12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-31 (Sun)
1月30日、朝5時ごろ破水があって入院してから、微弱陣痛のため、1月31日朝8時ちょっと前、出産まで時間がかかって、かなり疲れた様子の娘。破水してから27時間かかってようやく無事に出産!!!

1月31日と言えば【愛妻の日】らしいね。
新米パパさんも、ずいぶん妻である娘の体を心配して、ず~と背中や腰をさすってあげてたそうで、日ごろの頼りなさ返上で、頑張るパパさんぶりだったとか。

私は昨日、夜中の2時過ぎに帰宅。韓国ママさんが仕事休んでもいいよって言ってくれたから帰って来たん。で、3時ころ就寝。そしたら5時半にこの新米パパさんから電話が入った。
「今、分娩室に入りました。子宮口がやっと7センチになったみたいです」
すぐに産まれるかと思ったけど、やはりここでも時間がかかって2時間半後にようやく誕生。

私が会えたのは10時過ぎてからだった。

いや~すごくかわいいもんですね。ずっと抱っこしてて腕が痛くなったけど、腕の中で暖かく柔らかく呼吸する赤ちゃんを見てるのはすごく楽しかった♪


この機能使ったことないけどちょっと試してみようかな^^


[高画質で再生]

初孫誕生 [SEO対策]
名前はまだ確定ではないけど「ゆい」「ゆいな」が候補。漢字はこれから考えるみたい。
お腹の中にいた時は「ひな」「ひなた」と呼び掛けていたらしい。赤ちゃんが困惑しなければいいが^^
スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(18) | TB(0) |
2010-01-30 (Sat)
夜中に電話があった。娘が破水して入院だって。
今電話したら診察中(婿に電話)陣痛7~8分間隔だって。
なのに、私は今日は韓国ママさんのところで仕事なん。
しかも、ママさん、美容院行くからって2時まで私一人で仕事。抜けられない><
でもって今日は泊りなん。

はあぁぁ~、娘のお産についててやれない><辛いな・・・。無事産まれますように!

では、今から1時間半近く車飛ばして仕事行ってきます。
| 日常生活 | COM(0) | TB(0) |
2010-01-29 (Fri)
今現在も頭を悩ませている問題。
でも、いくら考えても解決しないんだろうな。
なるようにしかならないんだから、と、思ってはみても…やはり悩む。


韓ちゃんが中国に行く前に言ったん。

「今度帰ってきたら俺家を借りるわ」
「なんで?」
「仕事は今の社長のとこで土・日だけやって、あとは為替の仕事する」
「でも、ここに家があるのにどうしてまた家を借りる必要があるの?」
「為替は夜中にやるんだからここでは集中してやれやんやん」
「夜は寝るだけなんだから、いっくらでもここでできるでしょ?」
「できんから言っとる」
「だからなんでできないの?」
「うるさいから」
「・・・・・」
「hamもうるさいし、中国でもうるさく言うし俺は一人で集中したいの」
「今までは仕事で遅くなって電車がないから帰ってこれやんかったけど、だったら、それって、別居ってことじゃない?それにわざわざそんな遠いところで家を借りる必要がないじゃない」
「土・日は社長のとこで仕事するんだから、こっちに家借りたら寝る場所がないよ」
「土・日だけ今までいた寮にいさせてもらえばいいだけのことじゃない?」
「いやだ。家を新しく借りる」
「それって、女を寮には連れ込めないから新しく借りるんじゃないの?うちから近いところだと、私にばれるしね」
「女なんかいないわ。今度家を借りたらいつでもhamが来てもいいから。鍵も渡すし。それだったらいいでしょ?」
「いやだわ。絶対に嫌」
「何言ってるの。俺は中国で頑張って金、為替で稼いでくるから」

「電気カーペットはあるの?布団の電気毛布はあるの?机これ貰うわ。あと、何が必要かな」・・・etc.
もうすっかり新しく自分だけの部屋を借りるつもりでいる。
「私のものをどうして韓ちゃんにあげなきゃならないの?大体私はそれを承知しないんだからね。家借りるって言っても私は保証人にだってならないんだから」

中国人が一人で保証人もなしで部屋が借りれるとは思えない。私だってァパート借りるとき保証人が必要で姉に頼んだもん。
マッサージの店をやっているママさんも、旦那さんの名前で借りたり、親しくなった日本人名義で部屋を借りて寮としてる。社長に借りてもらうならそれは可能かもしれないけど。韓ちゃん一人では難しいと思う。

今まで寮にしか入ったことがないから、家を借りたら賃貸料だけでなく諸々の諸費用がかかるってことわかってるの?

光熱費・・・ガス代・電気代・水道代・・・今までは仕事仲間と折半だったけどこれからは自分一人で払わなきゃならないんだよ。
しかもマッサージの仕事は土・日だけって、どれだけ稼げるわけ?

やれるもんならやってみろっていう気持ちもある。


いつ私が訪ねてもいいなんて言ってるけど、私だって仕事があって、車で1時間半もかかるのにそうしょっちゅうは行けやん。私が仕事中なのをいいことに女を連れ込んでいても私にはわからない。私が行くとしたら夜か仕事が休みのときだけしかないんだから、昼は韓ちゃんのやりたい放題じゃない。今までは寮だったから他の人の手前そういうこともなかなか出来やんかっただろうけどね。

もう、韓ちゃんが何を考えてるのか私にはわからない。
うちは古いけど、部屋数はそこそこあるんだから、もし私がうるさいからって言うなら、お風呂と洗濯のときにしか降りていかない地下だってあるん。そこで一人暮らしする気分で住めばいいのに。食事も何もかも別々でって言うなら私も楽だし。光熱費は折半と言うなら尚良いし。

わざわざうちから遠いところで部屋を借りるってのがひっかかるん。
仕事だってやめて中国に行ったんだから、帰ってきてからそこの社長のところで働かなくても、うちから近い所でアルバイト探せばいいじゃない。マッサージがいやならほかの仕事探せばいいじゃない。わざわざそんなところで働いて。
私と一緒に住みたくないんなら、はっきりさせたらいいじゃないのこの結婚。終わりにするなら帰って来なくてもいいよ・・・・・。


