

とりあえず、みなさんへのメッセージを、と思いまして・・・。

それでは素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!

 Merry Christmas

韓国のイルミネーションです。


>> ReadMore
| 日常生活 | COM(10) |
2009-12-21 (Mon)
更新が遅くなりました。
韓ちゃんは来るし、忘年会はあるし、法事はあるし、そんでもって姉は泊るし、娘は泊るし・・・大忙しの5日間でした。
韓ちゃんが来た時には、リクエストでから揚げ(まただよ)、忘年会ではカニ鍋、姉たちと鶏鍋、法事で特大海老フライほかご馳走食べて、夜はスパッゲティのコース(飲み物飲み放題、サラダ食べ放題、スープ飲み放題、ドルチェ2個)、今日は、娘たちと家で中華作って食べて、今、ようやく娘たちが帰りました。

布団は干したけど、洗濯が山と残っている状態です。
明日から仕事。なんかすごく疲れています。



さてさて、韓国旅行の続きです。

なんやかんやあったけど、無事、韓国仁川空港に到着。
外国人カウンターに並び、パスポートと、機内で苦労して書いた入国カードを提出して、パスポートに入国スタンプを押してもらい、韓国への入国手続きは何事もなく通過。ホッとした。
エスカレータを降りてターンテーブルへ。
まだ荷物が出てきてなかったのでトイレへ行くことにした。(機内でも1回したけどね)
このときOさんも行った。

機内に預けた荷物を待っている間、Oさんにクレームタグ(荷物引換証)出すように言ったら、「それは何?」と言う返事。
「荷物の番号が書いてあるシールみたいなのを貰ったでしょ?」
ガサゴソ探すも、またもやここで無い無いと騒ぎ始めた。唖然。脱力。

「私、そんなの貰いました?覚えがないけど」
「はい、貰いましたよ。一人一人貰いました」
「それってどうしてもないと駄目ですか?」
「別に荷物がちゃんと出てきたらいらないけどね。もし、荷物が紛失したら困るし、自分の荷物がどれかわからないときは番号見て探さなきゃならないから。似たようなスーツケースがあるでしょ?」
「自分のスーツケースはわかるから」
「あ、そう」

まあ無事に荷物を受け取って、税関検査。
これも機内で書いた「旅行者税関申告書」を提出するだけで、すんなり通過。
とりあえず、一人1万円を両替。122000ウォン。空港内は、あまりレートがよくない。
添乗員が待つ出口へ向かった。
いっぱい、人がプラカードや手書きの紙を持って待っている。
すぐに見つけて、話しかけると、もう1組あるから待つようにと指示を受ける。
座って両替したお金を数えて3人分別封筒に入れて、もう1組と合流となって、さあ出発という段になって、Oさんが車で1時間も走るならトイレに行くと言い出した。
待ってる間に行けばいいものを・・・という添乗員の舌打ちが聞こえそうな雰囲気の中、一人ではトイレの場所もわからないだろうし、ここで迷子になられても時間が余計にかかってしまうので一緒について行った。
帰ってきたら添乗員はむすっとしていた。

今までこんな不愛想な添乗員に当たったことがなかったのでびっくりしてしまった。
自己紹介も無かったし、みんなに話しかけることも無く、車内では「今から免税店に行きます」とだけ。
あとは運転手と話すのみで、私たちに向かって「日本のどこから来たんですか?」とか「韓国は来たことありますか?」とかいう質問と言うか話しかけも一切なく、(今までの添乗員はそんな会話から入ることが多かった)免税店につくまでただただ無言。

叔母が日本に帰ったら添乗員のこと旅行会社に文句言ってやるとすごく憤慨していた。
しかも添乗員に聞こえるような声で言うもんだから私は気が気じゃなかった。
添乗員の仕事に就くということは、かなり日本語がうまいということ。
だから、何度も、叔母に「聞こえるよ」と注意しても、叔母は文句を言うのを辞めなかった。
添乗員が不愛想なのはそれが聞こえているのも輪をかけたかもしれない。
Oさんがおとなしくなったと思ったら今度は叔母ですかい?勘弁してくださ~い・・・。

