FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-06 (Fri)
前日、疑惑の電話で、私の疑問の言葉を打ち消すかのように、
「明日は早く行くから。11時ころ行くわ」
と言った韓ちゃんだったが、11時過ぎても何の連絡もない。
母の用事は、韓ちゃんが早く来るからと言って断って家で待つも…来ない。
しびれを切らして電話・・・出ない。
仕方なくメール。

出かけます
11時に来るって言ったくせに


出かけた先で韓ちゃんからの電話を受ける。
「あほか!誰が11時に行くって言ったの?」
「誰がって?、韓ちゃんがそう言ったじゃん。ほかの誰が言うのよ」
「俺だって休みのときはゆっくり寝たいよ、誰が11時に行くか。1時と言ったわ」
「おかしいじゃない。1時ならいつもの時間でしょ?なのに早く行くからって言ったじゃない。絶対11時って言ったわ」
「耳悪いんだな。俺は絶対言ってない」
「じゃあ、いつもの時間に来るのにどうして早く行くわなんて言ったのよ」
「いつもはもっと遅いでしょ?」
「い~え、この前は12時から1時の間に行くわだったし、大体そんな時間に来るやん」
「そうなの?だったら俺間違えちゃったな。俺が悪かったな、ごめんな」
最近は、「ごめんな」と言えば許してもらえると思っている節がある。
「で、何時になるの?今どこなの?」
「あ~あ~、あと1時間くらい後到着だな」
ふ~ん、どこにいるかは言えないのね。

家に着いたのは1時半頃だったかな。(もう記憶が無くなってる)
会話がおかしいの。
嘘がばれやしないかとおどおどした感じ?ぎこちない話し方。
わざとばれる様にそんな話し方なの?って反対に思うくらい。
私はいたって普段通りだったんだけど。

少しゲームするという韓ちゃんにコーヒーを淹れて渡した。
それを一口飲んで5分くらいゲームをして急に立ち上がって(いつもの)「早く」
運動要請。
速攻でジーンズ・パンツを脱ぎ捨てて・・・。

また、ラーメン作れるほどの時間じゃなかったわ^^
昨日したならもっと時間持つはずだって言いたかったかもしれないけど、早すぎw
量も少なかったしw
疑惑は払拭されず!

運動終わったらまたすぐゲームに戻った。

「なんで?私お腹がすごく減ってるんですけど。朝ごはんも食べてないし。早くおいしいマーボ作ってよ」って言ったんだけど、ゲームに夢中(のふり)。
「だったら自分で作りゃ~」
「今日は韓ちゃんが作ってくれるって言ったじゃん。すごく楽しみにしてたんだよ」
「材料はあるの?」
「ちゃんと用意してあるよ。もう出してあるから」
「野菜は切った?」
「切ってないわさ~、韓ちゃんが作ってくれるんでしょ?」
「俺っがやったら腹ペコなのに時間遅くなるんだから、切って」

しぶしぶ、ニンニクの皮をむいて包丁の背でつぶしていたらやっと韓ちゃんが台所にやって来た。
「みじん切りでしょ?」
「うん。あとネギもね」
「ネギはどれくらい?」
このくらい…って指で10cm指示。
「え~そんなに少なくていいの?私ネギ好きだからもっと入れてもいいでしょ?」
「いや、このくらいで」やっぱり10cm。
「お豆腐2丁だからネギも増やそうよ」
「豆腐2つも?そんなにネギ好きとは思わんかった。好きにしや~」
「豆腐は別に1丁でもいいよ」
みじん切りしている私の手元を見て「おっ早いな、上手だな」
「これくらいはね。長年主婦やってるんでね」

横でフライパンに油を入れた韓ちゃんの指示のもと、切ったニンニクとネギを投入。
「お豆腐はどのくらいの大きさ?」
これくらい?と聞きながら切ってスタンバイ。
「胡椒は?」・・・はい!・・・ぱっぱっぱっ
「塩は?」・・・はい!・・・ぱっぱっぱっぱっぱっぱっ
「唐辛子は?」・・・はい!・・・どばどばどばどばどばどばどばどば~
「醤油は?」・・・はい!・・・ちょろっ

「あ~片栗粉やって」
「はいは~い」
横目でちらっと見て「多すぎだな」
「そう?ちょうどいいと思うよ」

お豆腐投入…水溶き片栗粉投入。
豆腐入れてからも「豆腐多すぎだな」
入れるときに、1丁でもいいよって確認したのに2丁入れたんは韓ちゃんなのに><

「お皿、お皿、早く出して。ご飯も早くやって。熱いうちに早く食べましょう」

「いっただきま~す」
「いっただきま~す」
「何だ、マーボー以外何もなしか」
「だって今日は韓ちゃんが作ってくれるんだもん。私は何も用意してないよ。なんならすぐスープ作ろうか?」
「ああん、いいよ、早く食べましょう」
「あ、ちょっと待って。これかけるから」
花椒塩をたくさん振りかけた。

一口食べて
「駄目だな。ネギの量が多すぎ。片栗粉も多すぎ。豆腐多すぎ。あと塩が足りなかったな」
「え~ん?そんなわけないが。ネギはもっと入れてもいいくらいだし。このとろみ具合はばっちり!すごくおいしい。塩足らんかったらこの花椒塩もっとかけたらいいんだから」
「豆腐が多いから、責任とって全部食べや~。食べんかったらぶっ殺す」
「おいしいから食べますよ。韓ちゃんももっと食べなさい」

何度も、「いや~このネギがもう少し少なかったらよかったのに~」とか「片栗粉がな~」と、私のせいでおいしくなくなったかのように笑いながら言ってたけど、照れ隠しだってわかってるよ。

ホントにおいしかったw
お豆腐2丁使ったけど、食べまくって残ったのはほんの一口だけ。

韓ちゃんが使ったフライパンは、洗うことまではしなかったけど、すぐにお水を張ってた。
こういうきれい好きな面は、さすが韓ちゃんだなって感心した。

その後、牛乳飲んだりコーヒー飲んだりしながらゲームゲームゲーム。
ゲームしながら、いっぱい話もした。
もう韓ちゃんの会話はぎこちなさが消えてた。

夕食には、おでんがいいかすき焼きがいいか聞いたら、すき焼きがいいと言ったので準備したんだけど、鍋に材料を入れても、できあがっても、ゲームに夢中で・・・><
と、言うのも、ゲーム内ですごくいいスキルをもらって成長が早いので止めるに止められなかったの。
帰る時間間際までゲームしてたから、保温にしたすき焼きは、メッチャ辛~くなってしまって、大失敗。

いつもの電車に何とか間に合った。
「今着いたから」って電話もらったときは「のどが痛い」って。

すき焼きが辛かったからか、しゃべりすぎたからか。その両方か・・・。

スタートはちょっと~だったけど、まあ、楽しい一日だった。

スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(10) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。