・・・・・と、まあこんな感じで頭が痛いんですわ。

結局のところ、韓ちゃんにとっては単なる日本にいられる結婚ちゅうことです。それを再確認したって言うか。心はどんより雨模様。なんか、いろんなことにやる気がでない。

中国での為替状況にもよるんでしょうが、当分、帰ってきてもらいたくない気分。今、全然会ってなくても寂しくないし。だってゲームで時間十分につぶせるし^^




話は変わるけど、しかも相当古い話なんだけど、正月早々喧嘩した。
それまで何度も前を通っているのに私にはそこが社長の家だと教えなかった韓ちゃん。偶然、私が「こんなとこにもマッサージの店があるんだね」って看板を目にして言ったら「ここ、社長の家だわ」って。
すごく大きな家でびっくり。
「何人で仕事してるの?」
「5人」
「5人で?社長と・・・奥さんも?あとは誰が?」
「俺とあと他の現場からもう一人来る」
「社長と奥さんと韓ちゃんとあともう一人…って4人じゃん」
「うるっせーなー5人と言ったら5人でいいじゃない?何がそんなに気になるの」と突然大きな声で罵声を浴びせ始めた。ここに書きたくないくらいのひどい言い方。

この日、私は仕事も休みで家で寝ていた。元旦だったから母と一緒に福袋買いに出かけたくらいで韓ちゃんを待ってた。それを知っていながら、ちっとも連絡がない。で、夜になって仕事が終わる23時に迎えに来てと韓ちゃんが言って、しぶしぶ出かけたん。電車で来ると言っていたのに。
それに韓ちゃんは元旦も仕事だなんて言ってなかった。私は聞いてなかった。それなのに韓ちゃんはちゃんと話したって言い張るし。こんなに遅くなるってわかっていたら母と出かけてあわてて帰ってきたりしないのに。

そういった不満もあったところに、韓ちゃんの罵声。私も切れた。メッチャ自分でもわからんうちに反撃に出た。
運転しながら不満を声にした。
後はずーと無言。
途中、これじゃいかんと思って話しかけるも無視。それで私も口が貝になった。
1時間くらい無言のままただハンドルを握るだけ。
そしたら、韓ちゃんが急に何事もないかのように話しかけてきた。無視してやろうかとも思ったけど、大人げないのでそれに答えた。それで喧嘩は終わりの形となった。

途中、ジェットコースター並みに下って上がる坂があって、わざとスピードをあげて通り抜けたら、そういうのに弱い韓ちゃんが叫んだ。「何するの!!!」
韓ちゃんは自称心臓が悪い。ホントかどうかは知らない。でも、前もこの坂を通る時、ゆっくりねって言っていたので、わざとスピードを上げて走った意地の悪い私。さっきのお返しだよ~ってのもあった。
「あら~ごめんなさいね~」


12月は私が韓国に行っていた週をのぞいて毎週帰ってきてた。12月21日には泊っていったし、30日も泊って行った。1月1日に帰ってきて4日に中国に帰って行った。1月の生活費(ではないけど)韓ちゃんの気持ちのお金も置いて行かなかった。さんざん、飲み食いして、夜中じゅう朝までPCを乗っ取られて、ストーブ炊いて電気カーペットつけて予定にない食事の世話までして。

なんかそういう煩わしいことが今までは愛情に支えられて苦ではなかったのに・・・。
今は愛情が薄れてきたんだろうなって思う。だって腹が立つんだもん。
そこへ持ってきて(また話が戻るけど)部屋を借りる話で。

このまま帰って来なければこれ以上苦しまずに済むかな~って。
でも、顔を見たらまた愛情があふれてくるのかもしれなくて・・・。




何に悩んでいるのか、どんな問題なのかって気になっていた方、大したことないじゃないって思うかもしれませんが、まあ事実今までと比べてもそう大変そうじゃないって思うかもしれませんが^^。私の気持ちの変化とでもいいましょうか、今まで以上に、どうしたもんかな~結婚生活にピリオド打つのにいい機会かな?とかいろいろ思うわけで、でも相変わらず答えが出せないままなんですけどね。

とりあえず、まだ気持ちは固まっていませんが記事にしてみました。
でも、たぶん死ぬまで韓ちゃんに振り回されるんだと思います^^
| 日常生活 | COM(4) | TB(0) |
2010-01-26 (Tue)
なんということ…私としたことが!!

今日は韓ちゃんの誕生日やWww
韓ちゃん、36才になったん。今、日本にいないし連絡とらんから、おめでとうもプレゼントも金のかかる食事も、な~んにもしなくていい。
あぁ、ラクチン(≧∇≦)
どうせならゆっくり中国にいてほしいな。

帰ってきたら頭悩ませる問題が待ってる。
この問題についてはまたのちほど。まだ気持ちの整理中なん。

強がりでもなんでもなくて、誕生日忘れるくらい韓ちゃんのこと遠くなってる。生きるのに必死中だから。あとゲーム面白すぎだから。

でもとりあえず言っとくかな…

「韓ちゃんお誕生日おめでとう」
| 日常生活 | COM(2) | TB(0) |
2010-01-22 (Fri)
韓国旅行の日程が、2009年12月9日~11日。そして今日は20010年1月21日。
あまりにも、記事が遅すぎで、記憶もかなり薄れております。
他にも韓ちゃんのこととか書かなきゃならないことあるのに><


では、さっさと最終日の記事書きあげましょう。


いよいよ、最終日。
添乗員が3時に、ホテルまで迎えに来るので、それまでに最終買い物に行かなきゃならない。
ホテルのチェックアウトは12時。

とりあえず、荷物をまとめる。私はすでに毎日スーツケースの中を整理していたので問題ないのだが、隣の部屋のOさんが、モタモタもたもたmotamota・・・。
洋服もどうやってたたむのかなんてあきれた発言ありで@@、、買い物した大量の荷物は、スーツケースに入れるものと郵便局から送るものとに分けて、こちらの面倒は叔母におまかせ。
私も郵便局から荷物を送るので、あらかじめ持参したバッグ数個に入れて準備OK。