免税店に到着。ロッテ免税店だったので、勝手知ったるで、真っ先にコスメ店へ。
ここでまずはお目当てのIKKOさんお勧めのコスメ売り場へ。
Oさんと叔母はBBクリームを購入。
私は違う店ではちみつ入りハンドクリームを購入。
仕事では欠かせないものなので、ついついこういうものを買ってしまう。
と、言うか、そういうものを買うために韓国へ行ったんだけどね。

免税店を出て、もう1組のツアー客の宿泊ホテルへ回り、姉たちが待つホテルに到着。
フロントで姉たちの部屋番号を聞いて、とりあえず自分たちの部屋に直行。その後姉の部屋を訪ねた。

Oさんは、ルームキーの使い方を知らなかったので説明し、絶対にキーを部屋に置いたままドアの外に出ないように言い聞かせた。
Oさんが年上で、失礼なのは承知の上で、もう子供相手のようにいちいち言い聞かせなければならない。
自動的にロックされてしまって、フロントでマスターキーで開けてもらわなくてはならなくなるから、それを避けるため、「部屋から出るときは必ず持って出るように」と何度も念を押した。
その後、フロントでお世話になるようなことはなかったけど、その代わり、いつもドアをオープンで、廊下から部屋が丸見え状態だっ><
しかも、隣の私と叔母の部屋に来ている間もドア開けっぱなし(部屋には誰もいない状態)という恐ろしい事を平気でやってくれてた。廊下に出てはギョッとして、慌ててOさんの部屋に鍵をかけるのが私の仕事になった。
どうせなら、ここで盗難騒ぎがあった方がいい薬になったかもしれないって意地悪く思ったほど。

Oさんの部屋に入ると、風呂の掃除がしてないようで、浴槽に髪の毛は落ちているし、汚れていた。
すぐにフロントに電話して掃除のしなおしをしてもらった。なんか、やっぱり嫌な予感継続中。

姉夫婦と合流。私たちは4階、姉たちは11階だった。
私の部屋が自然とみんなの集まる部屋となった。
とりあえず、コーヒーを飲もうとなって、ポットが無い事に気づいてフロントに連絡。
いつもならこんなこと無いのにってやっぱり嫌な予感継続。
ポットを持ってきてもらって、日本から持参のコーヒー・ココアを飲みながら、今後の予定を立てた。


まず、明洞の南大門へ。
ここでのお目当ては衣服類。
下着、靴下を買う前に、とりあえず3万円を両替。レートは129000ウォン。
空港で両替したお金から50000ウォンずつみんなから徴収。叔母とOさんには72000ウォン返却。

叔母が以前買った時計が動かなくなったというクレームで、時計の店へ行ったので、私は別行動。
翌日がどうも雨のようだったので、屋台で買える靴下を女性用36足、男性用6足購入。
母から15足頼まれていたので、どうしても買って帰らないと後が怖い^^

韓国の靴下は、毎日履いてても伸びることも無く、とても丈夫なのですごく気に入っているん。
日本の靴下は、ずれたりするけど、韓国のは足にぴったりでとても履き心地がいいので、土産にすると喜ばれるの。
以前は10足で10000ウォンだったけど、今回は12足で10000ウォンだった。1足あたり約65円。
男性用は6足で5000ウォン。

下着(パンツ)2枚購入。日本からの荷物を少なくするために韓国で買うことにしている。
あとは、まず布団屋さんでラグ購入。すごくかわいい柄のがあったからよかった~。
これは子どもが出産後赤ちゃんを連れてきたときに使おうと思って購入。
このお店、以前いた日本語が達者なお姉さんがいなくなってて、日本語がわからないお姉さんが残っていた。
でも、顔は覚えてくれていたようで、いつものように圧縮袋に入れてくれた。

次は、風呂敷のお店へ。裏表使えるすごく綺麗な色合いの風呂敷。
家使いと、お土産用で13枚ほど購入。
あと、巾着ポーチ。ポジャギ(韓国パッチワーク)のもの。
この風呂敷や巾着は、苧麻(モシ)という植物の繊維からできた美しい布のもの。韓国では夏の韓服(チマチョゴリなど)に使われる。テーブルクロスにしてもいいし、色もたくさんあって、すごく綺麗。

