FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-15 (Tue)
姉がへそくりで私を韓国旅行に連れて行ってくれた。ありがとう姉ちゃん!
長くなるので、分けて書くね。

とりあえず、出発からいろいろと問題発生。
3日間の苦労が予測できる出来事あり。

順を追って書きますね。どうか、最後までお付き合いください。

*******************************************************************************************

前日、子供が遠足に行く前の日のように、なかなか眠れなくって、2時間寝たところで起きなきゃならなくなった。なかなかどうして…私って繊細?
準備は前日に全部完了なので、シャワ~を浴びて目をパッチリさせてから最寄駅まで車で。
歩いても10分かからないんだけど、早朝にゴロゴロゴロゴロとスーツケースを転がすのはあまりにもご近所迷惑なので、1日700円の駅の駐車場へ車を預けた。
TAXを呼ぶことも考えたけど、帰りのこと考えたら預ける方がいいと思って。
ダウン着てるとは言え、結構な寒さだったし。
時間は5時40分。

この駅はエレベーターがあるので楽チンにホームまで上がれた。
学生もエレベーター使用。
若いのに…って思った。
これ、あとから韓国である出来事で考えさせられたんだけど、この件はとりあえず置いとくね^^

電車は2.3空いてる席があったけど、満員電車になるのわかっていて足元にスーツケース置けないので、ドアの近くにスーツケース押さえながら立ってた。1回乗り換え。結局、セントレアまでの1時間ちょっとをず~~~と立ちっぱで、早くも腰が痛くなってた><

セントレアには、すでに叔母とお客さんのOさんが到着してて(彼女たちはバスで)無事、合流。
旅行会社からチケットをもらい、チェックイン。
大韓航空のカウンターで機内に預ける荷物の検査。
クレームタグ(荷物引換証)を受け取った。

このクレームタグは、荷物が紛失した場合に必要になるので大事に保管するように言ったのに、あとでOさんったら、無い無いとひと騒ぎ。

それからOさんが海外旅行傷害保険に入ると言うので手続き(3000万保障に加入)。
私はPCで加入済み(2000万保障)。
たばこを1本吸ってトイレを済ませてからセキュリティチェック。
かごの中にバッグ、携帯、コート、あとポケットの中のものを入れて、X線検査。
ここで、私のバッグが引っかかった。
えええ~~~?なんで?
はい、すみません、ライター1個のはずがバッグの底にもう1個隠れてた。(バッグいつも使ってるやつだったから、それに気がつかなかったん)
1個没収。
私の後に続いたOさんのバッグもなんか引っかかったが、中身確認後、無事通過。何だったかは不明のまま。

なんか、いつもの旅行と違って幸先悪いな~…この思いは後々当たることとなる。


出国検査。
パスポートと搭乗券を出国審査の係員に提示。ポン!っとスタンプを押してもらって、ここは3人ともすんなり通過。やれやれ~。

搭乗開始まで時間があったので、コーヒーを飲みながら時間つぶし。叔母のおごり^^
その後、免税店でロクシタンのハンドクリーム購入。クリスマスバージョン缶入り、良い香りの3本セット(チェリー・バニラ・ローズ)。

搭乗ゲートまでかなり歩かなきゃならない。叔母とOさんはカート使用。私は若いから自力で。
途中でたばこを1本。これからしばらくは吸えなくなるからね。
たばこ吸ってる間にOさん、つかつかと勝手にパスポート提示して何やら聞きに行ってたらしい。
その結果、長蛇の列をしり目にビジネスクラスで搭乗手続き。

機内に乗り込むため歩いているとき、パスポートはしまって、搭乗券の半券は座席番号が書かれているので手に持っているようにOさんに話して、帰りのチケット貰うときのEチケットもしまっていいよって言ったら、それが何か分からないと言う。
説明して、探すも無いとのこと。
無かったら飛行機乗れないかもしれないからちゃんと探すように言った。
ホントは別に無くて、も大丈夫だけどね。
これくらい言っとかないと気をつけない人だから~。