12時のチェックアウトでよかったけど、ロビーにホテル側が呼んでくれた宅配便のお兄さんが来てくれたので、そのままスーツケースも持って降りて、荷物の重量を計ってもらって送り状を書いて、スーツケースはホテルに預かってもらうことにした。私は今回、床に敷くマットとかの大物を買ったので2個口で送って1万ちょっとかかってしまった。
でも、このままだと飛行機に乗せても重量オーバーだし、空港から持って移動できないので、荷物が多い時はさっさと送ってしまうことにしてる。

この日が金曜日で、月曜くらいには届くと言われていたのに、ナント翌日に家に荷物が届きびっくりしました。

この時点で10時。
叔母が、キムチとか買いに市場まで行きたいと言う。Oさんを連れて行ったらまず足手まといになるから一人で行ってくると言う。が、この叔母、何回、いや何十回とソウルに行ってて未だに道を覚えないお方。しかもお目当ての市場はかなり遠く、行ったことがない所。叔母は、娘が調べたというインターネット情報を書いた紙を持っていた。もし迷子になって帰って来れなくなっても困るので姉がついて行くことになった。12時までに戻るからって言ってさっさと出かけていってしまった。
なぜ私もついて行かなかったかと言うと、まさかOさんを義兄に面倒見させて2時間もほっておけなかったし、仕事で使うパックとかをまだ買ってなかったのでついて行ったら、それを買う時間が無くなったら困るから。だって、韓国旅行の目的の一つが、仕事用の買い物でもあったから。

Oさんはじっとホテルのロビーで待ってるのが嫌だと言って、「昨日行った洋服のお店に行きたい」と言う。
が、ここは姉たちが戻ったらどうしても行かなきゃならなくて(前日品がなくてお取り寄せしたため)この時行ったら、またホテルに戻ってきてからもう一度同じところに行かなきゃならない。Oさんがさっさと歩けるならこの提案もO,K~っと言うところだが。

「だったら、叔母さんの頼んだのも貰ってきたらいいじゃないですか?それだったら2回行かなくてもいいでしょ?」

「あれは1万円以上するものだし、叔母がそれを着てみてもしかしたら要らないと言うかもしれない。それに立て替えるだけのお金が私には残ってないよ。Oさんもお金残ってないでしょ?要るかどうかもわからないもののためにまた両替するの?だから、叔母自身が行かなくちゃだめなの。行って戻ってまた同じところへ行かなきゃならないんだよ。Oさんが嫌な階段を何度も上り下りして行かなきゃならないんだよ。1回で充分じゃない?」

私がそれを説明してもOさんは不満足な顔で、「だったら私一人で行ってきます」と言いだした。
ぷちっ!
「一人で行けるの?洋服屋の場所はわかっているの?ここに時間までに戻って来られるの?それができるなら行ってきたら?私は仕事用の買い物に行ってくるから」
冷たい反応だったかもしれない。でも、私はこの時点ですごくOさんに対して怒っていたことがあったから。
ここでは書いてなかったけど、前日Oさんのある言葉でメッチャ頭に来てたん。だから、わざわざ疲れる様な2度手間なことしたくなかったし、もちろんOさんの足が心配ってのもあった。Oさんの荷物と自分の荷物を左手に持って、右手でOさんの抱える様に歩くのが(しかも階段)どれだけ大変かなんて分かんないんだな。

義兄には悪いけど、とりあえずひとっ走りして私だけ仕事用の商品を買いに行った。30分で帰るからと言い残して。
韓ちゃんに何かないかな?と思ってアディダスのお店ものぞいてみたけど全然いいものがなくて買わなかった。
仕事用の商品をダッシュで買って戻ってきたら、私の姿を見るなり助かった~って顔をした義兄。30分でなにがあったのか@@。
後から聞いた話では、Oさんの止まらない口にうんざりだったらしい^^延々と同じような話をこれでもかと義兄に聞かせていたそうな。

12時になっても姉たちは戻って来ない。やっぱりなって思った。だって遠いもん。場所がわからないからたぶんTAXで行ったと思うし、この時間帯は結構道が混んでるだろうし。

姉たちが30分遅れでやっと帰ってきてから、急いで洋服の店に向かった。(と言っても途中で化粧品だ何だとお買い物したんだけど)
叔母はジャケット買ったのだけどOさんがサイズが小さすぎて買えなかった。
実は、このジャケット、私が買って着てみたのを見た二人が私も欲しい~ってお取り寄せになったんだけど、叔母ったら日本に帰ってきてから着たら重くていやだわって言いだした。叔母の衝動買いも困ったもんだ。


急いでお昼ごはんにしたかったけど、ジャケットが買えなかったOさん、じゃあ他のものでってまたあれこれと買ったらしい。ウォンが足りなくて、日本円で買ったらしい。
私と姉と義理兄は食堂へ行って席の確保のため移動。思っていた通り食堂は満席。
やっと戻ってきたOさんたち先に注文に行かせて義兄と二人でやっとの思いで5人分の席の確保。
注文の品を持ってきた叔母とOさんを座らせて「荷物は置いて行くからね」って言って席に置いて私も注文に行った。
戻ってきたらOさんが「あ、この席座ってとっておきましたから」と言うので、またもやカチンと来た。
「この席は私がとってOさんを座らせたんじゃなかった?」
あ~いつもの私ならそういうこと言わないんだけどな。なぜか怒りのスイッチをOさんが押してくれちゃう。

この昼ごはん代は各々出したので、残っていた預かりのお金をここで清算。これにて会計のお仕事終了。

ホテルの戻り、スーツケースの整理をしてたらお迎えの添乗員が来て、車に荷物を積み込んで、姉たちに挨拶をして私たち3人はホテルをあとにした。空港に行くまでにショッピングが組み込まれている。
ここで、ごま油とポットギのお菓子、買い忘れたアカスリ用品を購入。
Oさん、ここでもあれこれ買ったらしく、添乗員がそっとあの人はお買い物が好きだねなんて言ってきた。
私はいる者だけしか買わない主義だけど、Oさんは手に取りもの全部ほしいって感じだったから添乗員の目にもそう映ったんだろうな。
エレベータに乗るとき、急にトイレに行きたいと言い出してみんなを待たせてトイレに行ったので、ほかのツアー客もあきれ顔。みんなはぎりぎりまで買い物しないでちゃんとトイレも済ませていたからね。