ぶらぶら歩きながら、それぞれが買い物をして、途中小腹がすいたので軽く食事をした。
ビビンネンミョン(唐辛子の味噌だれの冷麺)、キムパプ(のりまき)、チヂミ(韓国風お好み焼き)、トッポッキ(コチュジャンや水飴で細長い餅を甘辛く煮たもの)、付け合わせの無料のだいこんの漬物・キムチもお腹いっぱい食べて5人分で20000ウォン。とにかく安い!
食べているところに、店のすぐ前のお店の人が韓国のりの見本を持ってテーブルに差し入れ。
なかなかの作戦。
食後、礼儀としてお店をのぞいた。良い男だったってのもある^^
結局ここで、韓国のりと、乾燥鱈の身をほぐしたもの、ごま油、ダシダ(料理だし)を購入。
叔母は、漢方まで買っていた。

この時点で、みんな結構な荷物になっていた。
そこの店主がサービスでホテルまで荷物を届けてくれると言うので、ホテル名、部屋番号、名前を教えて、身軽になったところで、また、ぶらぶらぶらぶら。
そしてまた荷物が一つ二つと増えていく^^

それぞれ買い物をして合流後、道すがらお店を覗きながら一旦ホテルに戻った。

少し休憩をしてから念願の焼き肉を食べにTAX2台で行った。
途中、クリスマスのイルミネーションがとてもきれいでみんな歓声をあげていた。
街路樹の幹や枝にまでライトが施されているので、遠くからでも近くからでもクリスマス気分を堪能できる。

TAX代は片道3000ウォン(1台分)。チップと合わせて4000ウォン支払った。
運転手さんはニッコニコ~^^
韓国のTAXは日本に比べたらすごく安い。日本とは桁が一つ違うかな?

この焼き肉店は韓国へ行くと必ず寄るお店。
日本でも結構テレビで取り上げられている有名店。日本のタレントのサインなんかも飾ってある。
ここのチヂミは超最高だった・・・はずなのに、なぜか、料理が変わってしまっていてすごく残念だった。
どうやらシェフが変わったようだ。普通のチヂミになってしまっていた><
ホルモンはおいしかったよ~。ただ量が少なくなってた。重ねがさね残念!

私が徴収してあったお金から会計。260000ウォンほど。
少しおまけをしてくれて、帰りは店の車で東大門まで送ってもらった。
いつもTAXで行くと、なぜ電話をしないの?迎えに行くのにと怒られる^^
だから、帰りはお言葉に甘えて車に乗せて行ってもらうの。
そのかわり、運転手さんにはお礼に5000ウォン支払った。

向かった先は新世界百貨店。
南大門はオバさん御用達の店が多く、東大門は若者向きの店が多い。
私は入り口前の広場でたばこが吸いたかったので、ここでも別行動。
一人でぶらぶらした。
かわいい巾着ポーチがあったので、またもや購入。
あと、おこげ飴とか、頼まれていたパッチワークの座布団のカバーを見つけたので購入。

待ち合わせ時間までにまだ時間があったのでコーヒーを飲みながらみんなを待った。

この間、問題の多いOさんの世話は姉がしていたみたい。
ごめんよ…姉ちゃん。

帰りのTAXで、姉と私で1台。
義兄と叔母とOさんで1台で帰った。
私たちのほうが先に着いたので、コンビニでお水を買っていたら義兄から携帯に電話あり。
問題発生!!!





おっと、気がつけばもう2時30分を回っています。続きはまた今度。
3日間仕事を休んだので、明日から仕事です。(あたりまえか・・・)
続き、気になる方、読みた~いって方、応援ぽちっとお願いしま~す。









| 日常生活 | COM(10) |
2009-12-15 (Tue)
姉がへそくりで私を韓国旅行に連れて行ってくれた。ありがとう姉ちゃん!
長くなるので、分けて書くね。

