FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-21 (Mon)
更新が遅くなりました。
韓ちゃんは来るし、忘年会はあるし、法事はあるし、そんでもって姉は泊るし、娘は泊るし・・・大忙しの5日間でした。
韓ちゃんが来た時には、リクエストでから揚げ(まただよ)、忘年会ではカニ鍋、姉たちと鶏鍋、法事で特大海老フライほかご馳走食べて、夜はスパッゲティのコース(飲み物飲み放題、サラダ食べ放題、スープ飲み放題、ドルチェ2個)、今日は、娘たちと家で中華作って食べて、今、ようやく娘たちが帰りました。

布団は干したけど、洗濯が山と残っている状態です。
明日から仕事。なんかすごく疲れています。



さてさて、韓国旅行の続きです。

なんやかんやあったけど、無事、韓国仁川空港に到着。
外国人カウンターに並び、パスポートと、機内で苦労して書いた入国カードを提出して、パスポートに入国スタンプを押してもらい、韓国への入国手続きは何事もなく通過。ホッとした。
エスカレータを降りてターンテーブルへ。
まだ荷物が出てきてなかったのでトイレへ行くことにした。(機内でも1回したけどね)
このときOさんも行った。

機内に預けた荷物を待っている間、Oさんにクレームタグ(荷物引換証)出すように言ったら、「それは何?」と言う返事。
「荷物の番号が書いてあるシールみたいなのを貰ったでしょ?」
ガサゴソ探すも、またもやここで無い無いと騒ぎ始めた。唖然。脱力。

「私、そんなの貰いました?覚えがないけど」
「はい、貰いましたよ。一人一人貰いました」
「それってどうしてもないと駄目ですか?」
「別に荷物がちゃんと出てきたらいらないけどね。もし、荷物が紛失したら困るし、自分の荷物がどれかわからないときは番号見て探さなきゃならないから。似たようなスーツケースがあるでしょ?」
「自分のスーツケースはわかるから」
「あ、そう」

まあ無事に荷物を受け取って、税関検査。
これも機内で書いた「旅行者税関申告書」を提出するだけで、すんなり通過。
とりあえず、一人1万円を両替。122000ウォン。空港内は、あまりレートがよくない。
添乗員が待つ出口へ向かった。
いっぱい、人がプラカードや手書きの紙を持って待っている。
すぐに見つけて、話しかけると、もう1組あるから待つようにと指示を受ける。
座って両替したお金を数えて3人分別封筒に入れて、もう1組と合流となって、さあ出発という段になって、Oさんが車で1時間も走るならトイレに行くと言い出した。
待ってる間に行けばいいものを・・・という添乗員の舌打ちが聞こえそうな雰囲気の中、一人ではトイレの場所もわからないだろうし、ここで迷子になられても時間が余計にかかってしまうので一緒について行った。
帰ってきたら添乗員はむすっとしていた。

今までこんな不愛想な添乗員に当たったことがなかったのでびっくりしてしまった。
自己紹介も無かったし、みんなに話しかけることも無く、車内では「今から免税店に行きます」とだけ。
あとは運転手と話すのみで、私たちに向かって「日本のどこから来たんですか?」とか「韓国は来たことありますか?」とかいう質問と言うか話しかけも一切なく、(今までの添乗員はそんな会話から入ることが多かった)免税店につくまでただただ無言。

叔母が日本に帰ったら添乗員のこと旅行会社に文句言ってやるとすごく憤慨していた。
しかも添乗員に聞こえるような声で言うもんだから私は気が気じゃなかった。
添乗員の仕事に就くということは、かなり日本語がうまいということ。
だから、何度も、叔母に「聞こえるよ」と注意しても、叔母は文句を言うのを辞めなかった。
添乗員が不愛想なのはそれが聞こえているのも輪をかけたかもしれない。
Oさんがおとなしくなったと思ったら今度は叔母ですかい?勘弁してくださ~い・・・。