ようやく仁川(インチョン)の空港に到着。すでにたくさんの人が列に並んでいた。私たち3人は、コンピュータで搭乗手続きができるからと並ばずにやってもらえた。またここでも、Oさんのおかげでビジネスクラスの席に乗せてもらえることになった。荷物に何も不審なことがなかったのでお呼び出しもなく、チェックイン手続き完了。

お別れするときになって、ようやく添乗員とまともに話ができて、少し彼女の印象もよくなった。
地下鉄に乗ったと言うと、「そんなゴージャスなコート着て地下鉄の乗ったの?信じられないわ」と笑って言われた。
別に3人とも特にゴージャスな格好をしていたわけではないけどね。
ここで添乗員とお別れ。すごくつっけんどんな態度の目が点になるほどの添乗員だったけど、いい思い出。

次はセキュリテイチェック。私はなぜか韓国でいつもピンポンって鳴っちゃう。さっとボディを触られて、何事もなく通過。叔母も通過。しかしOさんは足止め。
カバンの中を開けるように言われて、中に手を突っ込んだ係員が手に取ったものは何とペットボトルのミネラルウォータ。しかも3本。それを見て唖然とした私。なぜ?どうして?行きにあれだけ言ったのに。確かに帰りは私も注意すること忘れていたけど。しかも3本って。
ホテルに残っていたもの全部自分のものにしちゃったわけ?3本残っていたなら、朝のコーヒーのときにわざわざ買って来なくてもよかったのに…。全くこの人って・・・><
もちろん3本この場で飲むか没収となる。Oさん、没収されるならとこの場で1本の半分をその場でゴクゴク。もうすごく恥ずかしかったわ。

次は出国検査。行きと同じくパスポートと搭乗券を提示して簡単に通過。

のどが渇いたのでコーヒーを買って、たばこを買いに免税店行って、一服して戻ったらもう搭乗手続きが始まっていた。帰りのショッピングでかなり時間をとられたみたいで、空港内をあれこれ物色する時間もなかった。
一服して戻ってきたらベンチに座ってまだ飲み物を飲んでいたOさんと叔母。しかもOさんはパンまで買っていて、飛行機の中で食べるのかと思いきや、そこで食べてたのでまたびっくり。機内で食事出るんだけどな。

食べ終わったOさんの口元がパンのカスで汚れているのでティッシュをあげて拭いて、(子供じゃないんだから~)並んでいる人たちをしり目に搭乗手続き。扱いはビジネスクラスなので。

あらかじめチェックインするときに2人と1人に席が別れますと言われ、もらった搭乗券は私と叔母が隣同士でOさんは反対側の窓側だった。内心よかったと思った。これでゆっくりできると思った。日本への入国カードは要らないので備品のテレビで映画を見たりちょっとうとうとしたりで、あっという間に日本に着いた。

入国審査、手荷物受取無事完了。
後は税関手続き。私とOさんは韓国から日本に荷物を送ったので、ここで別送品の手続きが必要となる。
「携帯品・別送品申告書」なるものを2通書かなくてはならない。もちろん、私がOさんの分まで記入。ここでは送り状も必要。

ここで問題発生。最後でこれは痛かったw

たばこを免税店で買ったんだけど、この時、叔母とOさんに私の分も買ってもらったん。
2箱セットでしか売ってなくて、バラが欲しいと言ったのにそれはできないと免税店で言われた。
2箱までいいって思ってて、6箱買ったの。(1箱は叔母の分)実はこれが大きな間違いだった。
2箱までいいっていうのは、日本のたばこ1箱外国のたばこ1箱だったらしく、私が勝手に勘違いしてたの。今までもそうやって買ってたんだけどね、知らなかったから。

叔母は何なく通過。
次、Oさん係員にいろいろ質問を受けて答えて書類を貰って通過。
そして私の番。

今回は別送品があったから、たばことかお酒とか買ったものを申告しなきゃならなくて、私は3人分のたばこを預かっていることを説明。見せてくださいと言われ見せたら、日本のたばこは3人分で3箱なのに私が持っていたのは叔母のを除いた4箱と外国たばこ(韓ちゃんリクエストの555というたばこ)1箱。
3人分で3箱しか買えない日本のたばこを4箱持っていたので、ここでまた面倒な手続きをしなきゃならなくなった。

しかも、私の前に通過したOさんったら、私があれだけ念を押してOさんの分としてたばこ買ったからねって言っておいたのにそれを忘れて、「私はタバコは買ってません」って申告しちゃったから、渡した書類の書きなおしのために通路で待ってる二人のところまで係官と一緒に行って、書類を書き直してもらうことになった。
二人にはその場で簡単に事情を説明。

叔母たちは最終のバスがぎりぎりの時間だったので、係員にそれを言って後の手続きは全部私が取るからと了承してもらい、ここで叔母とOさんとお別れ。
別れ際、機転を利かせたOさんが「たばこは今度会ったときに貰いますから」って言ってくれたけど・・・。
それより、たばこ買ったと申告してくれたらよかったのに~。

係員とまた中に戻って、あと1500円の支払いをする手続きをした。
もう一人の係員がスーツケースを開けてもらいますか?なんて言って来たけど、それはしなくてもいいと言ってくれて時間短縮できたからよかったわ。別に開けられて困るものは何一つ買ってきてないからいいんだけど。
1500円支払って、ようやく解放。
電車は少し待つだけで乗れて疲れて家に到着。

こうして楽しかった韓国旅行は終了wwwww!!!