とりあえず、出発からいろいろと問題発生。
3日間の苦労が予測できる出来事あり。

順を追って書きますね。どうか、最後までお付き合いください。

*******************************************************************************************

前日、子供が遠足に行く前の日のように、なかなか眠れなくって、2時間寝たところで起きなきゃならなくなった。なかなかどうして…私って繊細?
準備は前日に全部完了なので、シャワ~を浴びて目をパッチリさせてから最寄駅まで車で。
歩いても10分かからないんだけど、早朝にゴロゴロゴロゴロとスーツケースを転がすのはあまりにもご近所迷惑なので、1日700円の駅の駐車場へ車を預けた。
TAXを呼ぶことも考えたけど、帰りのこと考えたら預ける方がいいと思って。
ダウン着てるとは言え、結構な寒さだったし。
時間は5時40分。

この駅はエレベーターがあるので楽チンにホームまで上がれた。
学生もエレベーター使用。
若いのに…って思った。
これ、あとから韓国である出来事で考えさせられたんだけど、この件はとりあえず置いとくね^^

電車は2.3空いてる席があったけど、満員電車になるのわかっていて足元にスーツケース置けないので、ドアの近くにスーツケース押さえながら立ってた。1回乗り換え。結局、セントレアまでの1時間ちょっとをず~~~と立ちっぱで、早くも腰が痛くなってた><

セントレアには、すでに叔母とお客さんのOさんが到着してて(彼女たちはバスで)無事、合流。
旅行会社からチケットをもらい、チェックイン。
大韓航空のカウンターで機内に預ける荷物の検査。
クレームタグ(荷物引換証)を受け取った。

このクレームタグは、荷物が紛失した場合に必要になるので大事に保管するように言ったのに、あとでOさんったら、無い無いとひと騒ぎ。

それからOさんが海外旅行傷害保険に入ると言うので手続き(3000万保障に加入)。
私はPCで加入済み(2000万保障)。
たばこを1本吸ってトイレを済ませてからセキュリティチェック。
かごの中にバッグ、携帯、コート、あとポケットの中のものを入れて、X線検査。
ここで、私のバッグが引っかかった。
えええ~~~?なんで?
はい、すみません、ライター1個のはずがバッグの底にもう1個隠れてた。(バッグいつも使ってるやつだったから、それに気がつかなかったん)
1個没収。
私の後に続いたOさんのバッグもなんか引っかかったが、中身確認後、無事通過。何だったかは不明のまま。

なんか、いつもの旅行と違って幸先悪いな~…この思いは後々当たることとなる。


出国検査。
パスポートと搭乗券を出国審査の係員に提示。ポン!っとスタンプを押してもらって、ここは3人ともすんなり通過。やれやれ~。

搭乗開始まで時間があったので、コーヒーを飲みながら時間つぶし。叔母のおごり^^
その後、免税店でロクシタンのハンドクリーム購入。クリスマスバージョン缶入り、良い香りの3本セット(チェリー・バニラ・ローズ)。

搭乗ゲートまでかなり歩かなきゃならない。叔母とOさんはカート使用。私は若いから自力で。
途中でたばこを1本。これからしばらくは吸えなくなるからね。
たばこ吸ってる間にOさん、つかつかと勝手にパスポート提示して何やら聞きに行ってたらしい。
その結果、長蛇の列をしり目にビジネスクラスで搭乗手続き。

機内に乗り込むため歩いているとき、パスポートはしまって、搭乗券の半券は座席番号が書かれているので手に持っているようにOさんに話して、帰りのチケット貰うときのEチケットもしまっていいよって言ったら、それが何か分からないと言う。
説明して、探すも無いとのこと。
無かったら飛行機乗れないかもしれないからちゃんと探すように言った。
ホントは別に無くて、も大丈夫だけどね。
これくらい言っとかないと気をつけない人だから~。

いよいよ搭乗。
「アンニョンハセヨ~」とあいさつして座席券をキャビンアテンダントに提示、座席を案内してもらった。いつもは右側に行くのに左側へ。手続きだけビジネスで早くやれたのかと思ってたら席までビジネスでびっくり。

実は、このOさん、身体障害者手帳なるものをお持ちで、そのおかげで今回は行きも帰りもビジネスクラスを経験させてもらったん。いや~、エコノミーしか知らなかったけど、ビジネスクラスはやっぱりいいね~。これだけはOさんに感謝!

