FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-29 (Fri)
今現在も頭を悩ませている問題。
でも、いくら考えても解決しないんだろうな。
なるようにしかならないんだから、と、思ってはみても…やはり悩む。


韓ちゃんが中国に行く前に言ったん。

「今度帰ってきたら俺家を借りるわ」
「なんで?」
「仕事は今の社長のとこで土・日だけやって、あとは為替の仕事する」
「でも、ここに家があるのにどうしてまた家を借りる必要があるの?」
「為替は夜中にやるんだからここでは集中してやれやんやん」
「夜は寝るだけなんだから、いっくらでもここでできるでしょ?」
「できんから言っとる」
「だからなんでできないの?」
「うるさいから」
「・・・・・」
「hamもうるさいし、中国でもうるさく言うし俺は一人で集中したいの」
「今までは仕事で遅くなって電車がないから帰ってこれやんかったけど、だったら、それって、別居ってことじゃない?それにわざわざそんな遠いところで家を借りる必要がないじゃない」
「土・日は社長のとこで仕事するんだから、こっちに家借りたら寝る場所がないよ」
「土・日だけ今までいた寮にいさせてもらえばいいだけのことじゃない?」
「いやだ。家を新しく借りる」
「それって、女を寮には連れ込めないから新しく借りるんじゃないの?うちから近いところだと、私にばれるしね」
「女なんかいないわ。今度家を借りたらいつでもhamが来てもいいから。鍵も渡すし。それだったらいいでしょ?」
「いやだわ。絶対に嫌」
「何言ってるの。俺は中国で頑張って金、為替で稼いでくるから」

「電気カーペットはあるの?布団の電気毛布はあるの?机これ貰うわ。あと、何が必要かな」・・・etc.
もうすっかり新しく自分だけの部屋を借りるつもりでいる。
「私のものをどうして韓ちゃんにあげなきゃならないの?大体私はそれを承知しないんだからね。家借りるって言っても私は保証人にだってならないんだから」

中国人が一人で保証人もなしで部屋が借りれるとは思えない。私だってァパート借りるとき保証人が必要で姉に頼んだもん。
マッサージの店をやっているママさんも、旦那さんの名前で借りたり、親しくなった日本人名義で部屋を借りて寮としてる。社長に借りてもらうならそれは可能かもしれないけど。韓ちゃん一人では難しいと思う。

今まで寮にしか入ったことがないから、家を借りたら賃貸料だけでなく諸々の諸費用がかかるってことわかってるの?

光熱費・・・ガス代・電気代・水道代・・・今までは仕事仲間と折半だったけどこれからは自分一人で払わなきゃならないんだよ。
しかもマッサージの仕事は土・日だけって、どれだけ稼げるわけ?

やれるもんならやってみろっていう気持ちもある。


いつ私が訪ねてもいいなんて言ってるけど、私だって仕事があって、車で1時間半もかかるのにそうしょっちゅうは行けやん。私が仕事中なのをいいことに女を連れ込んでいても私にはわからない。私が行くとしたら夜か仕事が休みのときだけしかないんだから、昼は韓ちゃんのやりたい放題じゃない。今までは寮だったから他の人の手前そういうこともなかなか出来やんかっただろうけどね。

もう、韓ちゃんが何を考えてるのか私にはわからない。
うちは古いけど、部屋数はそこそこあるんだから、もし私がうるさいからって言うなら、お風呂と洗濯のときにしか降りていかない地下だってあるん。そこで一人暮らしする気分で住めばいいのに。食事も何もかも別々でって言うなら私も楽だし。光熱費は折半と言うなら尚良いし。

わざわざうちから遠いところで部屋を借りるってのがひっかかるん。
仕事だってやめて中国に行ったんだから、帰ってきてからそこの社長のところで働かなくても、うちから近い所でアルバイト探せばいいじゃない。マッサージがいやならほかの仕事探せばいいじゃない。わざわざそんなところで働いて。
私と一緒に住みたくないんなら、はっきりさせたらいいじゃないのこの結婚。終わりにするなら帰って来なくてもいいよ・・・・・。