長々と書いた記事最後まで読んでいただいてありがとう。お疲れさまでした。
ホントは2つに分けて書こうかなと思ったけど、一気に書いてしまいました。
| 日常生活 | COM(8) | TB(0) |
2010-01-20 (Wed)
韓国旅行その5の記事が消えて意気消沈するも、心機一転、頑張って続きを書いたんですが、書いてから、記事は復旧はできませんというFC2さんの回答だったのに、今日、キャッシュが残ってましたと復旧してくださいました。
簡単にできませんと言う前に、もう少し原因を探してほしかったですよ~。


もう少し、意気消沈してたらよかったのかしら。
運がいいのか悪いのか・・・・。

文が違うので、これはこれで面白いかもしれませんが^^私の苦労がわかるかもね。
まあ、このままにしときましょうか。


とりあえず・・・


FC2さん、ありがとうございました。


| 日常生活 | COM(2) | TB(0) |
2010-01-20 (Wed)
記事が消えてしまって、読めなかったと思うので、続きを~。
FC2に問い合わせてみたけど、復活できないんだって><
バックアップ手続きしたのはいいけど・・・ファイル丸見え@@韓ちゃんに見つかっちゃうじゃん><
帰ってくる前に、秘密ファイル作らなきゃ・・・。
いつ帰るかわからんけどね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


7500ウォン投入でやっと切符買って(5人分)、改札を抜けた。カードを当てて、棒のようなものを押しながら改札を抜け、階段を下りてホームに降りた。壁の行き先を確認。あらら…失敗!反対側のホームだった。慌てて階段を駆け上がり、改札を抜けようとしてハタと気がついた。
買ったのは一回用交通カード。ということはここを抜けたらこのカードは使えなくなっちゃう?
しばし固まっていたら通路に先ほどのおじさん発見。
「アジョッシ~」と叫んで、おじさんを呼び、事情を説明して鍵を開けてもらい通路へ。おじさんは戻っていった。
で、また改札を抜ける・・・あれっ?ここを抜けたら…?ってまた同じく固まった。
そしたらおじさん、戻ってきて無言でまたカギを開けてくれた。親切なんだか不親切なんだか・・・。

ようやく正解のホームに降りて電車を待っていると、背の高いすらっとしたビジネスマンが流暢な日本語で声をかけてくれた。ひょっとしたら私たちのドタバタを見てたのかもしれない。
「どこまで行きますか?」
「はい、恵化(フェファ)までです」
「私も同じです。一緒に行きましょう」
悪い人には見えなかったし、何よりとてもきれいな発音で日本語を話すそのビジネスマンに興味も持った。
「全部で何人ですか?」
「5人です」
そう言うと、私たちを見まわして顔を覚えている様子。次の電車が来て乗り込む。

「1回、乗り換えがありますから。その時私が声かけますから一緒に降りてください。あまり離れないでいてくださいね」
Oさんは、座っている人の前でハァハァやって、それを見た座っている人が席を譲ってくれた。
こういう点は、さすが韓国、儒教の国だって感心。まあ、日本も最近は譲ってくれる親切な人多くなったけど^^

Oさんは、日本でも、電車に乗るとよく席を譲ってもらえるんだって言ってたけど、目の前で、さも倒れかねないふうにハァハァされたら、席立たなきゃって思うよね。でも、Oさんの場合、これ、かなり演技も入ってますから~。
それを知ってるだけに、オイオイ韓国来てまでそれをするかい?ってあきれて眺めてた。

無事乗り換えて、地上に出る階段を上がろうとした時、Oさんが辛そうなのを見てエレベータまで案内してくれた。
「今日はありがとうございました」
「いえ、私もいい経験しました。駅のエレベータは、お年寄りか障害者、または荷物がいっぱいな人が利用するものなので、若い私は今まで1回も乗ったことがなかったです。今日は私も特別に乗りました」

セントレアに向かう最寄り駅で、学生が眠そうな顔で当然って言う顔でエレベータを利用してたのを思い出した。
若者よ、階段を使いなさい!

地上に出て、このビジネスマンは親切にもお店まで案内をしようかと言ってくれた。でも、ここから数分なのでお礼を言ってここでお別れ。彼は、日本には仕事でもう何十回も行っているということだった。東京には80回くらい。名古屋には5回行ったって。きれいな日本語は留学したわけではなく韓国の学校で勉強したそうだ。エリートなんだろうな。

「私はもうあなたの顔を覚えました。だから、今度名古屋で偶然会ってもすぐにわかります。あなたは私の顔を覚えましたか?」
「はい、私も覚えたから大丈夫」
お互い笑って、握手をして、何度もお礼を言ってさよならした。

ここからお店までは3分くらい歩くだけ。ただこちょこちょと曲がってわかりずらい。みんなビジネスマンのことをそれぞれ口にしながら、ようやくお店に到着。
『トブロハムッケ』…韓国旅行雑誌によく取り上げられているので、日本人がよく行く韓定食の有名店。
『トブロハムッケ』で検索かけたらいっぱい記事がありますよ。

おかずが23種。釜めし。みそ汁。デザート。どれも全部おいしかった!!!

韓定食1

韓定食2

韓定食3

どれがどれかわかるかな?
【どんぐりゼリー】【ほうれん草】【もやし】【青菜】【唐辛子】【ワラビ】
【チゴリ】【春菊】【キキョウ】【きゅうり】【しいたけ】【キムチ】
【イシモチ】【カタクチイワシ】【豆腐】【貝】【韓国かぼちゃ】【ナズナ】
【イカとカニかまぼこ】【青のり】【イカの塩辛】【蟹の醤油漬け】【海苔の佃煮】

釜飯は、食べるのに夢中で写真を撮るの忘れた><
釜飯の器に入っているご飯を別の器に取り出して、(お焦げを多く作りたかったら、釜に多く残す)釜飯の器の中にはおいしいユリの根のお茶を注ぎ入れ、お焦げが少しふやけるのを待つ。

おかず、ご飯、みそ汁、おかず、おかず、おかず、ご飯・・・・・。そして〆にこのお焦げご飯。
日本で言うなら、鍋の後の雑炊。

たらふく食べた後に出てきたものは、水正果(スジョンガ)という、シナモンや干し柿、しょうがを煮たてて作った甘~いデザート。お腹いっぱいなのに、おかわりが欲しくなったくらいおいしかった。

前の記事でURL貼り付けたけど、気になる方は検索かけてみてください^^

この韓定食、これだけあってお値段は、なんと11000ウォン。日本円で850円ほど。
前のときは10000ウォンだったけどm今回値上がりしてた。それでもメッチャ安い!
味も値段も満足したw

