FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-28 (Sat)
すみませ~ん。
仕事終わってから食事に行って最寄り駅まで送って行き、その後叔父の家に行っていて、帰りが遅くなりました。
しかも…携帯を携帯し忘れて家に放置。
叔父の家にいる間に韓ちゃんから3回電話の着信が入ってました。
家に着いてから即電話して謝りました。
「また明日ね」って怒ってなくて良かったです。

さて、続きです。


「今から行こう」
「こんな時間から行くの?遅くなっちゃうじゃん。それにこのポイントはまだ有効期限残っているんだから今日じゃなくてもいいやん?」
「そうなんや~。でも今日行こう。行って【あいぽっど】見てみよ」
検索かけられそうなので【あいぽっど】と書きますね。

「【あいぽっど】欲しいの?でも、今から行ったら遅くなるよ?だったら帰りに名古屋まで送っていくからちょっと早めに家を出て帰りに買ったらいいやん」
「早く準備して」
人の話は全く聞きません。もう行く気満々。目はキラキラです。

名古屋までドライブ。
久しぶりの一緒にお買いものです。

お店に着いてダッシュで【あいぽっど】売り場まで向かいました。もう、子供と一緒。
見るなり・・・「うわ~こんなに高いの?」
「まあ、安いのもあるけどね。いろいろ楽しむならこっちの方がいいんじゃない?どうせ買うならいいのの方がいいじゃん」
安いのはほぼポイントと同額。ケチな韓ちゃんはお金は出したくない様子。
「でもさ~、8GBなら2000曲入るし、デザインもかわいいよ。写真も画像も楽しめるし、私なら断然こっちにするな」
「そんなお金ないわ」
「だから~、別に今日買わなくても、ポイントはなくならないんだから、お金少し貯めてからこれ買ったらいいじゃん。絶対こっちの方がいいよ」
さんざん迷って、結局一番安い【あいぽっど】の札を取ってレジに向かっていった。
と、思ったら引き返してきて、「hamお金ある?」
「少しなら持ってるけど、いくら?」
「1万円」
「1万円ならあるよ」
「出して。早く出して」
仕方なく1万円を渡すと「あと1万出して」と笑って手を出している。
「何言ってるの、もうないです。生活費が無くなっちゃう」

結局私にお金を出させて8GBの【あいぽっど】を購入しました。
そして、その1万円は私から韓ちゃんへのクリスマスのプレゼントということになりました。
「え~だったら、クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントということで」
「両方で1万か、安いな」
「だったら私へのプレゼントいっぱい買ってよ」
「俺からのプレゼントは・・・ない」
「なに、それ~。ひどいじゃない」

行きに車に酔ってへろへろになっていたのに、帰りはごそごそと【あいぽっど】が入っているケースを開けて説明書まで見ていました。嬉しそうに。
案の定途中からゲロゲロしそうになってました。

家に着いたら私が持っているCDをさっそくPCに入れて、あ~でもないこ~でもないと言いながらやっていました。ところが肝心の【あいぽっど】に曲が落とせません。
知らない振りしてたけど、あまりにも時間かかるから、食事の用意をしながら、こうやってあ~やってと口を出していました。でも、基本韓ちゃんは私の言うことは聞きません。
とりあえず、鍋の準備ができたので食事することにしました。

鍋は、台湾ラーメン風の辛いやつにしました。豚ひき肉と薄切り肉とソーセージともやし、シイタケ、エノキ、青梗菜入りです。
車に酔った韓ちゃんは食欲がないみたいで、せっかくのお肉には手をつけず野菜中心で食べていました。エノキがお気に入りだったみたい。