免税店に到着。ロッテ免税店だったので、勝手知ったるで、真っ先にコスメ店へ。
ここでまずはお目当てのIKKOさんお勧めのコスメ売り場へ。
Oさんと叔母はBBクリームを購入。
私は違う店ではちみつ入りハンドクリームを購入。
仕事では欠かせないものなので、ついついこういうものを買ってしまう。
と、言うか、そういうものを買うために韓国へ行ったんだけどね。

免税店を出て、もう1組のツアー客の宿泊ホテルへ回り、姉たちが待つホテルに到着。
フロントで姉たちの部屋番号を聞いて、とりあえず自分たちの部屋に直行。その後姉の部屋を訪ねた。

Oさんは、ルームキーの使い方を知らなかったので説明し、絶対にキーを部屋に置いたままドアの外に出ないように言い聞かせた。
Oさんが年上で、失礼なのは承知の上で、もう子供相手のようにいちいち言い聞かせなければならない。
自動的にロックされてしまって、フロントでマスターキーで開けてもらわなくてはならなくなるから、それを避けるため、「部屋から出るときは必ず持って出るように」と何度も念を押した。
その後、フロントでお世話になるようなことはなかったけど、その代わり、いつもドアをオープンで、廊下から部屋が丸見え状態だっ><
しかも、隣の私と叔母の部屋に来ている間もドア開けっぱなし(部屋には誰もいない状態)という恐ろしい事を平気でやってくれてた。廊下に出てはギョッとして、慌ててOさんの部屋に鍵をかけるのが私の仕事になった。
どうせなら、ここで盗難騒ぎがあった方がいい薬になったかもしれないって意地悪く思ったほど。

Oさんの部屋に入ると、風呂の掃除がしてないようで、浴槽に髪の毛は落ちているし、汚れていた。
すぐにフロントに電話して掃除のしなおしをしてもらった。なんか、やっぱり嫌な予感継続中。

姉夫婦と合流。私たちは4階、姉たちは11階だった。
私の部屋が自然とみんなの集まる部屋となった。
とりあえず、コーヒーを飲もうとなって、ポットが無い事に気づいてフロントに連絡。
いつもならこんなこと無いのにってやっぱり嫌な予感継続。
ポットを持ってきてもらって、日本から持参のコーヒー・ココアを飲みながら、今後の予定を立てた。


まず、明洞の南大門へ。
ここでのお目当ては衣服類。
下着、靴下を買う前に、とりあえず3万円を両替。レートは129000ウォン。
空港で両替したお金から50000ウォンずつみんなから徴収。叔母とOさんには72000ウォン返却。

叔母が以前買った時計が動かなくなったというクレームで、時計の店へ行ったので、私は別行動。
翌日がどうも雨のようだったので、屋台で買える靴下を女性用36足、男性用6足購入。
母から15足頼まれていたので、どうしても買って帰らないと後が怖い^^

韓国の靴下は、毎日履いてても伸びることも無く、とても丈夫なのですごく気に入っているん。
日本の靴下は、ずれたりするけど、韓国のは足にぴったりでとても履き心地がいいので、土産にすると喜ばれるの。
以前は10足で10000ウォンだったけど、今回は12足で10000ウォンだった。1足あたり約65円。
男性用は6足で5000ウォン。

下着(パンツ)2枚購入。日本からの荷物を少なくするために韓国で買うことにしている。
あとは、まず布団屋さんでラグ購入。すごくかわいい柄のがあったからよかった~。
これは子どもが出産後赤ちゃんを連れてきたときに使おうと思って購入。
このお店、以前いた日本語が達者なお姉さんがいなくなってて、日本語がわからないお姉さんが残っていた。
でも、顔は覚えてくれていたようで、いつものように圧縮袋に入れてくれた。