帰りは、Oさんのことを思って二手に分かれてホテルまで帰った。
姉夫婦は、学習を兼ねて地下鉄で。私と叔母とOさんはTAXで帰った。
もちろん、TAXのメータを確認して乗り込み、ホテル名を告げる。運転手はまだ20代の若いお兄さん。
「日本語わかりますか?」
「わからないです」
「少しはわかる?」
「いや・・・わからない」
私が片言の韓国語で話したので、お兄さんも少しずつ話しかけてきた。
「いつまで韓国にいるの?」「明日帰ります」
「さっきはどこに行ったの?」「トブロハムッケでご飯食べたの。おいしかったわ~」
「もう観光は行った?」「観光じゃなくお買いもの」
「韓国はどう?」「韓国は大好き!食べるものはおいしいし、イルミネーションはきれいだし」
嬉しそうなお兄さん。
通りかかった名所の説明を一生懸命してくれた。あと、外のイルミネーションがきれいだったので、ちょっとゆっくり走ってくれて写真を撮ったら?って言ってくれて窓まで開けてくれた^^

その時の写真がこれ。

イルミネーション1
イルミネーション2
イルミネーション3

走ってるし、窓から上見上げながらで、相変わらずへったぴ~な写真ですみません。

ホテル前に到着。TAX代は7200ウォン。8000ウォン払ったらお釣りをくれたので、それはいいよって返した。お兄さん、ニッコリ。で、もう一枚1000ウォンを渡す。「これはお礼の気持ち」
お兄さん、更に嬉しそうに何度もお礼を言って、満面の笑みでさようなら。

ホテルに着いたら地下鉄組の姉たちのほうが先に帰っていて待っててくれた。
私の部屋で、コーヒーを飲みながら清算、会計報告。

この日は、早い解散で各自部屋に戻って風呂に入って寝た。それでも日付は軽く0時を回っていたけど~。

こうして韓国2日目終了~~~~~。


やっと書いたけど、まさか、2度あることは3度あるじゃないけど、まさか消えたりしないよね?一応コピーしてから保存するけど。



| 日常生活 | COM(1) | TB(0) |
2010-01-15 (Fri)
もうね、この記事書くの3回目なの。
私としては写真をファイルアップロードで読み込んだり、大きすぎる写真を縮小させたりで、ものすごく時間をかけて記事をUpさせたわけですよ。
記事は7時間ほどは載っていたと思います。翌日開いたらちゃんとありましたから。
で、少し編集をしようとしたら、なにやら障害発生中という文字が。

はい、あっという間に記事は消滅してましたwwwwwwww

仕方なく、また最初から記事を書いてもうすぐ完成って時に、ちょっと他のところを見に行こうとして、移って戻ったら、下書きの保存がされてなくて・・・・何もかも白紙。
もう一度書く元気が残ってなくて、しばらく放置してました><すみません。
これ、ブログランキングのマイページ見ると、1月13日の04:51として、確かにそこには私が書いた記事の頭の部分が載ってました。
バックアップ取ってなかったので、その頭の部分をコピーして、また、こうして最初から書き直しです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ずいぶん更新サボってました><
記憶が・・・。
頑張って書きま~す。
え~っと、地下鉄初体験の話から。
切符を買おうとしたん。ところが…ハングルなわけ。韓国だから当たり前だけど^^

韓国の地下鉄情報は、 こちらトラベルコさんのところに詳しく載ってます。一度見てみてください。

日本語を選択しても、画面表記はハングルかアルファベット表記なんです。で、アルファベットなんて覚えてないし、画面に目を凝らしても目的のハングルが探せなくておろおろ。そしたら、叔母が機転を利かせて駅の案内人のおじさんを呼んできてくれた。
「どこまで?」
「恵化(フェファ)まで」
「何人?」
「5人です」
この韓国のおじさんでさえ画面を4回ほど変えて、やっと恵化が載っているところを開いたんだよ。
私たちが1回でできるわけがないじゃない><
地下鉄路線の番号がわかっていたら、もっと簡単に操作できるみたいだけど、事前に調べていかないと操作がむずかしいってこと。何でも下調べが大事です!

7500ウォン投入でやっと切符買って(5人分)、改札を抜けた。カードを当てて、棒のようなものを体でグイっと押して中に入り、階段を下りてホームに降りた。が、壁の行き先表示を見てまたもやあわてた。・・・間違った><
逆のホームに降りちゃった。また階段を駆け上がって改札を抜けようとして・・・あれっ?
私たちが買ったのは1回用交通カード。と言うことは、さっきここから入ってまたここから出たら、もしかしてこのカードは使用済みになってしまうんじゃないか?改札を抜けようとする他のメンバーを制し、しばし立ち止まった。
そしたら少し離れた通路に先ほどの案内人のおじさんが見えた。

「アジョッシ~」と大きな声で呼んで、わけを話して、改札横のとこのカギを開けてもらって通路に出た。
で、また反対側の改札抜けなきゃならない。いやいや、これをまた入ると…などと考えていたら、案内人のおじさん、無言で手招き。またカギを開けてくれて、何とか無事に正解のホームに降りれた。

このあたふたぶりを見ていたのかどうかは定かではないが、一人のすらっとしたビジネスマン風の男性が声をかけてくれた。
「どちらまで行きますか?」
「恵化までです」
「あ~、それなら私もそこまで行きますから、一緒に行きましょう」
「ありがとうございます。改札を間違えて反対のホームに降りちゃったんです」
「そういう人多いです。わかりずらいみたいですね」
恵化に行くためには1回乗り換えがある。それは、わかっていたが、不安もあったので、このビジネスマンのお言葉に甘えることにした。
「全部で何人ですか?」
「5人です」
一通り顔を見て、覚えてくれているんだってわかった。
かなり混んだ電車だった。Oさんは、ハァハァと息が切れてる。Oさんの目の前の座席に座った人が無言で立ちあがった。お礼を言って、座らせてもらった。こういうところは、やはり韓国は儒教の国だなって思う。とにかく目上の人には親切だ。
乗り換えのときも、ビジネスマンは後ろを確認しつつ何度も振り返りながら、「こっちです」と言って親切に案内をしてくれた。目的の恵化に着いて、地上に出るときも、Oさんが階段は大変だろうからとわざわざ遠回りをしてエレベータまで乗せてくれた。

「今日は私もいい経験しました。韓国では、駅のエレベータはお年寄りか障害者、または荷物が多い人が利用するものです、私はまだ若いから今まで一度も乗ったことがなかったです。今日は、特別に乗りました」
私がソウルに発つ朝利用した駅では若い学生が眠そうな顔で当たり前のようにエレベータに乗っていた。
このビジネスマンの話を聞かせてやりたい。若者よ、階段を使用すべし!

