FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-15 (Fri)
もうね、この記事書くの3回目なの。
私としては写真をファイルアップロードで読み込んだり、大きすぎる写真を縮小させたりで、ものすごく時間をかけて記事をUpさせたわけですよ。
記事は7時間ほどは載っていたと思います。翌日開いたらちゃんとありましたから。
で、少し編集をしようとしたら、なにやら障害発生中という文字が。

はい、あっという間に記事は消滅してましたwwwwwwww

仕方なく、また最初から記事を書いてもうすぐ完成って時に、ちょっと他のところを見に行こうとして、移って戻ったら、下書きの保存がされてなくて・・・・何もかも白紙。
もう一度書く元気が残ってなくて、しばらく放置してました><すみません。
これ、ブログランキングのマイページ見ると、1月13日の04:51として、確かにそこには私が書いた記事の頭の部分が載ってました。
バックアップ取ってなかったので、その頭の部分をコピーして、また、こうして最初から書き直しです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ずいぶん更新サボってました><
記憶が・・・。
頑張って書きま~す。
え~っと、地下鉄初体験の話から。
切符を買おうとしたん。ところが…ハングルなわけ。韓国だから当たり前だけど^^

韓国の地下鉄情報は、 こちらトラベルコさんのところに詳しく載ってます。一度見てみてください。

日本語を選択しても、画面表記はハングルかアルファベット表記なんです。で、アルファベットなんて覚えてないし、画面に目を凝らしても目的のハングルが探せなくておろおろ。そしたら、叔母が機転を利かせて駅の案内人のおじさんを呼んできてくれた。
「どこまで?」
「恵化(フェファ)まで」
「何人?」
「5人です」
この韓国のおじさんでさえ画面を4回ほど変えて、やっと恵化が載っているところを開いたんだよ。
私たちが1回でできるわけがないじゃない><
地下鉄路線の番号がわかっていたら、もっと簡単に操作できるみたいだけど、事前に調べていかないと操作がむずかしいってこと。何でも下調べが大事です!

7500ウォン投入でやっと切符買って(5人分)、改札を抜けた。カードを当てて、棒のようなものを体でグイっと押して中に入り、階段を下りてホームに降りた。が、壁の行き先表示を見てまたもやあわてた。・・・間違った><
逆のホームに降りちゃった。また階段を駆け上がって改札を抜けようとして・・・あれっ?
私たちが買ったのは1回用交通カード。と言うことは、さっきここから入ってまたここから出たら、もしかしてこのカードは使用済みになってしまうんじゃないか?改札を抜けようとする他のメンバーを制し、しばし立ち止まった。
そしたら少し離れた通路に先ほどの案内人のおじさんが見えた。

「アジョッシ~」と大きな声で呼んで、わけを話して、改札横のとこのカギを開けてもらって通路に出た。
で、また反対側の改札抜けなきゃならない。いやいや、これをまた入ると…などと考えていたら、案内人のおじさん、無言で手招き。またカギを開けてくれて、何とか無事に正解のホームに降りれた。

このあたふたぶりを見ていたのかどうかは定かではないが、一人のすらっとしたビジネスマン風の男性が声をかけてくれた。
「どちらまで行きますか?」
「恵化までです」
「あ~、それなら私もそこまで行きますから、一緒に行きましょう」
「ありがとうございます。改札を間違えて反対のホームに降りちゃったんです」
「そういう人多いです。わかりずらいみたいですね」
恵化に行くためには1回乗り換えがある。それは、わかっていたが、不安もあったので、このビジネスマンのお言葉に甘えることにした。
「全部で何人ですか?」
「5人です」
一通り顔を見て、覚えてくれているんだってわかった。
かなり混んだ電車だった。Oさんは、ハァハァと息が切れてる。Oさんの目の前の座席に座った人が無言で立ちあがった。お礼を言って、座らせてもらった。こういうところは、やはり韓国は儒教の国だなって思う。とにかく目上の人には親切だ。
乗り換えのときも、ビジネスマンは後ろを確認しつつ何度も振り返りながら、「こっちです」と言って親切に案内をしてくれた。目的の恵化に着いて、地上に出るときも、Oさんが階段は大変だろうからとわざわざ遠回りをしてエレベータまで乗せてくれた。

「今日は私もいい経験しました。韓国では、駅のエレベータはお年寄りか障害者、または荷物が多い人が利用するものです、私はまだ若いから今まで一度も乗ったことがなかったです。今日は、特別に乗りました」
私がソウルに発つ朝利用した駅では若い学生が眠そうな顔で当たり前のようにエレベータに乗っていた。
このビジネスマンの話を聞かせてやりたい。若者よ、階段を使用すべし!