次は、風呂敷のお店へ。裏表使えるすごく綺麗な色合いの風呂敷。
家使いと、お土産用で13枚ほど購入。
あと、巾着ポーチ。ポジャギ(韓国パッチワーク)のもの。
この風呂敷や巾着は、苧麻(モシ)という植物の繊維からできた美しい布のもの。韓国では夏の韓服(チマチョゴリなど)に使われる。テーブルクロスにしてもいいし、色もたくさんあって、すごく綺麗。

ぶらぶら歩きながら、それぞれが買い物をして、途中小腹がすいたので軽く食事をした。
ビビンネンミョン(唐辛子の味噌だれの冷麺)、キムパプ(のりまき)、チヂミ(韓国風お好み焼き)、トッポッキ(コチュジャンや水飴で細長い餅を甘辛く煮たもの)、付け合わせの無料のだいこんの漬物・キムチもお腹いっぱい食べて5人分で20000ウォン。とにかく安い!
食べているところに、店のすぐ前のお店の人が韓国のりの見本を持ってテーブルに差し入れ。
なかなかの作戦。
食後、礼儀としてお店をのぞいた。良い男だったってのもある^^
結局ここで、韓国のりと、乾燥鱈の身をほぐしたもの、ごま油、ダシダ(料理だし)を購入。
叔母は、漢方まで買っていた。

この時点で、みんな結構な荷物になっていた。
そこの店主がサービスでホテルまで荷物を届けてくれると言うので、ホテル名、部屋番号、名前を教えて、身軽になったところで、また、ぶらぶらぶらぶら。
そしてまた荷物が一つ二つと増えていく^^

それぞれ買い物をして合流後、道すがらお店を覗きながら一旦ホテルに戻った。

少し休憩をしてから念願の焼き肉を食べにTAX2台で行った。
途中、クリスマスのイルミネーションがとてもきれいでみんな歓声をあげていた。
街路樹の幹や枝にまでライトが施されているので、遠くからでも近くからでもクリスマス気分を堪能できる。

TAX代は片道3000ウォン(1台分)。チップと合わせて4000ウォン支払った。
運転手さんはニッコニコ~^^
韓国のTAXは日本に比べたらすごく安い。日本とは桁が一つ違うかな?

この焼き肉店は韓国へ行くと必ず寄るお店。
日本でも結構テレビで取り上げられている有名店。日本のタレントのサインなんかも飾ってある。
ここのチヂミは超最高だった・・・はずなのに、なぜか、料理が変わってしまっていてすごく残念だった。
どうやらシェフが変わったようだ。普通のチヂミになってしまっていた><
ホルモンはおいしかったよ~。ただ量が少なくなってた。重ねがさね残念!

私が徴収してあったお金から会計。260000ウォンほど。
少しおまけをしてくれて、帰りは店の車で東大門まで送ってもらった。
いつもTAXで行くと、なぜ電話をしないの?迎えに行くのにと怒られる^^
だから、帰りはお言葉に甘えて車に乗せて行ってもらうの。
そのかわり、運転手さんにはお礼に5000ウォン支払った。

向かった先は新世界百貨店。
南大門はオバさん御用達の店が多く、東大門は若者向きの店が多い。
私は入り口前の広場でたばこが吸いたかったので、ここでも別行動。
一人でぶらぶらした。
かわいい巾着ポーチがあったので、またもや購入。
あと、おこげ飴とか、頼まれていたパッチワークの座布団のカバーを見つけたので購入。

待ち合わせ時間までにまだ時間があったのでコーヒーを飲みながらみんなを待った。

この間、問題の多いOさんの世話は姉がしていたみたい。
ごめんよ…姉ちゃん。

帰りのTAXで、姉と私で1台。
義兄と叔母とOさんで1台で帰った。
私たちのほうが先に着いたので、コンビニでお水を買っていたら義兄から携帯に電話あり。
問題発生!!!





おっと、気がつけばもう2時30分を回っています。続きはまた今度。
3日間仕事を休んだので、明日から仕事です。(あたりまえか・・・)
続き、気になる方、読みた~いって方、応援ぽちっとお願いしま~す。









スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(10) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。