ビジネスマンはとても日本語がうまい。発音もとてもきれい。
「日本語が大変お上手ですが、日本に留学されてたんですか?」
「いえ、韓国の学校で覚えました」
日本には数えきれないくらい行っているらしい。エリートビジネスマン。
「東京には80回くらい。名古屋は5回くらい行きました」
なるほど、日本語が上手なはずです。

地上に出て、「ここからお店の行き方はわかりますか?」と聞かれたが、あとは細い迷路のようなところを行くだけなので、「わかります。ありがとうございました」とお礼を言って握手した。

「私はもうあなたの顔を覚えました。だから、もし名古屋で偶然会ったらすぐわかります。あなたは私を覚えましたか?」
「はい、覚えましたよ。私も大丈夫、すぐにわかります」
お互い笑いあって、さようならと別れた。
みんなで、あんないい人がいるんだね!って、わいわい言いながら歩くこと数分、やっとお店に着いた。

お店の名前は『トブロハムッケ』
ここで韓定食を食べた。

23種類のおかず。釜めしご飯。お味噌汁。デザート。

23種のおかず、こんなんです。

韓定食1

韓定食2

韓定食3



うっかり、釜めしの写真とデザートの写真忘れた><もう食べるのに夢中で^^

良かったらこちらでみてみてください。釜めしのおいしい食べ方が載っています。
konestさんが、載せている『トブロハムッケ』の情報です。

ご飯を少し多めに釜に残し、お焦げを楽しんだ。みそ汁の味噌は韓国製の味噌。
日本のものとは違うけど、この味噌私も好きで家でも買って使ってるん。

23種のおかず。どれがどれかわかるかな?
【ドングリゼリー】【ほうれん草】【もやし】【カタクチイワシ】【キムチ】【青菜】
【イシモチ】【蟹の醤油漬け】【韓国のかぼちゃ】【ワラビ】【青のり】【しいたけ】
【ナズナ】【チゴリ】【イカとカニかまぼこ】【豆腐】【イカの塩辛】【貝】【春菊】
【キキョウ】【トウガラシ】【きゅうり】【海苔の佃煮】

デザートが、【スジョンガ】(漢字で水正果)という、桂皮(シナモン)や干し柿、しょうがを煮立てて作った、韓国定番の甘~いデザート茶だった。おいしかった~。お変わりが欲しかったくらい。

こんなにお腹いっぱい食べて、なんとお一人様11000ウォン。この日のレートから言ったら850円くらい。
もう、味も値段も超満足!!!

帰りは、二手に分かれて、姉夫婦はもう一度練習を兼ねて地下鉄で、私と叔母とOさんはTAXで帰ることにした。
みんなで地下鉄に乗れば安く済むんだけど、Oさんの足を心配してのこと。

TAX拾って、ちゃんとメーターがあるか確認して、ホテルの名前を告げた。運転手は若いお兄さん。
「日本語わかりますか?」
「わからないです」
「少しはわかる?」
「わからない・・・」
私が片言の韓国語で話したからか、運転中も気さくにいろいろと聞いてきた。
今、トブロハムケでご飯を食べてきたこと、すごくおいしかったことを話したら、「韓国はどう?」って聞いてきた。
「韓国すごく好きよ」
「食べ物は辛いでしょ?」
「そうね。でも私は辛いの好きだから~。それに何食べてもおいしい」
そしたらすごく嬉しそうにニッコリ笑って、走りながら、あの建物は…っこの建物は・・・って説明までしてくれた。外のイルミネーションがすごく綺麗で、窓越しに写真を撮ろうとしていたら「窓を開けて取ったら?」って言ってくれて。走りながらだから上手に撮れてないけど、それがこちら。

イルミネーション1

イルミネーション2

イルミネーション3


ホテルまでは7200ウォンだった。で、8000ウォン払ったらお釣りをくれたので、それはどうぞって返した。
感じがいいお兄さんだったので、あと1000ウォン「これはありがとうの気持ち」って渡したら、すごく嬉しそうに何度も頭を下げてた。かわいかった^^
9000ウォンは約700円。日本では初乗りだけでもそのくらい。ずいぶん距離走ったのに、韓国のTAXはすごく安い。一生懸命説明してくれて、ありがとうね、お兄さん。

ホテルで姉たちと合流。姉たちのほうが早かった。
私の部屋でコーヒーを飲みながら、立て替え分清算して会計報告。
この日は、みんな疲れていたのでどこにも出かけずに各自部屋に戻って風呂に入って寝た。
でも、軽く日付は変わってる時間だったん。

ようやく韓国2日目終了w



あ~どうかこの記事が消えませんように。ってか、一応コピっとこう!
| 日常生活 | COM(10) | TB(0) |
2010-01-12 (Tue)
なかなか、旅行記の続きが書けません><
体調を崩しておりました。


とりあえず、おせちの写真でも載せておきます。

おせち~


ひゃ~、ちと写真が大きすぎたw  あらが丸見え@@


お正月で食べ物に金かけ過ぎて、その後お財布がピ~ンチ!
韓国旅行にも一緒に行った叔母が、マッサージのお客様として来てくれたときに、おごってくれました。

それがこちら。
メインは写真撮り忘れました><

スパゲティー


メインのスパゲティのコースを選んで、サラダ食べ放題、ピザ食べ放題・飲み物飲み放題、ケーキ2個。
写真のサラダもお代わりして、ピザもおかわり。しかも叔母のスパまで手を伸ばし、大変食い意地の張った私。
体調が悪い前って、無性にバカバカ食べちゃう。
案の定、その後めまい・貧血でく~らくら@@@@@
熱はないんだけど、頭が痛い。

落ち着いたら、記事の続き書きます。・・・・記憶が薄れそう><
| 日常生活 | COM(4) |
2010-01-05 (Tue)
韓国旅行の続きを書くところですが、こちらはちょっとお休みして別記事です。