座席に座って手荷物・ダウンを頭上の棚に入れて、シートベルト着用。
やりかたがわからないOさんのも。この間、叔母は知らん顔。
席は真ん中の3人掛け。私、叔母、Oさんの順で座った。
腰に小さなマクラがあって、腰が痛かった私にはすごく嬉しかった。
もちろんシートはふかふかしてて、エコノミーとは大違い!
ダブルブッキングでもない限り、ビジネスクラスになんて乗れないもんな~。(貧乏人だもん^^)

さて、Oさん、座席に座ってあちこち探すもEチケットが無かったらしく、そもそも貰ってないんじゃないか(い~や確かに貰ってた)、私か叔母が持っているんじゃないか(持ってません)、もしかして保険に入った時に忘れてきたんじゃないか(カウンターの上にはそんなもん残って無かった)と他人のせい。

別に無くても大丈夫だと言っても、電話をすると言って、セントレアに電話。そこから保険のカウンターに、で、旅行会社に電話。
さすが、こういったことに関しては教師をしてただけある。行動が早い。
長々と電話した結果、無くても飛行機に乗れるようにしてってくれると言われたと、やっと落ち着いた。(だから、無くてもいいと言ったのに~。ちょっと脅し過ぎだったかも)

離陸後、配られた入国カードと税関申告のための書類記入にとりかかった。
入国カードには、名前、性別、パスポートナンバー、生年月日、滞在先、便名などを書き入れるようになっている。
私は家で、3人の情報をメモでまとめてきて、わざわざパスポートを取りださなくてもいいようにしてきていた。
私の横で叔母がメモを見ながら書き込んでいて、Oさんはどうしていいかわからない様子。
あとで、Oさんのも書くからと言って自分のを書いていたら、叔母が間違って私のパスポート番号を写していた。ありえないw
キャビンアテンダントに用紙を再度貰った(2回目)。このキャビンアテンダント、日本語がわからない。身振り手振りで貰った。

叔母のも書き終えて、今度はOさんのをと思ったら、なぜか用紙がないと言う。
なんで?ついさっき貰ったばかりのものをどこへやったん?
追求してもまたごそごそやるばかりなので、また振り手振りでキャビンアテンダントに用紙を再々度貰った。(3回目)
焦った私は間違えてしまった。でも、線を引いてかきなおせばO,K。
なのに、それを見たOさんが、「いやだわ、私のを間違えるなんてすごくいやだわ」と何度も言う。
カチンと来た。「だったら自分で書いたら?これ、旅行会社に頼むと何と3000円もかかるのよ」

しかたなく、また振り手振りでキャビンアテンダントに用紙を再々々度貰った。(4回目)

Oさん自分で書くと言いだした。だけどどうやって書くのか教えてと言うOさんだったけど、5回目の用紙を貰うことを避けたかったので私が書いた。その方が早くて面倒くさくないから。署名だけは各自でしてもらった。

すでにこのときに私はかなり頭に来ていたし、この先が不安でいっぱいになった。

その後、えらく質素な機内食(すし)が出て(以前はもう少しいいものだったのに)、ペロッと平らげ、お茶をもらって、少しボ~っとしてたら、もう着陸態勢に入って、あっという間に韓国に着いてしまった。



さらっと書くつもりが長くなってしまいましたw
まだまだ続きますが、もう少し待ってください。

| 日常生活 | COM(10) |
2009-12-08 (Tue)
さて、韓国行きの準備も万端整えた。
あとは朝ちゃんと起きてセントレア行きの電車に乗り遅れないこと。

韓国のホテルには衛生上の問題で、歯ブラシはない。
良いにおいの石鹸があるけど、これまたちっちゃい。
シャンプー・リンス・ボディシャンプーは携帯用のボトルに詰め替え完了。

