FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-14 (Thu)
続きが遅くなってしまいました。すみません。

いいやつだな~と思って家に帰ってきてPCを立ち上げて、韓ちゃんが見ていた履歴をチェック。
すると…なんか変。
いや~な気分になってあわてて、私の秘蔵のデータとかを調べてみたら…、消去されているのがある模様。
韓ちゃんの写真が…、私が撮った韓ちゃんが爆睡している写真とかが消されていた><

他のデータも見られまくり。
最近のは、こんなことまでわかってしまうんですね。
チェックされて不要なもの(韓ちゃんにとって)を勝手に、私に何の一言もなく消去されてしまっていた。

幸い、ゴミ箱から救えるものは救いだし、もとの場に収めた。


が、頭にきて、時間も関係なしでメールを送った。時間はすでに真夜中の3時過ぎ。

何勝手に人のパソコン覗いてるの
そういうことされるのがすっごくいや
勝手に消去までして信じられない



するとすぐに返信。どうも私が気付くか心配だったようで眠れなかった様子。

人の写真も勝手に撮るのもすごく嫌たし
中国人の写真勝手に撮るのも失礼じゃないかしらんけど

ちょっと日本語変だけど、原文のまま

あっ、起きてる!!!と思って電話したらすぐ出て、同居人の手前、小さな囁くような声でケンカ開始。

「俺の携帯から中国の彼女の写真もっていったでしょう。ダウンロードとかして」
「なんでそんなことできるの!どうやったらできるの!知らんわ。PCならそれも可能だけど携帯でどうやってやるの。やれるもんなら教えてほしいわ」
「じゃあどうして中国の写真がPCにあるの?」
「前韓ちゃんが残していった履歴から女のサイトに入ってブログが見れたじゃん。今はもう見れなくなっちゃったけど。そのときにコピーしたものだわ」
「どうして勝手にそんなことするの!むかつくわ。何のためにするの」
「女のこと、残していくために決まってるじゃん。あんたが付き合ってる女の写真手元に残すためじゃん」
ゆくゆく、何かの証拠としてね。はっきり言えば浮気の証拠さ!
「ホントは俺の写真と彼女のもの全部消してやろうと思ったけどね。とりあえず、ゴミ箱に残ってるんだから欲しかったらそこから拾や~」
「ふん、もうとっくに拾いましたわ」
「俺の目の届かない所に全部隠しておいてね」

勝手に人のパソコンあらさがししておいて俺の目に…もあったもんじゃないわ。

他の見られちゃまずいものもひょっとしたら見られたかもしれないけど、今回はそこまで話ができなかった。時間が時間だし、大きな声が出せなかったから。

もう、悔しくて悔しくて。
そりゃあ、寝ている韓ちゃんの寝顔を勝手に内緒で写真とったんは悪かったよ。
でも、やつれた顔で爆睡しているのも、あとからどうのこうののしてやろうという意図があって撮ったんじゃない。
安心しきって爆睡する韓ちゃんが愛おしかったからつい撮っちゃったんじゃない。
私にとっては宝物のような写真だわ。
それを勝手に・・・。
しかも、韓ちゃんの携帯から勝手に持ち出したとは濡れ衣もいいとこ。
だいたい韓ちゃんは携帯は肌身離さず持っていて、私が触る余地なんてないじゃない!

私なんて何の疑いもなく、その辺に携帯放り出していたのに。
ひょっとしたら携帯も勝手に見られていたのかもしれない。
見られたって何もやましいことはないけど。


勝手に、韓ちゃんのこと、そういうことする人じゃないって信じていた。
が、事実は、そういうことしちゃう、できちゃう人だったんだって知って、自分が情けなくて。
つくづく騙され続けているな~って言うか、いい加減目を覚ませよ自分!ってかんじ。
まあ、人を見る目がない自分が一番ダメなんだけど。。。

しばらく立ち直れそうもない状態だった。

でも、結局、メールとか電話とか、ぎこちなさは残っているけど連絡を取っていた。

今日、韓ちゃんは休み。昨日も今日も連絡なし。
先ほど電話してみたら電源が2つの携帯とも落としてある。
さっきまで仕事だったから、2日ぶりに連絡したのに~。

もういいや。
アカスリさんと遊ぼうが何しようが好きにしたらいいじゃん!ちょっと自暴自棄
怒りを通り過ぎると思考能力が低下するのね。

あ~この事実を
ブタ女にも知らせてやりたい~~~!!!



このブログはお気に入りから削除もしているし、検索履歴で「彼に恋して」が残らないように消去していたから、ブログ書いてることまではばれてないけど、これも今のところは!だな。
いつどんなキーワードで「彼に恋して」がばれるかもしれやん。

別れることになった暁には、ぜひともこのブログを韓国語に翻訳したものをブタ女に贈呈したい。

結局韓ちゃんが恐れているのは、私のところには帰っていないとブタ女に言ってある手前、私の家で韓ちゃんがスヤスヤ寝ている写真がブタ女の目に触れてしまったらえらいこっちゃということです。
見せる機会があったら、ど~ぞど~ぞと言って、手持ちの証拠品、全て暴露してやりたい。
でも、最初から証拠品として写真とか残してあったわけじゃない。
あくまで韓ちゃんとの思い出のため。

それは、韓ちゃんが言う三人がバラバラになるときだな。

スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。