今日韓ちゃんと電車でセントレアまで行く予定だったが、急遽、車で行ってと言われ、一旦は断ったもののしぶしぶ承知して車を走らせることとなった。
韓ちゃんは一睡もしないで、私は1時間ほどうとうとしただけという状況で・・・。

12時には寝ると言って、ふろに入って出てきたらまたゲームを始めた韓ちゃん。
「朝、起きれないといけないからずっと起きてるわ」
「え~大丈夫なの?私は寝てもいい?」
「あ~寝や~」
でも、なんだかんだと大きな独り言で、私を寝かせる気はない様子。
結果、1時間ほどの睡眠だけ。

早朝ということもあって道が空いていたので7時すぎにはセントレアには到着。
便は9時20分の北京行き。
2時間前に手続きなのに、並んでる人の列はどんどん長くなるばかりで、受付には係りの人がやって来ない。
7時45分を過ぎてようやく係りの人が現れた。
何やら書いた紙を張り付けたボードが立てられた。

急いで見に行くと、「本日、北京が雪のため欠航となりました」とある。
係員に聞くと、「日にち変更、もしくは他の空港経由で、という手続きをこの後順次とらせていただくのでしばらくおまちください」とのこと。
韓ちゃんに「どうするの?」と聞くと、「とりあえず今日帰る。他のところからでもいいから今日帰る。最悪なかったらあとで考える」と、あくまでも延期しないと言う。

長い時間待ってようやく番が来た。やはり、一人一人が時間がかかる。
北京は乗り継ぎなので、どこ経由でもいいので今日延吉までいく便を探してもらった。

名古屋ー上海浦東国際空港、その後、上海虹橋国際空港へと移動し、上海虹橋国際空港ー延吉となる便なら本日便で可能とのこと。上海虹橋国際空港と上海虹橋国際空港は、距離にして55キロ、時間は60分から90分かかる。ほかの、ソウル経由や大連、瀋陽、長春と探してもらったが、月曜日はフライトがなかったり、ソウルの場合は1泊となってしまうため、しかたなくこの上海経由で行くことになった。

以前2か月ほど、上海に住んでいたことがあるので、全く知らないところではないが、不安そうな韓ちゃん。
そうまでしてなぜ今日帰ろうと固執するのか・・・。

カウンターでお詫びの500円の食事券を貰ったので、とりあえず2階で何か食べようということになった。
5時に起きて、缶コーヒーを口にしただけで朝から何も食べてない。
時間は9時少しすぎ。朝からラーメンはいやだし、韓ちゃんはパンは嫌だという。スターバックスで何か買って食べるにもテーブルが空いてない。ほとんどの店が10時からオープンなのでしかたなく10時までたばこ吸ったりして時間をつぶし、朝昼兼用で馬場とんのかつを食べることにした。

ここでの支払いは韓ちゃん。なのに、せっかくもらったお詫びの500円券を出すのを忘れたん。
(おかげでそれで後から一人でコーヒー飲めたんだけど・・・。)
一睡もしていない韓ちゃんは1階に移動して椅子で目を閉じて寝ていた。

上海行きは1時50分。2時間前にカウンターに並びに行くとすでにかなりの人が並んでた。
ようやく番が回ってきたものの、またもやここでかなり待たされた。
北京が欠航となったので上海に変更したのに、コンピュータに登録されてないらしい。
まさかのえええ~っ!!!だ。
ちょうど、北京の欠航の手続きのときにいた係りの人がいたため事情を話し、すぐに話がついて連絡を取ってもらった。

もし席がなかったらと思ったら席はあるというのでホッとした。が、チケットを発行してもらわなければ飛行機に乗ることができない。それと、上海虹橋国際空港ー延吉のチケットがまだ発行されてないらしい。電話でかなりやり取りに待たされた結果、搭乗するときにそのチケットを渡してくれることになった。

北京行きと上海行きの飛行機が会社が違うため(北京は中国国際航空、上海は中国東方航空)、なんか連絡がうまく渡ってなかったみたい。
もうどこまでついてないんだw
「こんな時は、この日はやめなさいってことかもよ?」
「俺は運がいいんだから、大丈夫」

その足で、セキュリティのゲートまで行って、「もう入れるか聞いてくる」と言って、係りの人に聞いて、そのまま戻ってくることなく中に入っていってしまった。
こっちを見て、ちょっと笑って、そのまま・・・お別れ。
前回のときもそうだったけど、やっぱり同じような別れ方だった。ちょっと聞いてくる…そう言ってそのまま。
ホントにふざけたヤローだ!!!

1月元旦から4日まで一緒に過ごし、食事代もなく、駐車代もガソリン代も高速代もすべて私の負担。
それなのに、ありがとうの一言もない。夫婦なんだからお礼は必要ないかもしれないけど・・・。
(こういうときだけは夫婦扱い?)
お別れのあいさつもなし。(韓ちゃんにとってはお別れだなんて思ってないだろうけど)

私もかなり疲れていたので、しばらく見送った後、韓ちゃんから貰ったお詫びの500円券でコーヒーとケーキを買って、ういろうを買って、駐車場の割引印をアクセスプラザのインフォメーションカウンターで押してもらい(5000円の買い物で2時間分割引)、1500円のところ900円の駐車代を支払って、セントレアをあとにした。

思わぬハプニング続きで、そこそこ韓ちゃんと話す時間もあって嬉しかったけど、

なんかね、もう相当疲れたw
| 日常生活 | COM(20) |
2010-01-01 (Fri)
明けましておめでとうございます。新しい年の幕開け。2010年。平成22年。
みなさんはどんなお正月をお過ごしでしょうか・・・。

私は、明日韓ちゃんが帰ってきて4日に中国に帰るまでPCを触れないんです。
コメントいただいたものは携帯でこっそり見ることができますから(韓ちゃんの目を盗んで)遠慮なく^^書き込んでくださいね。

大晦日、おせち疲れでつい眠ってしまい、韓ちゃんの帰るコールで目が覚めました。
あまりの寒さで韓ちゃん震えあがってました。

ホントに嫌になるほど寒くなりました。
みなさんも、初詣に出かけるときは温かくしてお出かけくださいね。

2010年が、実りある有意義な一年になりますように・・・。
今年もよろしくお願いします。

私はこれから初お風呂です^^
| 日常生活 | COM(6) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。