ポケットティッシュ・ウエットティッシュ・歯みがきセット・ヘアブラシ・ミラー・眼鏡ふき・綿棒・・・O,K。

目薬・風邪薬・その他の薬・栄養ドリンク・・・O,K。

韓国情報誌・クーポン(PCでget)・携帯電話・携帯充電器・デジカメ・デジカメ充電器・変圧器・・・O,K。

手帳・筆記用具・服・下着・折りたたみ傘・手袋・ビニル袋・圧縮袋・・・O,K。

パスポート・お金・・・O,K。

これで、結構な荷物になってしまった。
あとは、帰り用のバッグも入れて…準備完了。

今、ランキング見たら、すごい事になってた><どこ?どこ?
帰ってきて探せなかったらどうしましょ。

帰ってきたときに元気が出てるよう、みなさん、ぽちっとお願いしま~す。(左側枠外にあります)
ではでは、おやすみなさ~い。

どうか飛行機が落ちませんように・・・。
部屋を片付けてないので(誰にも見られたくない)、無事帰って来れますように・・・。


| 日常生活 | COM(14) |
2009-12-07 (Mon)
食後はお約束通りのいつもの。

お馴染み、色気がないのは通常通り。
足が痛いという韓ちゃんが考え出したものはPC用に買った座イスを使用しての運動だったん。
このイスに座ったまま・・・。
もう笑って笑って、おかげで非常に楽しく運動できたわ。

終わってから、これまたいつものマッサージタイムに突入。
1時間くらいご奉仕させていただきましたが、お返しはなし。
「私も疲れてるんだけど・・・やってくれやんの?」
「せっかくマッサージやってもらって気持ちいいのに、やったらその気持ちよさが無くなっちゃうから、俺はやらん!」
マッサージやってもらったら寝るわと言っていたのに、またPCの前に移動。

私は母の家に置いてあったスーツケースを取りに行って、来週の韓国旅行の準備にとりかかった。
中身は大して入ってないのに(小物が数点、雑誌が数点)重い。
今から4年前はそんなに苦じゃなかったはずなのに、このスーツケースがこんなに重かったとは。
今はとても軽いのが出ているので、売り場に行くと欲しい欲しいと思いながら、あまり使用頻度が高くないんだからと自分に言い聞かせて購入を断念したけど、カラに近い状態でこんなに重いとは><
やっぱり新調した方がよかったかしら?私もずいぶん年取ったし~。

部屋中に広げて作業してたら韓ちゃんが邪魔くさそうな目で見るのでいったん中止して、おやつの準備にとりかかった。チーズ揚げ。
出来立ての熱々をゲームに夢中の韓ちゃんの横に置いて「熱いうちに食べなよ」って言って、リクエストの夜のおかず、海老フライの準備を始めた。
昼に鶏のから揚げ。おやつにチーズ揚げ。夜の海老フライ。
もう揚げ物ばっかり。
そんなんでいいのか3回も尋ねたけど、それがいいんだって言う返事で、私もあきらめた。
ただでさえ体重増加の激しい私なのにw(韓ちゃんはあまり変わってない)

とりあえず下ごしらえだけして、その後はコーヒー飲んで韓ちゃんが戦うゲームをず~~~と見ていた。
「ham、明日仕事何時から?」
「明日は2時出勤」
「2時か~いいね」
「なんで?」
「ううん、別に。何時からかな~て思って」


そして、いつもの韓ちゃんが帰る時間1時間前になって、もうそろそろ海老フライを揚げたほうがいいと思って韓ちゃんに聞いた。
「まだいらん、あとで」と言ってゲームから目を離さない。
「でも、あと1時間しかないよ。もう揚げんと食べる時間が無くなるやん?」
「いいから」
「・・・・・」
「食べてもいいし食べなくてもいいし」
「ち、ちょっと~、食べやんなら材料が無駄になるでしょ?私一人では食べきれやんし。それとも最終の電車で帰るの?」
「ううん」
「ううんって?だったら食べる時間無くなるし、食べやんかったらせっかくの大きなエビが・・・」
「明日帰るわ」
「えっ?それって今日は帰らないで泊るってこと?」
「ああ。泊ったらいかんの?」
「いいけど~。明日仕事でしょ?」
「辞めたわ。社長とケンカして」
「そんな話昨日なんも言わんかったじゃない?ホントなの?」
「うそ!」
「も~。明日は韓ちゃん一人で仕事の日でしょ?朝何時に行ったらいいの?」
「8時ころ起きて8時半に出たら間に合うでしょ?」
「それって、韓ちゃんの仕事場まで私の車で行くってこと?」
「送ってくれる?あ、駅まででいいけど、仕事場の近くの」
「いいけど…起きれるかな?ちゃんと目覚ましかけてよ」
「はいは~い。hamも目覚ましセットしや~」

