FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-18 (Sun)
最近の韓ちゃんの電話は大体6分です。
勤務先から寮のアパートまで自転車で帰る道から電話をかけてきてくれます。

今日、こんなに寒かったのに、おバカな韓ちゃんは半そでだと言うのでもうびっくり@@です。

「今日寒いでしょう。この前持ってった服着てる?あったかい?」
「メッチャ寒い…半そでだもん」
「えええ~?なんで?」
「忘れちゃった。仕事行くとき忘れて、走り出してからあっ!と思って、取りに戻ろうかと思ったけど、めんどくさいからそのまま仕事行ったわ」
「あんたバカ?風邪ひいても知らないからね」
「いや~こんなに寒かったら、ホント俺バカだって思うね。そうでしょ?」
「まあ、寒いのは韓ちゃんで私じゃないからね。私は今電気カーペットの上であったかいからさ~^^あ、それでも、アイスコーヒー飲んでるけどね」
「あ~ムカツク。それを言うか?こんな寒い中頑張って走ってる俺に」
「あ~ごめんね。だったらさっきの返事、俺バカだってのの返事、うんって言った方が良かった?(ゆっくり一語ずつ)う・ん」
「こはいらないの?もっかい言ってみて」
「う・ん」
「こ」
「う~ん~」
「こ」
二人でギャハハ大笑い。
「なんで二人してこんな汚い話してるの?バッカみたいじゃねぇ?」
「何言ってるの、韓ちゃんが言いだしたんじゃん。それでもバカな話したからあったかくなったでしょ?」
「そうだな~。バカな話してたらもう着いたわ」
「え~もう着いちゃったの?なんだ~。明日はちゃんと温かいの着てもう少しゆっくり走ってよね」
「はいは~い、おやすみなさ~い^^」
「おやすみなさ~い^^」


今日の6分間の会話はこんなおバカで楽しいものでした。
まあ、このほかにも仕事で今日はどっちが稼いだかの報告とかしあってちょっとは真面目な話もしましたけどね。

韓ちゃんとの会話は、こうやってテンポよく、シナリオがあるかのように進んでいくのが魅力です。
だからこれも私が韓ちゃんを好きな要素の一つです。



先日、家で11時過ぎにお客さんのマッサージをしているとき韓ちゃんから電話があって、(3人お客さんで、ちょうどコーヒータイムだったの)電話が終わったときに
「旦那さんから?ラブラブだね」・・・って言われました。
「毎日、仕事終わって寮に帰るときに電話があるんだけど、たぶん、暗い道、自転車で走るのが怖いんだと思うんだよね。ダンナ、怖がりだから」
「そういうときに電話する相手ってのは、そういう時って言うのは不安なときね、自分が惚れてる、気を許してる人なんだよ。一番のひと。だから、旦那さんに愛されてるじゃん。ラブラブじゃん。」
「そうかな~?ただ時間も遅いからかける相手がおらんだけだと思うけど?」
「いや、男ってそういうもんだって。俺だってそういうときは奥さんに電話するもん」

このお客さん、韓ちゃんと同年齢くらいの方です。
なんかこの話聞いて、言葉では否定したけど、すごく嬉しかったです。
もちろん、お客さんは私と韓ちゃんがどういう結婚をしているか詳しくは知りません。
ただ、仕事が終わるのが遅くて電車もないから帰ってこれないので、寮で生活していて休みのときに月2回くらい帰ってくるんだと話してあるだけです。
常連さんなのでこれくらいの話は言っちゃってます。旦那が中国人だということも言っちゃってます。
韓ちゃんが聞いたら怒るかもしれないけど。


ちょっと気まずく、プチケンカした後にも毎日電話をくれるので、最近の私はちょっと期待して携帯もトイレに持って行くほどです。
たまに、社長のもう一つの店に応援に行くので、1時間ほど遅いことがありますが、かかってこなくても不安はなくなりました。



以前はそんなに寒くなかったので、自転車タラタラ走らせながら10分ほど話できてた時もあったのですが、最近は大体6分くらいです。

嬉しい6分です。






スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(6) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。