いよいよ搭乗。
「アンニョンハセヨ~」とあいさつして座席券をキャビンアテンダントに提示、座席を案内してもらった。いつもは右側に行くのに左側へ。手続きだけビジネスで早くやれたのかと思ってたら席までビジネスでびっくり。

実は、このOさん、身体障害者手帳なるものをお持ちで、そのおかげで今回は行きも帰りもビジネスクラスを経験させてもらったん。いや~、エコノミーしか知らなかったけど、ビジネスクラスはやっぱりいいね~。これだけはOさんに感謝!

座席に座って手荷物・ダウンを頭上の棚に入れて、シートベルト着用。
やりかたがわからないOさんのも。この間、叔母は知らん顔。
席は真ん中の3人掛け。私、叔母、Oさんの順で座った。
腰に小さなマクラがあって、腰が痛かった私にはすごく嬉しかった。
もちろんシートはふかふかしてて、エコノミーとは大違い!
ダブルブッキングでもない限り、ビジネスクラスになんて乗れないもんな~。(貧乏人だもん^^)

さて、Oさん、座席に座ってあちこち探すもEチケットが無かったらしく、そもそも貰ってないんじゃないか(い~や確かに貰ってた)、私か叔母が持っているんじゃないか(持ってません)、もしかして保険に入った時に忘れてきたんじゃないか(カウンターの上にはそんなもん残って無かった)と他人のせい。

別に無くても大丈夫だと言っても、電話をすると言って、セントレアに電話。そこから保険のカウンターに、で、旅行会社に電話。
さすが、こういったことに関しては教師をしてただけある。行動が早い。
長々と電話した結果、無くても飛行機に乗れるようにしてってくれると言われたと、やっと落ち着いた。(だから、無くてもいいと言ったのに~。ちょっと脅し過ぎだったかも)

離陸後、配られた入国カードと税関申告のための書類記入にとりかかった。
入国カードには、名前、性別、パスポートナンバー、生年月日、滞在先、便名などを書き入れるようになっている。
私は家で、3人の情報をメモでまとめてきて、わざわざパスポートを取りださなくてもいいようにしてきていた。
私の横で叔母がメモを見ながら書き込んでいて、Oさんはどうしていいかわからない様子。
あとで、Oさんのも書くからと言って自分のを書いていたら、叔母が間違って私のパスポート番号を写していた。ありえないw
キャビンアテンダントに用紙を再度貰った(2回目)。このキャビンアテンダント、日本語がわからない。身振り手振りで貰った。

叔母のも書き終えて、今度はOさんのをと思ったら、なぜか用紙がないと言う。
なんで?ついさっき貰ったばかりのものをどこへやったん?
追求してもまたごそごそやるばかりなので、また振り手振りでキャビンアテンダントに用紙を再々度貰った。(3回目)
焦った私は間違えてしまった。でも、線を引いてかきなおせばO,K。
なのに、それを見たOさんが、「いやだわ、私のを間違えるなんてすごくいやだわ」と何度も言う。
カチンと来た。「だったら自分で書いたら?これ、旅行会社に頼むと何と3000円もかかるのよ」

しかたなく、また振り手振りでキャビンアテンダントに用紙を再々々度貰った。(4回目)

Oさん自分で書くと言いだした。だけどどうやって書くのか教えてと言うOさんだったけど、5回目の用紙を貰うことを避けたかったので私が書いた。その方が早くて面倒くさくないから。署名だけは各自でしてもらった。

すでにこのときに私はかなり頭に来ていたし、この先が不安でいっぱいになった。

その後、えらく質素な機内食(すし)が出て(以前はもう少しいいものだったのに)、ペロッと平らげ、お茶をもらって、少しボ~っとしてたら、もう着陸態勢に入って、あっという間に韓国に着いてしまった。



さらっと書くつもりが長くなってしまいましたw
まだまだ続きますが、もう少し待ってください。

スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(10) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。