最近泊るなんてことはなかったし、中国に帰るから少しでも私に時間をくれようとしてるのかな?って思ったけど、その割にすることと言ったら、韓ちゃんのみがゲームするだけ。
ゲームしながらも、結構いろいろ話したからそれはそれで楽しく過ごせたんだけど。

結局11時回ってから夕食。
韓ちゃんは仕事終わってから食べるので、もう体が遅い夕食に慣れてしまっているのかもしれないけど、私のお腹はグ~グ~鳴いてた。
時間があったので、よせばいいのにハンバーグまで作ってしまった。
やっぱりよせばよかった。韓ちゃんは海老フライでっかいの5本も食べて結局ハンバーグには手をつけなかったから。

12時過ぎ、ようやく寝ましょうってことになって韓ちゃんはベッドに。
私はようやくPCの前に座ることができて、ちょっと調べ物したり、こそっと訪問したり、ゲームしたりしてたん。
そしたら、「まだ寝ないの?」って。
「今からお風呂に入るけど、韓ちゃんは?」
「俺は明日仕事行って入るから」
ささっとシャワ~で済ませて、濡れた髪のままゲーム開始。

そしたら、韓ちゃんが起きてきて、私がやってるゲームをしばらく見てたけど「ちょ、ちょちょ~っとどいてみ」って私をイスから追い出してゲーム横取りされた。
私がやってるゲームは、麻雀の杯を同じ絵柄のものを2回曲がれる範囲で消していくSHISENというゲーム。
毎日寝る前に何ゲームか、頭が疲れるまでやってバタンと寝る、そんな習慣ができているの。
ちょっとと言いながら1時間以上も占領されて、それが終わったと思ったらPC内の他のゲームまで始めて、結局1時間半後、やっと寝ることにした韓ちゃん。

いじめなの?
私にPCを触らせないということ?^^
でも、なんか一人じゃない夜は久しぶりだったので、私も怒れなかったん。
韓ちゃんもすごく楽しそうにしてたしね。

ゲームして私が寝たのが4時近く。

韓ちゃんは、どうも寝られなかったようで6時ころまで起きてたらしい。
8時に起こしたらすごく眠そうな声だった。
急いでお弁当詰めて(私の)バタバタと準備して8時半に家を出た。

「韓ちゃん、眠たかったら少し寝たらいいよ。仕事のときえらいよ」
「そう?寝てもいい?」
「うん」
韓ちゃんが酔わないように、窓を少し開けて外の冷たい空気が入るようにして、足元はエアコンで温かくして頭寒足熱状態で走った。風邪今ひいたらやばいのに~って思いながら。
結局着くまで韓ちゃんはシートを倒して寝ていた。
ちらちらと横顔見ながら、私はニマニマしてた。

予定通り10時少しすぎに韓ちゃんの仕事場近くの駅に到着。ここに自転車が置いてあるの。
車から降りるとき、「あ~、なんか渡すもんあるでしょ?」
「別に無いよ」
「車の後ろに置いたじゃん。袋に入れて」
「え~、あれは私のお弁当だもん」
「そうなの?俺のかと思った」
「ううん、ごめんね、私のお弁当なの。韓ちゃんのとこ電子レンジ、チンするのあるの?」
「ない」
「だったら、冷めたやつ食べたくないでしょ?」
「あ~、いいよ、いいよ。hamが食べや~」
「うん、ごめんね」
だって、昨日の残りだもん、韓ちゃん食べたくないでしょ?っていうのは言わなかった。

あとで、もう少し早く寝て韓ちゃんにお弁当作ってあげればよかったなって反省。
そんなチャンスはなかなかなかったのに。どうしてそこまで気が回らなかったんだろう。
あんなに嬉しそうに自分のお弁当だと思っていた韓ちゃんに申し訳なかったな。
でも、あのお弁当はご飯もおかずも残りものだったから渡したくなかったん。
ごめんね。

私は2時出勤の予定を変更して12時出勤した。
店長に話したら「またそうやって、韓に振り回されて」ってあきれられたけど^^

こんな嬉しい誤算なら何度でもって思うけど、そんな甘い事はもうなかなかないだろうな~。



| 日常生活 | COM(6) |
2009-12-03 (Thu)
先週に帰ってきた韓ちゃん、また今週帰ってきました。
だって、来週私はアンニョンな3日間を過ごす予定だから^^