ビジネスマンはとても日本語がうまい。発音もとてもきれい。
「日本語が大変お上手ですが、日本に留学されてたんですか?」
「いえ、韓国の学校で覚えました」
日本には数えきれないくらい行っているらしい。エリートビジネスマン。
「東京には80回くらい。名古屋は5回くらい行きました」
なるほど、日本語が上手なはずです。

地上に出て、「ここからお店の行き方はわかりますか?」と聞かれたが、あとは細い迷路のようなところを行くだけなので、「わかります。ありがとうございました」とお礼を言って握手した。

「私はもうあなたの顔を覚えました。だから、もし名古屋で偶然会ったらすぐわかります。あなたは私を覚えましたか?」
「はい、覚えましたよ。私も大丈夫、すぐにわかります」
お互い笑いあって、さようならと別れた。
みんなで、あんないい人がいるんだね!って、わいわい言いながら歩くこと数分、やっとお店に着いた。

お店の名前は『トブロハムッケ』
ここで韓定食を食べた。

23種類のおかず。釜めしご飯。お味噌汁。デザート。

23種のおかず、こんなんです。

韓定食1

韓定食2

韓定食3



うっかり、釜めしの写真とデザートの写真忘れた><もう食べるのに夢中で^^

良かったらこちらでみてみてください。釜めしのおいしい食べ方が載っています。
konestさんが、載せている『トブロハムッケ』の情報です。

ご飯を少し多めに釜に残し、お焦げを楽しんだ。みそ汁の味噌は韓国製の味噌。
日本のものとは違うけど、この味噌私も好きで家でも買って使ってるん。

23種のおかず。どれがどれかわかるかな?
【ドングリゼリー】【ほうれん草】【もやし】【カタクチイワシ】【キムチ】【青菜】
【イシモチ】【蟹の醤油漬け】【韓国のかぼちゃ】【ワラビ】【青のり】【しいたけ】
【ナズナ】【チゴリ】【イカとカニかまぼこ】【豆腐】【イカの塩辛】【貝】【春菊】
【キキョウ】【トウガラシ】【きゅうり】【海苔の佃煮】

デザートが、【スジョンガ】(漢字で水正果)という、桂皮(シナモン)や干し柿、しょうがを煮立てて作った、韓国定番の甘~いデザート茶だった。おいしかった~。お変わりが欲しかったくらい。

こんなにお腹いっぱい食べて、なんとお一人様11000ウォン。この日のレートから言ったら850円くらい。
もう、味も値段も超満足!!!

帰りは、二手に分かれて、姉夫婦はもう一度練習を兼ねて地下鉄で、私と叔母とOさんはTAXで帰ることにした。
みんなで地下鉄に乗れば安く済むんだけど、Oさんの足を心配してのこと。

TAX拾って、ちゃんとメーターがあるか確認して、ホテルの名前を告げた。運転手は若いお兄さん。
「日本語わかりますか?」
「わからないです」
「少しはわかる?」
「わからない・・・」
私が片言の韓国語で話したからか、運転中も気さくにいろいろと聞いてきた。
今、トブロハムケでご飯を食べてきたこと、すごくおいしかったことを話したら、「韓国はどう?」って聞いてきた。
「韓国すごく好きよ」
「食べ物は辛いでしょ?」
「そうね。でも私は辛いの好きだから~。それに何食べてもおいしい」
そしたらすごく嬉しそうにニッコリ笑って、走りながら、あの建物は…っこの建物は・・・って説明までしてくれた。外のイルミネーションがすごく綺麗で、窓越しに写真を撮ろうとしていたら「窓を開けて取ったら?」って言ってくれて。走りながらだから上手に撮れてないけど、それがこちら。

イルミネーション1

イルミネーション2

イルミネーション3


ホテルまでは7200ウォンだった。で、8000ウォン払ったらお釣りをくれたので、それはどうぞって返した。
感じがいいお兄さんだったので、あと1000ウォン「これはありがとうの気持ち」って渡したら、すごく嬉しそうに何度も頭を下げてた。かわいかった^^
9000ウォンは約700円。日本では初乗りだけでもそのくらい。ずいぶん距離走ったのに、韓国のTAXはすごく安い。一生懸命説明してくれて、ありがとうね、お兄さん。

ホテルで姉たちと合流。姉たちのほうが早かった。
私の部屋でコーヒーを飲みながら、立て替え分清算して会計報告。
この日は、みんな疲れていたのでどこにも出かけずに各自部屋に戻って風呂に入って寝た。
でも、軽く日付は変わってる時間だったん。

ようやく韓国2日目終了w



あ~どうかこの記事が消えませんように。ってか、一応コピっとこう!
スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(10) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。