・・・・・と、まあこんな感じで頭が痛いんですわ。

結局のところ、韓ちゃんにとっては単なる日本にいられる結婚ちゅうことです。それを再確認したって言うか。心はどんより雨模様。なんか、いろんなことにやる気がでない。

中国での為替状況にもよるんでしょうが、当分、帰ってきてもらいたくない気分。今、全然会ってなくても寂しくないし。だってゲームで時間十分につぶせるし^^




話は変わるけど、しかも相当古い話なんだけど、正月早々喧嘩した。
それまで何度も前を通っているのに私にはそこが社長の家だと教えなかった韓ちゃん。偶然、私が「こんなとこにもマッサージの店があるんだね」って看板を目にして言ったら「ここ、社長の家だわ」って。
すごく大きな家でびっくり。
「何人で仕事してるの?」
「5人」
「5人で?社長と・・・奥さんも?あとは誰が?」
「俺とあと他の現場からもう一人来る」
「社長と奥さんと韓ちゃんとあともう一人…って4人じゃん」
「うるっせーなー5人と言ったら5人でいいじゃない?何がそんなに気になるの」と突然大きな声で罵声を浴びせ始めた。ここに書きたくないくらいのひどい言い方。

この日、私は仕事も休みで家で寝ていた。元旦だったから母と一緒に福袋買いに出かけたくらいで韓ちゃんを待ってた。それを知っていながら、ちっとも連絡がない。で、夜になって仕事が終わる23時に迎えに来てと韓ちゃんが言って、しぶしぶ出かけたん。電車で来ると言っていたのに。
それに韓ちゃんは元旦も仕事だなんて言ってなかった。私は聞いてなかった。それなのに韓ちゃんはちゃんと話したって言い張るし。こんなに遅くなるってわかっていたら母と出かけてあわてて帰ってきたりしないのに。

そういった不満もあったところに、韓ちゃんの罵声。私も切れた。メッチャ自分でもわからんうちに反撃に出た。
運転しながら不満を声にした。
後はずーと無言。
途中、これじゃいかんと思って話しかけるも無視。それで私も口が貝になった。
1時間くらい無言のままただハンドルを握るだけ。
そしたら、韓ちゃんが急に何事もないかのように話しかけてきた。無視してやろうかとも思ったけど、大人げないのでそれに答えた。それで喧嘩は終わりの形となった。

途中、ジェットコースター並みに下って上がる坂があって、わざとスピードをあげて通り抜けたら、そういうのに弱い韓ちゃんが叫んだ。「何するの!!!」
韓ちゃんは自称心臓が悪い。ホントかどうかは知らない。でも、前もこの坂を通る時、ゆっくりねって言っていたので、わざとスピードを上げて走った意地の悪い私。さっきのお返しだよ~ってのもあった。
「あら~ごめんなさいね~」


12月は私が韓国に行っていた週をのぞいて毎週帰ってきてた。12月21日には泊っていったし、30日も泊って行った。1月1日に帰ってきて4日に中国に帰って行った。1月の生活費(ではないけど)韓ちゃんの気持ちのお金も置いて行かなかった。さんざん、飲み食いして、夜中じゅう朝までPCを乗っ取られて、ストーブ炊いて電気カーペットつけて予定にない食事の世話までして。

なんかそういう煩わしいことが今までは愛情に支えられて苦ではなかったのに・・・。
今は愛情が薄れてきたんだろうなって思う。だって腹が立つんだもん。
そこへ持ってきて(また話が戻るけど)部屋を借りる話で。

このまま帰って来なければこれ以上苦しまずに済むかな~って。
でも、顔を見たらまた愛情があふれてくるのかもしれなくて・・・。




何に悩んでいるのか、どんな問題なのかって気になっていた方、大したことないじゃないって思うかもしれませんが、まあ事実今までと比べてもそう大変そうじゃないって思うかもしれませんが^^。私の気持ちの変化とでもいいましょうか、今まで以上に、どうしたもんかな~結婚生活にピリオド打つのにいい機会かな?とかいろいろ思うわけで、でも相変わらず答えが出せないままなんですけどね。

とりあえず、まだ気持ちは固まっていませんが記事にしてみました。
でも、たぶん死ぬまで韓ちゃんに振り回されるんだと思います^^
スポンサーサイト
| 日常生活 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。