前日の電話では、韓ちゃんまたまた鼻声で。どうも風邪がぶり返したようです。
「大丈夫なの?明日は何が食べたいの?」
「まあ、大丈夫。そうだな~。鶏のから揚げ、あ、焦がさないでちゃんとしたやつね。あとは、エビと、あっ、またあれやって、餃子の皮でチーズ揚げたやつ」
「あ~この前のから揚げはニンニクとネギの醤油のだったから、焦げやすかったんだもん。今度は違うのでやってみるわ。で、またチーズなの?エビも?ずいぶん食費代が高くつくわね・・・」
「俺より稼いでるでしょ?」
「な、わけないでしょ!それで、何時ころに来るの?」
「まあ、いつもと同じくらい。13時から13時半だな」


さて、水曜日。
午前中は母と喫茶店に行ってから食材の買い物をして、その後灯油も買いに行きました。
母は、先週帰ってきたばかりの韓ちゃんがどうしてまた帰ってくるのか不満なようでした。
「おまえはいっつも韓ちゃん韓ちゃんって、今日はゆっくりお昼ごはん食べに行けると思っていたのに」
「だって、ホントなら2週間って言ったら来週だけど、私来週韓国行くんだから、今週帰ってくるんだが~」
「韓ちゃん帰ってきたら【これいくらですか?】とかの韓国語おしえてもらや~よ」
「それくらい韓ちゃんに教えてもらわんでもちゃんと言えますって」

母の用事も済ませて、ダッシュで家に戻り、米をとぎ炊飯器セット。
掃除機を念入りにかけて(また何か拾いもんするかもしれないから)PCの履歴とかを消し、お風呂に入って、ゆっくりテレビを観てた。
なのに、13時過ぎても13時半過ぎても来ない!
いつも、約束の時間にはしっかり遅れてくるんだな。
風邪が悪化して朝起きれなかったんだろうか。
電話した方がいいかな?と携帯に手を伸ばしたら・・・かかってきました。
14時回っていました。

「あ~っつい」
「え?暑いの?寒いと思ってストーブ付けて待ってたわ」
「今日、外はすごくいい天気で暑いよ」
買い物の時はそんなん感じなかったけど?

おもむろに財布を取り出して、お金を渡してくれました。
諭吉様、3枚。
もちろん、正座して両手で頂戴して頭を下げありがとうございます」(笑顔付き)
「1枚はいつもの気持ち。もう1枚はこの前借りたやつ。後の1枚は韓国で小遣いにしてもいいし、クリスマスのプレゼント買ってもいいし好きに使うや~」
【あいぽっと】のときのお金はクリスマスと誕生日のプレゼントだって言っていたのに、ちゃんと返してくれました。
しかも、韓国旅行のお小遣い頂戴ねっておねだりしたら、恥ずかしい事言うなって窘められたのにそのお金までくれたん。
すごく嬉しかったです。あ~単純な私^^

「言葉だけじゃなくちゃんと態度で示しゃ~」
私の頭に両手をかけて自分のジーンズのほうに引き寄せた。顔はちょうどファスナーのあたり^^
ジーンズの上からチュッってしたら満足そうな韓ちゃんが笑っていました。
(おっhamノリがいいね~って感じ?)


韓国行きを前にして、お小遣いどうしようwって思っていたら、こんな嬉しい誤算でした。

それに、この誤算はこれだけじゃなかったんです。
これについてはまたあとで。

とりあえず、から揚げを焦がさないように細心の注意を払って作りました。
今回は、手羽元をチューリップにしてみました。
手羽先じゃないから、すごくでっかいから揚げになって、その分火の通りに集中しました。
途中、手が攣りそうになって(ってか、攣ったんだけど)、こんな一つ一つが重いのはアカンやろ~って思いながら揚げました。
マッサージの仕事は、かなり手を酷使するので、こういった作業のときに疲れを感じますね。

でも、すごくおいしかったから手羽元と格闘して良かったなって思いました。
韓ちゃんの食べっぷりもよかったしね。

食後はお約束通りいつもの。


はい、続きはまたあとで~。
| 日常生活 | COM(8) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。