で、食事もそこそこ、また【あいぽっど】に曲を落とすためにPCに向かいました。

私が言っても聞かないので、PCで【あいぽっど】に曲を落とす方法を検索。
目の前でやって初めてやり方がわかったみたいです。
さっきから私が言ってるのに・・・。

この時点でいつもの帰る時間になりました。
「何時に帰らないかんってわけじゃないでしょ?なんなら名古屋駅でも韓ちゃんの寮でも送って行ってあげるから」
「車に酔って俺死んじゃうよ」
「そう?だったらそれ置いていたったらCD入れといてあげるわ」

一旦服を着た韓ちゃんでしたが、思い直したように「名古屋まで行くんならもう少しやれるな」って、また服を脱いでPCの前に。
私が好きなシンスンフンやBEGINなどの曲を一杯入れていました。「早く、早く…おっそいな~」って言いながら。

韓ちゃんがあまりにも嬉しそうにしていたので、私も好きな歌手の話なども久々にできて楽しかったです。ただ、びっくりしたのは、私が大好きなシンスンフンのコンサートに行ったこととかを韓ちゃんがまるっきり忘れてしまっていることでした。
「ham、生でシンスンフンの歌聞いたことあるの?」
「忘れちゃったの?コンサート行ったじゃん。で、コンサートに行く前にケンカしたじゃん」
「そうなの?」
「私があまりにもシンスンフンの話するから、そんなに好きなら俺がホテル代出してやるからあいつとホテル行きゃ~だなんてことまで言って、おまけにコンサートにも行くなって言い出して。でもコンサート行って終わってからも電話でシンスンフンの歌がすごく良かったことなんか話したじゃない」
「・・・」
「ええ~ホントに忘れちゃったの?もしかして病気?一回検査した方がいいんじゃない?脳の海馬がやられているかもよ」
「ほんとに一回検査した方がいいかもね。何でもすぐに忘れちゃう」

「韓ちゃん時間はいいの?」
軽く22時を回っていました。
結局、名古屋駅じゃなく、韓ちゃんの職場まで車を走らせることになりました。
自転車の後輪の空気が抜けて職場に置いてきたそうで、そこから歩いて寮まで帰って行きました。
韓ちゃんを降ろして、一人寂しく帰り道車を飛ばしました。
私が家に着いた時には1時過ぎてました。




そうそう、車の中で韓ちゃんの誕生日を新で祝うか旧で祝うか話していたときに、ショックな言葉をもらってしまいました。これは予想外でした。楽しかった気持ちが吹っ飛びました。
「1月に中国に帰るわ」

日にちはまだ決めていないけど、帰るそうです。
「あ、そう。じゃあ1月でお別れだね」
「何言ってるの。ちゃんと帰ってくるわ」
「この前まで帰らないって言ってたじゃん。急にどうして?中国女に言われて帰るわけ?」
「・・・」
「・・・」
「お母さん、一人でいるなのに…。俺がお母さんに会いに行ったらだめなの?」
「お母さんじゃないじゃん。いつもそう言うけど、中国に帰ってお母さんのところなんて行かないじゃない。中国女のところに行くじゃない。私はお母さんのところに行くんなら何も言わないよ。でもいつもそうじゃないから・・・」
急に大声を出して足をバタバタさせて「なんでいつもそういう話になるの」って怒りだした。
怒りたいのはこっちだよ。


いつもそうだった。
私が何かプレゼントすると、そのあと中国に帰ると言い出すんだった。
別にプレゼントをしたからだということではなく、たまたま帰る時期とクリスマスや誕生日の時期が同じなだけなんだけど。今回は帰らないと言っていたので安心していたのに~。
あ~~~~~、プレゼントしなきゃよかった!!!
嬉しかった気持ちが急にしぼんでしまった><

それでも、帰ると言う韓ちゃんをひきとめることはできないんだよね。
12月は私の韓国行きの前に、また来週帰ってくるそうです。


夢で目が覚めました。
もしコメントいただけるなら、【あいぽっと】と書いてください。
たぶん、今韓ちゃんは【あいぽっと】のこといろいろ検索かけていると思うので、このブログが引っかからないようにしたいんです。
ご協力お願いします。
スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。